イルジメ 第11話


11_20130702124409.jpg
家に連れ戻されるウンチェをさらい出したイルジメ。
もう少し世話をしたかったのだろうと、その思いを叶えてやったイルジメ。
その姿は生き生きとしていて、それを木の上から見ているイルジメだった。
帰りの夜道を家まで送るイルジメ。そんなイルジメにウンチェは心惹かれていく。
そしてヨンはウンチェが「イルジメは盗んだ物を貧しい者に分け与える義賊」と思っていることを知った。
盗んだ財宝を食糧や金に換えて物乞いたちの元に届けるのだった。

 ヨンが、ウンチェの旅館の工事現場にきて、騒ぎ立てたり、悪態をつく。そんなヨンには冷たいウンチェ。
でも、ヨンが言っていたオンドルの話から、旅館にオンドルを入れるウンチェ。

 ある日、イルジメはわざと自分の腕を傷つけて、ウンチェに手当てをしてもらう。そして、隙を見てウンチェの部屋から天友会の名簿を盗み出す。
梅の木の下でイルジメ…ヨンは誓う。
「父上、もう少しです。父上を殺し姉上を死なせた奴を、この場で必ずひざまずかせます。今の僕と同じ苦痛を与えてやります。」と涙ながらに誓う。

 会員の屋敷を次々と狙うイルジメ。
シワンに、盗んだ方法をわざと教えて、手柄にさせるヨン。
シフも現場に残されていた、塩水から吸盤というキーワードにたどり着いた。賢いシフ。

 ある日、疫病がはやっっている村にウンチェが行こうとしていると聞いたヨン。
その村に行き、薬や衣服や食べ物などを置いてくる。イルジメという義賊の噂が宮中の王の耳にも届く。イルジメを捕まえれば、1万両と身分を昇格させるという張り紙が出される。

 ウンチェに髪飾りを買おうとしたヨンに、自分に買ってくれるものと思ったポンスンはついて行くが、途中の橋の上で、子供の頃の崖の上を思い出して、動けなくなる。手を差し出したヨンに、昔のギョムを思い出すポンスン。

 イルジメはウンチェの部屋に、名簿を戻しに来るが、帰ろうとしたときに気づいたウンチェと、少し話しをしていた。
その時、シフがきて、イルジメを追う。戦いになり、シフに斬られるイルジメ。シフも傷を受ける。戻ってきたシフの刀から血がしたたるのを見たウンチェは、イルジメの元に行こうとするが、止めるシフ。「あの方がケガをなさったのです。」というウンチェに、「お前の目に僕は見えないのか。」というシフ。シフのケガに気がつくウンチェ。
 イルジメは、瀕死の状態で、着替えをして戻ろうとしていたが、道で倒れていたヨンに気がつくポンスン。ヨンを抱きしめ、「お願い、死なないで!」と泣くポンスン。ヨンを背負って帰ってきたポンスン。ポンスンの父コンガルは、ヨンを手当てしようとして、胸の刺青に気がつく。

 2009_08_07

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

くろックCute DC01

Shinyang ssi's Birthdayまで

貴方が重ねる日々…健やかでありますように★彡

☆お祈りします…❤

생일까지 며칠

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


B
A
C
K

T
O

T
O
P