topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルジメ 第18話 - 2009.09.29 Tue

18.jpg
イルジメは、ウンチェを人質にして、剣をつきつけ、ビョンシクに誰の指示かと聞く。
ビョンシクは、全てギョンソプの指示だと答えた。
王の寵愛をうけてるウォンホに嫉妬した。そして、他の幹部もギョンソプがやった。全て死人に罪をなすりつけたわけだ。
セドリが殺されたは、ヨンスとギョンソプの話を聞いたからだ。
ギョンソプを殺したのは自分ではないと言う。
ビョンシクの胸にはあの紋章はなかった。
ビョンシクは、その6人の他には知らないといい、ここで初めて、イルジメがウォンホの子だと気づく。ウンチェも同じく驚く。

なぜ血書を埋めたのかとビョンシクに剣をむける。埋めねば家族を皆殺しにすると言われたと言う。
ウンチェが父を助けてと懇願する。余計な事をいうと、娘の命はないと言い、その場を去るイルジメ。

ヨンイは、天友会の名簿を焼き、イルジメの衣装を箱にしまい、山に埋める。
そして梅の木の元に訪れる。そこでボンスンに会い、ボンスンが自分の為に、梅の木を守ってくれたことを知る。なぜヨンイのために梅の木を買ったのかと問いかけると、ボンスンは、あの幼い頃崖で生き別れた少女だということを告白する。

ボンスンは父が、長年復讐する事を誓っていた仇だったことをヨンイに言わず、ただケンカしたと言い、あの鍛冶屋小屋にしばらく住ませてやる。

ビョンシクの功績を国王が認め、二人の息子を王の護衛兵に任命した。

清国皇帝の使者が来て、世子の死に対する疑惑を口にする。
清に兵を送り、支援するのが善作だと考え、民に向けて志願兵を募る。
その報酬は米10俵と布10巻。しかし、志願者が思うように集まらない。
テシクが、米を売って父に会いに行くと、志願した。
フンギョンから、清に送られるのは半月後だと聞きます。

山菜をとってたボンスンは、イルジメの衣装を隠した箱をみつけ、ヨンイがイルジメだと知る。
再びイルジメになることを決めたヨンイは、「半月後に王宮に参上」と王宮に予告をする。

サチョンは、イルジメと恋仲にあると噂のあるウンチェを調べ、それが事実だと突き止める。
王は、ビョンシクを、済州牧使に左遷する。不服のビョンシクに「娘の管理をしっかりしろ。息子達が王宮に居ることを忘れるな」と言うサチョン。
今になり、フンギョンは、イルジメが、極秘事項(半月後に兵が送られる事)を知ってる事や、前にセドリが、大監の名前を読んでほしいと言った事から、ヨンイがイルジメだと気づく。

ボンスンは本物そっくりの王宮通行証を作る。
テシク達を助けたら、実母を見つけ、今の母を連れて、漢陽をはなれるつもりだ。一緒に来るかと聞くヨンイ。自分は心に秘めた人がいて、一生思い続けてしまうかもしれないが、それでもよかったら一緒に行くか?って聞く。
うんと答えるボンスン。

フンギョンが王宮地図を盗み出してくれる。
それにボンスンが、薬水をこぼしてしまう。偶然に隠れた文字が見つかった。
それは、あの紋章だった。
父を含む、殺された六人の紋章を合わせると、胸に刻んだあの、文字になると気づいたヨンイ。
あの剣は王宮にあるのではないかと思うイルジメ。
6人の他に、もう一人いるはずだと確信するヨンイ。

ウンチェがさらわれたと知ったヨンイは馬小屋に行った。そこには、ウンチェの指と手紙があった。
助けに行こうとするヨンイを、殺されにいくだけだと止めるボンスン。
「俺の為にお前は生きろ」と言うヨンイに、「だったら彼女は貴方のなに?」と聞くボンスン。ヨンイは、心だと言い走り去る。

イルジメが約束の場所にいくと、吊されたウンチェがいた。
イルジメも吊されてしまった。

王宮に入る理由は何だ。本当に盗みたいのはなにだと聞かれ、「真実だ」と答えるイルジメ。
ウンチェは煮えたぎる鍋の上に吊されいる。ウンチェを楯に、盗もうとしてる物を問いただすサチョン。
イルジメは、ウンチェを助けるため、「俺の胸に、その答えがある」と言う。
イルジメの胸を確認しようとする兵士。
隙をついて、攻撃を始めたイルジメ。
シフは、サチョンの首に剣を向け、ウンチェを助けるために、イルジメに加勢をする。

ウンチェを連れてにげるイルジメ。そこにシフが来て斬り合いになる。「お前を助けたんじゃない。狂いそうな程、お前を捕まえたかった」と襲いかかって来る。
乱闘の末、イルジメの剣が、シフを捕らえる。「兄を助けて」と懇願するウンチェ。殺せと言うシフに「人殺しはしたくない。人を殺すための剣は使うなと父がいっていた」といい、ウンチェを連れて去っていく。
「二度と俺に背中をむけるな!その時は後ろからでも切り捨てる!!」と言うシフ。

イルジメは、ウンチェを鍛冶屋小屋に連れていく。
あの指はウンチェの指ではなく、シフの指だった。
追いかけてきたサチョンは、シフに「あの娘が好きなのか?」と聞く。

小屋の中で、ウンチェは、背中からイルジメを抱きしめ「私の初恋だった。最後の恋になる。一度だけ、顔を見せてくれないか」と切望する。
振り向くイルジメ。そして、ウンチェの手が、仮面にかかる。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

Size…大きさ…P31 «  | BLOG TOP |  » イルジメ 第17話

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。