flower border

お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

第37話「それぞれの想い」②(愛しているなら)

【海外開発室】ソ・ユンジュが ドンフィのために 昼食を作ってきてくれたが ドンフィは食欲がないと言って 断る。しかし ソ・ユンジュに押し切られて 食べることになる。そこに ジョンフィが来て 昼食の誘いを断った理由は ドンフィとの昼食だったのか…と 残念そうに言う。ソ・ユンジュは 奥さんに作ってもらったらいいのに…と ドンフィの事情を知らないので 軽く言う。それに対し ドンフィは 食欲がないから… と...

第37話「それぞれの想い」①(愛しているなら)

【ヨンヒ宅】ソンヒは 泣いていた。信じていた母が 思いもよらない過去があったことで 相当ショックのようだ。【ヨンヒ母の仕事先】夜遅くに ヒョクチュンが尋ねてきた。「ごめん…」と 謝るヒョクチュン。昼間 ヒョクチュンが ヨンヒ母と一緒にいたことで 娘達に動揺を与えてしまったこと… 自分が この世に生を受けたこと…を 詫びたのか…結婚前の出来事なのに 追い出されたことが 納得出来ないヒョクチュン。和解金の...

第36話「離婚の決意」②(愛しているなら)

【ヨンヒ宅】ソンヒが 母の居場所を父に聞くが 父は教えない。ヨンヒが 帰宅した。ドンフィの家には戻らないと ポツンと元気なく答える。父は ドンフィの事を少し非難めいたことを言うが ヨンヒは 擁護する。【ドンフィ宅】ドンフィは 父に 離婚のことを 厳しく 非難される。ドンフィは 何も言えず ただ うなだれるだけだった。子供は 流産したことを 両親、祖母に言った。ヨンヒが 突然 目上の人の前で 離婚を...

第36話「離婚の決意」①(愛しているなら)

【公園で】ドンフィとヨンヒは並んでベンチに座る。半年ほど前は 幸せに満ちあふれていたのに 今は 目を合わせず 会話も弾まない。ドンフィは 再出発しようと ヨンヒを一生懸命説得したが あの頃とはもう違うと ヨンヒは 聞き入れてくれない。そして ヨンヒは あの夜のことを話し始めた。ドンフィは 話さなくていいと言ったけれど ヨンヒは 今話さないと 手遅れになると 一気に話した。ドンフィは 「春川での忌ま...

第35話「母に語る真実」②(愛しているなら)

【ヨンヒ宅】ヨンヒは つわりで苦しんでいた。ドンフィ母は 祖母に促されて ドンフィ父の誕生日に帰宅するようにと ヨンヒに電話を入れた。ヨンヒ母に 挨拶をしたいからと電話を替わるように言われるが 出掛けていると ウソを言う。【ガンホの病室】ヨンヒ父が 様子をうかがいに来る。ヨンヒ父は 完治するまで治療費は自分が出すと言い 慰謝料を渡す。ガンホは 辞退する。しかし ジヨンが ちゃっかり貰う。そうだよね...

第35話「母に語る真実」①(愛しているなら)

【ヨンヒ父事務所】ヨンヒに起こった事の詳細を知りたいヨンヒ母から 電話が架かる。夫は 家に来なさい…と 一言言って電話を切る。【ヨンヒ母とヒョクチュン】ヒョクチュンにヨンヒ母に会いに行く様にと言ってくれたのは ヨンヒ父だったことを話した。ヒョクチュンに送ってもらい 自宅に帰ってきたヨンヒ母。そこに ヨンヒ父も帰宅し 鉢合わせになる。久しぶりの 夫婦の対面…間に挟まって ヒョクチュンは気まずい雰囲気だ...

第34話「母の告白」②(愛しているなら)

【ドンフィ宅】ドンフィ母と ジョンフィがドンフィの別居について話しをしている。ジョンフィは 何か特別な理由があるに違いないと 母をなだめている。今日も ヨンヒ母が不在であると 電話で確認したジョンフィ。それを聞いたドンフィ母は ヨンヒ母が暫く留守にしていること ジョンフィが感じた 家の雰囲気が暗かったことから 何かが起きていることを察知した様だ。ドンフィ母は ドンフィのこの頃の様子と 今しがた聞い...

第34話「母の告白」①(愛しているなら)

【ヨンヒ宅】夜… ヨンヒの家の庭を歩くドンフィ。ドンフィは ヨンヒからの別れの言葉を聞いて どうしてなのか…どうしたらいいのか…分からず 心を落ち着かせようと煙草に火を点けた。この画像…好きだわぁ~ドキドキしちゃうヨンヒ父が帰宅した。医師に面会し 話しを聞いたところ 今回の件が裁判になっても ヨンヒにとって 有利な証言をもらえると 言うことだった。どうして治療を止めたのかと 義父は聞く。ヨンヒが治療を...

第33話「知らされた真相」②(愛しているなら)

【ドンフィ宅】朝…祖母は 朝食の用意が出来たのに 部屋から出てこない。昨夜の ドンフィに言われたことが 相当こたえているのだろう。部屋にいる祖母は 一心不乱に 数珠を一つずつ送りながら お経を唱えている。ドンフィが話しかけても 言葉少なに 部屋を出て行った。ドンフィは 祖母に叩きつけた経本を見て 昨夜は 興奮していたとは言えども 何ということをしてしまったのだろうと 深く反省したことだろう。抗議す...

第33話「知らされた真相」①(愛しているなら)

【ヨンヒの部屋】ドンフィは ヨンヒを 抱きしめた。ヨンヒは精気を失っている様に見えた。ヨンヒは「来ないでと言ったのにどうして?帰れないわ」と力なく言う。「好きにすればいい。 君がどこにいようと それは問題じゃない。 でも 心まで 離れてはいけない。 力を合わせて 乗り越えよう。 僕たちは 夫婦だ。 苦しいことも すべて話し合おう。」「もういいの 一緒にいる必要はないわ。 ようやく気付いたの 私は貴...