topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bonus round 銭の戦争 第2話  ② - 2010.07.08 Thu

ハ・ウソンは チン会長の息子捜しを依頼した男を迎えた。
 本編の二人組サラ金取り立て業者のうちの 髪の毛のある方の男がその男なんだ。
 なんだか 同じ人物だと 本編と 混同してしまいそう!
必ず探し当てて欲しい…いなければ 作り上げてでも連れてきて欲しいと言う。
 それは無いでしょう。そんなコトしたって ウソはばれるのに…
その男は 早々に探すことを放棄して 該当少年を作り上げることを提案した。
目星を付けた少年宅を訪問し 詳細を話したが 当然のこと 母親は拒否した。
しかし、簡単に諦めるウソンではなく その少年にお金のことをちらつかせて 帰って行く。

一方 ナラは チョルスに その少年捜しを一任した。
しかし 見つからない。
ナラは その少年を捜すために 一考し 
会いに来させるようにすればいいと言い その準備をするのだった。
cap001_20100708212313.jpg

チン会長に その為の資金として20億W(143,352,734円)を借りる。
ある少年が ナラ出演の少年捜しの動画を見る。
内容は…
 お金を探して下さった方を探している。
 エレベーターに乗った時 故障して 閉じこめられた。
 閉所恐怖症の自分は その時 気絶し病院で目覚めた。
 20億の入った鞄を無くしたことをその時気付いた。
 その20億が 戻ってきた。
 その人は 鞄を保管し そこにあった名刺を見て 連絡してくれた。
 お礼をしたいから 会いたいと言ったけれど
 自分は視覚障害者なので 他人に会うのは 遠慮したいと言っていた。
 名前だけでも知りたいと言ったら キム・ピョル 17歳だと言った。
 男の名前にしては珍しい。
 その方を ご存じの方は 私に教えて下さい。
cap002_20100708212311.jpg

お礼は 2億(\14,335,273)を考えていると ナラは 記者を前に答えた。
勿論 作り話だ。
餌を撒き 釣り上げようと言うのだ。
それからというもの 事務所は 電話が鳴りっぱなしだった。
いたずらが ほとんどだった。
チョルスも スヨンも 疲れ果てた。
その中から ナラは 会って話しをした人もいた。

ハ・ウソンは ナラの行動を見て まずいと思ったかな。
そんな時 偽物に仕立てようとした 少年が 訪れた。
自分を売ろうというのだ。
まずしくても 親と暮らしたいと言う少年は 
ウソンを訪ねた理由は 
自分が 贅沢をしたいからではなく 借金などがあり生活に困っているからだと言うのだった。
 親孝行な息子だね。
 それを利用して 私腹を肥やそうとしているウソンは最低!

Bonus round 銭の戦争 第2話 ① - 2010.07.08 Thu

cap001_20100708191636.jpg
借りを返しに来たと ハ・ウソンは言う。
二人の間には 因縁が ある様だ。
奪われた人生を返して貰おうと…と ハ・ウソンは言う。
ナラは 人生を 盗んだ覚えはないと 淡々と 言う。
ハ・ウソンは かなり 恨んでいる様子。
金も 女も奪われた…この業界には 居られない様にしてやる…と 攻撃的。

イ・スヨン(ナラの彼女)が運転中に 男が 飛び込んできた。
ナラは即座に ウソンに 運転は 自分がしていたと 裏工作をする。
飛び込んできた男は 植物状態になってしまった。
示談金として 5億を 請求される。
ナラは 刑務所に入る覚悟を決めた様だ。
cap002_20100708191635.jpg

そんな時 ナラと ウソンが チン会長に呼ばれた。
唐突に 「二人のうち 一人は 去って貰う」と チン会長に言われる。
課題は 1週間以内に 人捜しをして欲しいと言うことだ。
目が見えない17歳の チン会長の息子… 
その子を探し当てたら 資金を出すという。
ナラは 探し出して 資金を貰い そして 示談金を払おうと 思っていた。

Bonus round 銭の戦争 第1話 ④ - 2010.07.07 Wed

ナラの借金回収が始まった。
美人局の女は ナラと共に サラ金(ドンポ社)にやってきた。
設定→ナラが借りたお金を 女が代わりに返す。
   代わりに 借用証書は 女が貰う。
ナラは 芝居を続ける。
こんなコトしなくてもいいのに…と 申し訳なさそうにしている。
女から 友達だから 気を使わないでイイ…と 言葉を引き出す。
そして まんまと 引っかかったと言わんばかりの顔をする (o`∀´o)
cap013_20100707010828.jpg

とうとう お金を女から受け取るナラの 彼女。
やったぁ~1千万Wの小切手が…何枚あるんだろう。
ここで キム・ミングと 女の ご対面~(o^v^o)
女は いっときも早く この場から去りたくて ナラの腕を引っ張っぱる。
ナラは 正体を 明かす。
キム・ミングク氏が ドンポ社から借りた金額は 1千万Wと利子
イヤリング代 マンションの借り賃 外車のレンタル費 
食事代 燃料費 進行代 などなどを 差し引いた残金が 7800万Wだってぇ~
いったい 女は いくら 肩代わりしたのかな?
億ですよね~ 可哀相に… 悪いコトしたら 天罰がくだるのよぉ~アハハ…
その残金を キム・ミングク氏の奥さんの 治療費に充てる様に
ポンと あげてしまうナラだった。
スゴイねぇ~

空港に 外国から 韓国に 帰ってきた男がいた。
その男の名前は ハ・ウソン。
銀行員だったけれど より大きな金を稼ぐために サラ金業界へと転身した。
1年前に起きた事により 海外に逃避行していた様だ。

ハ・ウソンと ナラの銭主(=チン会長)は 知り合いの様で 帰国の挨拶に来た。
ハ・ウソンとナラは 何かのことで 争った経緯があるらしい。

会長は ハ・ウソンに事務所を提供し サラ金業を始めさせようとしていた。
その事務所には キム・ハウォンという 女性がいた。
この会社の債務者の総額は32億
毎月の利子は法的最高限度66%
 前にも思ったけれど 何と高い利子なのだろう…怖い!
延滞者の中には200%を超える利子を出している人もいると説明する。
 利子で200%って…元金までたどり着かないよね。

ドンポ社に 中学生がお金を借りに来た。
 実際は そんなことは ないよね。
 高い利子を 払えないし そもそも 収入がないのだから返せないでしょ。
親が居ないと知った ナラの彼女は 自分の財布から1万Wを出してやろうとしたが
その中学生は お金を受け取らず 帰って行った。
別の日 その中学生が ドンポ社の前にいた。
また お金を貸して欲しいという。
貸せないと言ったら 肩を落として帰って行ったが その後を つけるナラの彼女。
中学生は 横柄な言葉遣いの中学生に たかられていたのだ。
彼女は 警察に電話する振りをして ナラに電話した。
「直ぐに 来て!」と…
それを聞いたたかりの中学生は すごすごと帰って行った。

ナラの彼女は ドンポ社へ戻って 地下の金庫室へ行ってみた。
そこには 何もないけれど 
ナラが ここで 妙な幻想…自分に似た男が札束を前にして踊る男を見たと…
言っていたことを 思い出していた。
 いったい どういう事?

ドンポ社から出てくる彼女を 目で追うハ・ウソン。
以前 自分が愛した女で 今は ナラの彼女。
ハ・ウソンは ドンポ社を訪れ ナラに挨拶をした。
二人の間に 殺伐とした空気が流れた。
ウソンは ナラに奪われた 人生を返して貰いたいと言う。
ナラは 憮然とウソンを見ていた。
cap014_20100707010827.jpg
 二人の間には 何が あったの?

Bonus round 銭の戦争 第1話 ③ - 2010.07.04 Sun

銭主にあったナラは 「頼み事をされた。」と ご機嫌で帰ってきた。
頼み事って 何だろう?

a.jpg

キム・ミングの借金を回収するために ナラは 動き始めた。
 
白いジャケット 黒のパンツ 黒のシャツ 
白のドットの赤いネクタイ 白い靴 サングラスの 出で立ちで
キャバレーに 颯爽と現れた。
cap003_20100704201743.jpg
皆が 振り返るほど 素敵だ!

席に着き 10万の小切手を指で挟んで 差し出す(チップかな?)。
cap004_20100704201743.jpg
 Shinyang ssiって 指に挟むの好きだよね~
 それが すご~く かっこいいんだぁ~
 手の表情が とても綺麗なんだよね。
 Shinyang ssiの 手… 大好きです。
cap005_20100704201742.jpg

美人局の女が 早速 食らいついてきた。
 暗いところで サングラス… 見えずらくない?

きゃぁ~ 手を取って キスをした~
cap006_20100704201741.jpg
 わたしも… 私も~
 
キム・ミングの教えてもらった通りに ナラは 踊ってた。
銭の戦争ボーナス1-3
 Shinyang ssiは ダンス上手だし
 ここでも Shinyang ssiの 手の動きに 惚れ惚れ~ 

キャバレーの隅で 美人局の男が かもが引っかかったと にやにや二人を見ていた。

ナラも予定通りに事を進めていた。
女を マンションに誘い出し ニューヨークから韓国に来た経緯を話す。
株を買うために韓国に来た…と。
友達になって欲しいと 思わせぶりなことを言うナラ。
そして いかにもキスをしそうな雰囲気を作った…
cap013_20100704201850.jpg
キスしちゃうのかと思ったら ニューヨークからFAXが 来たと席を立つ。
 これも 計画のうちなんだろうね。
女も 男からの電話で席を立って帰ろうとする…
cap014_20100704201847.jpg
その時 ナラは 女が後ろ髪を引かれる様な言葉をかけ 
連絡を必ずくれるはずだという確信を持って 名刺を渡す。
女が帰った後 ナラは ガッツポーズを するのだった。
 この名刺を挟んだ手も カッコイイ~っ!
美人局と 男は そんなこととは知らず 罠に嵌った様だ。
その様子を チョルスも見ていて 直ぐに ナラに報告するのだった。

ナラの作戦第2弾
女に 高価そうな イヤリングを 
女心を くすぐる様な 甘い言葉と共に渡す。
女は すっかり ナラに 首ったけの様子を演じる。
 演じたのか? それとも 本当にそうだったのか?
これからの ナラの作戦は 女からの電話を取らず じらすのだ。
連絡が取れない女が マンションを訪ねてきた。
チョルスは 連絡が取れない理由を 女に話す。
アメリカからの送金が遅れて 仕方なく サラ金から借りしまって
借金取りから追われていて 身を隠している…と 話す。
女は 借金を肩代わりをしてやって 利子を取るというのだ。
女は 騙しているはずだったのに すっかり 騙された様だ。
大丈夫なのか…と 男は心配そうだが 女は
 「サラ金の事務所に一緒に行って 借用証書を貰っておけば いいじゃないか。」と自信がある様子。

Bonus round 銭の戦争 第1話 ② - 2010.07.01 Thu

男に泣き付かれたナラは 少々思案顔…


cap002_20100701211059.jpg
それで… 
その男に ダンスを習うことにした。
なぜ? まあ… 何か考えがあってのことだと 思うけれど…
cap003_20100701211059.jpg
ゴルフバックを 女性に見立てて ステップを踏み 
cap004_20100701211058.jpg
額に汗し 練習に余念がないナラ。
cap005_20100701211058.jpg
 Shinyang ssiは ダンスが 上手なはず…
 下手なそぶりを するのは 大変だったかしら?
 随分前に 少しだけ 習ったことがあるの。
 また 少し 習ってみたくなっちゃった…(^ε^)
cap006_20100701211057.jpg

いよいよ キャバレーに 出陣!
その前に チョルスに何やら お願いをしているナラ。
チョルスも快諾して… さあ~ 何が 始まるのやら…。

そこに 以前 材木置き場で男を助けた時にいた やくざに取り囲まれた。
夜の空き地に連れ出され 穴に立たされて 土をかけられていた。
その時 やくざの頭に電話が架かり その電話の主の命令で
ナラの生き埋めは 中止された。
頭に連れてこられたのが ナラの銭主のチン会長の邸宅だった。
銭主とは お金の主人の事だ。
サラ金業者は 銭主から借りた金で 金を貸し 利子をもらう。
 その一部を銭主に渡し 残りで サラ金業者は生活をする。
チン会長は 一日で稼ぐ金が 数千万ウォンだという噂だ。
cap007_20100701211056.jpg

チン会長は 女性だった。
ナラの身辺のことは 知っている様で ダンスを練習していることまで知っていた。
そして 今している仕事が終わったら 依頼したいことがあると チン会長は言う。

Bonus round 銭の戦争 第1話 ① - 2010.06.30 Wed

『銭の戦争』は 終わりました。
 含みがある終わり方でしたね。
それに 引き続き Bonus round が4話 あります。
16話との 関係はないようです。
どんな 内容でしょうか?
実は 私 今回見るのが 初めてなのです…エヘヘ

ナラの 髪の毛… 茶色だぁ~
ちょっと 前作と 感じか 違うね。

第1話です。
材木置き場で 一人の男を囲み 暴行し始める輩。
その上 埋めろ! とまで言われた。
そこへ ナラが フォークリフトで 現れ 男を救出していった。

ナラは やっぱり サラ金業者。
この男は 借金している男のようだ。
ナラは 借金を返済して貰って スクーター帰って行く。
 
ナラは やっぱり ドンポ社で 
3年前から 付き合っている イ・スヨンという女性と サラ金業を営んでいる。
 ナラと この女性とは なんとなく 似合わない気がする。
 なんでかな… 軽い感じが そう思わせるのだろうか…。
 
cap002_20100630004853.jpg

返済が滞っている債務者を 訪ねるナラ。
そこには 当の男はいなく その妻が 咳をしながら 応対した。
チョルスが言うには 「キャバレーの帝王」だと言う。
名前は キム・ミングク氏。
 
ナラは キャバレーに行ってみた。
 キャバレー…日本で言うダンスホールみたい。
 おじさん おばさんが ダンスしているところだ…

ナラは キム・ミングク氏から 利子分を返して貰おうとしたところ 逃げたので 追った。
直ぐに 捕まった。
踊りに来たおばさんから 随分 金を集めたのに なぜ 借金をするはめになったのか ナラは聞く。
男曰く…「美人局(つつもたせ)にやられた」と。
これまで つばめとして 
おばさんから お金を貢いでもらい こつこつ貯めて 会社を興すまでになった。
そして 家庭までも築き 順風満帆な生活をおくっていたのだが 
美人局にお金を 巻き上げられた…と言うのだ。
妻は つばめのことは知らなかった。
だから その時のお金は サラ金から借りたものだというのだった。
借金は どうやって 返すつもりなのかと ナラが聞くと
男は また つばめとして お金を貢いで貰って返すと言う。
ナラは その男に 「工事現場に出て 日当を稼ぐことを考えろ!」と 語気を荒げて言うのだった。

銭の戦争第16話 ④ 最終回 - 2010.06.22 Tue

ナラは トッコ老人に話しかけていた。
「自分は経営など出来る器ではない…」と。
「器は生まれつきのものではなく 作られる物だ。好きな様にやってみろ」と老人は言う。
「これは 先生の作戦だったのですか?」
「千山里を守るためだし お前が作ろうとしている千山里のためだ」と。
ナラは この言葉を聞いて 老人の心の広さ 温かさを 知ったでしょうか。

ナラは 老人の愛に報いるために 精力的にブルーエンジェルの仕事をこなしていた。
サラ金業をしていた時のナラと違い シャツとジャケットを着こなし演台に立つ。
cap002_20100622075016.jpg
 演台に立つナラを見ると Shinyang ssiが学生に講演している姿はこうなのかしら…
 と 想像してしまう。素敵だ!

ブルーエンジェルのクム・ナラとして 
募金 野宿者への無料食事配給などをするTV放送を 虚ろに見ていたジュヒ。
ナラがサラ金業者だからと言う理由で 付き合いを認めなかった父は
申し訳なさそうにしている。

ナラは スケジュールが立て込み 忙しい毎日を過ごしていた。
そのせいだけではなく 何となく 浮かぬ顔をしている。
偶然 ジュヒが務めている銀行で 講演があった。
帰りがけのナラを ジュヒは見た。
cap003_20100622075015.jpg
二人の間に このままではいけないとの思いが 知らぬうちに芽生えた瞬間だった。  
互いに 声を掛けることもなく そのまま ナラは 銀行を後にした。
ナラは 車の中で ずーっと 遠くを見たままだ。ジュヒのことを 考えていたのだろう。
cap004_20100622075015.jpg
ジュヒも ビールを飲みながら 時が早く過ぎ去って欲しいと ため息をつく。

気持ちの晴れない顔をしているナラを気遣うトッコ老人。
cap005_20100622075014.jpg
トッコ老人が愛した女性が死んでいたことを老人は知っていた。
ウソをついてくれてありがたかったと 老人は言う。
「愛せる時に 愛せ!後悔せずに…」
cap006_20100622075014.jpg
その言葉で ナラは ようやく吹っ切れた様だ。
cap007_20100622075013.jpg
ジュヒと会い 担保帳を渡し
「まだ 判子を押していない場所がたくさん残っています。
会いたかったです。考えない様に努力したけれど そうすればするほど虚しくて…」
と ナラの思いを伝え ジュヒの手を取り ペンでクム・ナラの名前を入れた指輪を書いた。
そして「俺と 結婚する?俺と 結婚してくれ!」とプロポーズした。
指輪を 一日に一個ずつあげるとも言った。

銭の戦争 教会

結婚式
 とても綺麗な教会
 cap013_20100622075053.jpg
 男の人同士の ハグって いいですよね。
 日本でも もっと すればいいのに…ねっ!
 チャヨンとナラは かつての恋人は イイ関係になった。
 チャヨンは 結婚祝いと言って 借金の時に書いた念書を渡した。
 ナラは 「すまない」と言った。
 今日までの間 チャヨンの気持ちを考えると そう言わざるを得なかったのだろう。

 マ・ドンポが 会いたいと言う。
 cap015_20100622075120.jpg
 なんの疑念も無く ナラは会いに行った。
 マ・ドンポは 皆に顔を合わせることをためらうほど
 悪いことをしたのでしょうか。
 少々 あくどい取立をしたかも知れませんが 合法だったのでしょう…
 「犬の様に生きてきた」とドンポは言うのですが その例えが よくわかりません。
 cap016_20100622075120.jpg
 そう言った後 杖で ナラを殴打し ナラは その場に倒れてしまいます。
 倒れているナラを 執拗に殴打し 頭から血が流れ 立ち上がれなくなってしまいます。
 cap017_20100622075120.jpg
 両親の死 ジュヒとの思い出 ブルーエンジェル ジュヒの花嫁姿…
 断片的に 思い出しています。
 さて… ナラは どうなったのでしょうか。
 殴られただけでは 死なないと思うのですが…
 早く ナラを 見つけて 病院へ連れて行って~
 
<ロケ地探訪>
クォンソン洞聖堂권선동성당
行き方 地下鉄1号線スウォン(水原)から「くぉんそんどん・そんだん」へタクシーで10分。
경기도 수원시 권선구 권선동 3-2
image_01_01.gif 
STA_01981.jpg
STA_01971.jpg

銭の戦争第16話 ③ - 2010.06.19 Sat

ハ・ウソンは ナラのことを思い出してほくそ笑んでいた。
ナラが 大口を叩いても ブルーエンジェルは 自分の物だと 確信していた様だ。

ナラは トッコ老人から 
ブルーエンジェルはのポン女史が 引き継ぐようになったようだと 聞いて驚いた。
ハ・ウソンが ポン女史に頭を下げた経緯を聞いた。
トッコ老人は 「銭の戦争」が起き 誰かが金のために死ぬことになると 話した。
 それは どういう事なのか?
「300億Wを ナラが拒絶しなかったら…」と 老人は言う。
 ということは 老人は ナラが断ったので ポン女史にあのお金を 渡して
 ハ・ウソンの野望を 断ち切ろうと 取り引きをしたと言うことなのだろう。
ナラは 居ても立っても居られず 自分がそれを防ぐと言って 立ち上がった。
トッコ老人は にやりとした。老人の策略に ナラは うまく嵌った様だ。

現況のブルーエンジェルの様子を見て 投資家たちは ハ・ウソンを解任しようとしていた。
ハ・ウソンは ポン女史を味方につけたので 動じてはいなかった。
糾弾されていても 落ち着いているウソン。
保険として 51%の株を 他へ譲ってあると 余裕をみせた。
最大株主として ポン女史が紹介され 意気揚々と 現れた。
ハ・ウソンは 得意満面だ。
ポン女史は 役員を解任して 新しい出発をすると言い放った。
そこへ ナラが 「頼むから お金のせいで 人が殺す様なことは止めて下さい!」と 入ってきた。
「借金のせいで 両親は命を落とした。だから金を稼いで世の中に復讐しようとした。
復讐しようとすればするほど 金を稼ごうとすればするほど 
自分たちの様な人が生まれ 結局そう言う人によって自分たちを殺すことになる。
自分も 一時は株を手に入れ この会社を守ろうとしたけれど お金が無くて出来ない。悔しい思いだ。
お金のせいで 人が死ぬ様なことは 止めて下さい!
ブルーエンジェルを 以前の様にして下さい。お願いします。」と 声をからして訴えたのだった。
cap002_20100619121611.jpg
 本当に 声が嗄れていました。
 この時 Shinyang ssi…  
 熱演のせいもあるでしょうけれど
 風邪をひかれていたのでしょうか?
 
そこへ ポン女史の鶴の一声が 響き渡った。
「ブルーエンジェルの最大株主として クム・ナラ氏を新しい代表に任命します。」
当のナラは勿論 誰もが 驚いていた。
ナラが断ったら ウソンが代表になるが それでいいか?と問われ 引き受けるナラだった。
ナラの初仕事…ハ・ウソンの解雇を言い渡した。

ナラは ポン女史に 事の経緯を聞いた。
ポン女史は トッコ老人と取り引きをしたという。
 あぁ…やっぱり トッコ老人は あの300億Wで 取り引きをしたのだ。
 ナラを 代表にしてくれと…
 ナラが お金の鬼神から 解き放たれ 心に余裕を見せた時 
トッコ老人は そうしようと思ったのだろう。
 (そういえば… ナラの借金は どうなったのかな?)

ハ・ウソンは トッコ老人を訪ねていた。
ウソンは 老人が仕組んだことと思い 自分にもチャンスが欲しいと訴える。
トッコ老人は 「何をしてくれる?」と聞くと
「自分と両親に与えた恨みを忘れて差し上げる」と なんとも 凄いことを言う。
「そのような深い傷は お金では治癒出来ない。
その恨みを一生心に抱いて 生きていかねばならぬものだ。
お前が どう生きるべきか どう恨みを晴らすべきかは 自身が決めることだ。
金でかえられるものではない。」と言うのだった。
そして ナラには 
「トッコ老人 ポン女史 そしてあなたに 悲惨な目に遭わせてやる」と 目をむき言い放った。

ハ・ウソンは ずたずたになっていた。

銭の戦争第16話 ② - 2010.06.19 Sat

ナラは 部屋で 父の残した血で書かれた遺書を見ていた。
 自分が 世の中に復讐しようとしていたことを 思い返していたのかも知れない。
 その意味 価値… などを…
そこへ トッコ老人が声を掛けた。
300億Wの事について 心変わりがないかと 聞いてきた。
 本当は 老人は それを基にして 何かを 起こして欲しかったんだろうな!
それと スンデのお祖母さんの息子が植物状態であり 回復の見込みがないのにもかかわらず
心臓が止まらないのは どうしてなのかと 言うのだった。

ナラは その息子の病室に行ってみた。
その息子の手首に 赤いリボンが結んであった。
スンデのお祖母さんと同じだ。
意識がないけれど 会話をする ナラと息子。
「もしかして 俺を待っていたのか?」
「はいそうです。返すべきお金が残っているので 死ねずにいます。」
そして 彼の目尻から 一筋 涙が流れる。
ナラも その涙を見て 彼の思いを理解し 涙を堪える。
cap002_20100619085731.jpg

「すまない。お前に金を貸すべきじゃなかった。」
「出来損ないの末っ子の俺に 母さんの息子だからお金を貸してくれたのに 俺はお金を返せませんでした。すみませんと言うまでは死ねません。」
「もう返して貰ったよ。お前は 尊敬すべきお前の母親の息子だ。キレイに忘れて心安らかに逝け」
そういって リボンをほどき 手を握ってやったナラ。
その直後 息子は息を引き取った。
 安心したんだね。息子に注いだ 母の愛は きちんと 息子に届いていたんだね。
 無償の愛…母親の愛は そうなんだよね。
息子もナラの 真意を理解したし ナラも息子を 心から許したのだろう。

ドンポは不良処理班として 働くことになった。
それを おちょくる かつての子分。
立場が 逆転してしまって ドンポは 忌々しく思う。

ハ・ウソンは ブルーエンジェルに対する 数々の噂に「気にすることはない」と 強気である。
役員は そんな ハ・ウソンを 責め立てる。
ポン女史と トッコ老人は お茶を飲みながら ブルーエンジェルの事を話題にしていた。
「ブルーエンジェルの事は老人の言ったことが正しかった…
でも どうして ハ・ウソンが自分を裏切ることを教えてくれなかったのか」と 恨む様な言い方もした。
老人は言ったつもりだったけれど ポン女史が 聞く耳を持っていなかった様だ。

チョルスは ナラに ブルーエンジェルは 諦めたのかと聞くが ナラは 答えずにいた。

ジュヒは うつろな表情で 気持ちが晴れずにいた。
今の職場や仕事が気に入らないと言う。
今思うと 後悔の念がいっぱいで あのまま堪えれば良かった…と。

ナラは 灯りも点けずに ジュヒの担保帳を眺めて ジュヒに思いを馳せていた。
cap001_20100619085732.jpg
彼女の父の思いをくんで 心にもないことを ジュヒに冷たく告げてしまったことを 後悔していたよね。
 ナラの 心は 以前とは 違っていた
 頑なになっていた頃とは違って とても 柔らかく 包んであげられそうなくらい
 温かいものに変わっていたんだろうと思う。

ハ・ウソンは 投資家たちが 手を引きつつある状況に 苛立ちを露わにしていた。
策を講じようと 行った先は なんとポン女史の所。
裏切ったのに お金を貸して欲しいと 取り引きを持ちかけてきた。
よくもそんなことができるものだと ポン女史もあきれ顔。
過ぎたことは 忘れて下さいと ハ・ウソンは 厚かましく言う。
ポン女史は 取り引きをする事にした。
ポン女史は 何かを考えている顔つきだった。
そう易々と 思うとおりにはさせるポン女史ではないはず…

銭の戦争第16話 ① - 2010.06.18 Fri

cap001_20100618072809.jpg

トッコ老人が ナラに 差し出した 300億W
これだけの金額なら ハ・ウソンと戦えるし 
ナラが世の中に復讐したいと言っていた事も叶えられると 老人は言う。
そのかわり 千山里を守れなかったら 命を差し出すことも考えなくてはならないという。
老人は ナラを 試しているのだろうか…
結局 ナラは それを受け取らなかった。
このお金には 長い年月に多くの人々の 色々な思いがこもっているので
そう簡単に その人生を賭けることは出来ないとナラは言うのだった。
そして 自分の千山里を 作ると 宣言した。
ナラの思いを聞いた 老人は ナラの成長を 微笑ましく思った様だ。

ナラから 思わぬ言葉を告げられて ジュヒは 打ちひしがれていた。
ジュヒは 再就職が決まった。
区切りをつけようと 友達からお金を借りて ナラに返済するのだった。
ジュヒは ナラの言葉で 傷ついていた。
少々 頑なになっているようでもある。
ナラに 「今まで 楽しかった?」と聞いたところ 
「はい おかげ様で」と答えたとたん ジュヒは ビンタを張った。
ナラも 辛いですね。
本心ではないことを 言わなくてはならない上に 愛するジュヒに殴られるなんて…
ナラは ひとりつぶやく…「よく できました」と。
cap002_20100618072808.jpg

ハ・ウソンは ブルーエンジェルのことで 苦戦していた。
役員からの申し出も聞き入れず 自分の考えを ごり押しするのだった。
ついに 自殺者まで出す事態になってしまった。
ウソンは苛ついていた。

この事態を トッコ老人も憂いていた。

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。