flower border

안녕하셨습니까? お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

イルジメ 第10話

Category<韓ドラ>イルジメ
10_20130702124325.jpg
幼い頃に出会った少年が持っていた帯飾りを拾って以来、持ち主を捜していたポンスン。
同じ場所で、ヨンが帯び飾りを捜している姿を目撃したポンスン。
それがヨンのものと知り驚く。小さい時、自分を助けてくれたのがヨンだと知って再び驚く。

セドルはタンに紅をプレゼントする。以前泥棒だった所為で、盗んできたのかと疑われてしょげる。

 ヨンは、伝説の刺客の話を聞く。
伝説の殺人鬼。
一人は実力を買われて宮遣えになり(王様の側近になり隠密に刺客をしている。)
もう一人は忽然と消えたと聞くが、その消えた刺客がポンスンの父だった(崖からヨンとポンスンが飛び降りようとした時、ポンスンの手を取り助けた男。ポンスンはその男に付いていき、父親として慕ってきた。)。

ウンチェは、ヨンが手ぬぐいを返そうと屋敷を訪ねてきたと聞き喜ぶ。
「あの子が生きて戻ったと思ってびっくりした」と下女に話すウンチェ。
「もう一度会いたいのに、あの人は、また、来るかな?」と懐かしんでいる。

 ヨンは天友会の歓送会に変装して潜入。
蔵に忍び込み、剣を捜すヨン。宴はたけなわのその時、「盗賊だ」と声がかかる。
“黄金のカエル”が盗み出された。その場所に、イルジメの絵が置かれていた。
シフたちが門を閉ざして客人を一人一人調べ始める。変装したヨンの顔を不審に思い触ろうとしたシフだったが、イルジメがいたとの声に駆けつけて行くシフ。その間にヨンは外に逃げる。イルジメだと思い矢を射るシフだが、人形だった。

 一方、刺客のムイたちに追われている男。川に何かを投げる。ムイたちは必死で川を探す。
刺客達は見つけられなかったけれど、ある男が岩の間から、それを見つけていた。

 ヨンは、屋敷にあった紙切れを見て、ふと父が天友会に所属していたことを思い出し、“仇”は会の一員だと確信する。

王「クォン・ドゥヒョンが事実を伝えようとしたのはキム・イッキだったのか。ギョムではなかった」
ピョン・シク「ただちに奴らを謀反人に仕立てます。」
「放っておけ。」
「奴らは王様に背いた物達です。」
「また謀反人に仕立てれば怪しむ者がでてくる。シム・ギウォンの件も官僚らが噂していると」
「しかし…」
「奴らはまだ何も知らぬ。」
「その通りです。清からの返事をひたすら待ち続けているかと」
「まだ時機ではない」
「はい王様。王様のご意向はまさに私の意向でもあります。」
(何のことか…わかりずらい)

 そしてウォノの命日。いまだ法事を行い続けているタンをセドルは切なく見つめていた。

 同じ夜、「天」の刻印がある剣を洗っている王様。
ヨンが捜している剣のようだ。…と言うことは、ヨンの父を殺したのは王様?っていうことでしょうか。
直接ではないけれど、ごく身内と言うことになる。
王も「ウォノが死んだ日」と言っている。「どうなった?」「探し続けています」
(この会話の意味は何?)

 ヒボンはヨンをヒマ組の取立てに連れて行く。
ヨンを組から抜けさせようと、わざと子供を殴るように言うヒボン。
近くの工事現場の職人の世話に来ていたウンチェと、近くにいたポンスンが、それぞれ、ヨンたちの騒ぎに気づいてくる。
ヒボンに命じられて、ヨンが子供を棒で殴るのを見たウンチェは、「なんて情けない人!小さな子供にまで暴力を振るうなんて!」とヨンを非難する。
ヒボンが「文句はお父様に言ってください」といって退散する。
ポンスンがヨンに駆け寄り、ひどく腫れた足を手当てする。ヨンが棒で殴っていたのは、自分の足だった。

 その後、ヨンはシワンに連れられピョン・シクの屋敷に行くが、トイレへ行くといって屋敷内を調べ、ウンチェの服から、隠した黒い玉を取り出すヨン。
そこで天友会の名簿を発見。
父の名が「謀反を図り自決」として抹消されていることを知り、怒りに震える。
ウンチェに見つかったヨンは、ハンカチを返しに来たとごまかす。
 
その後、ウンチェが下女と、イルジメについて『義賊』だと話しているのを聞くヨン。
シワンから、ウンチェが機密帳簿の管理を任されていると聞くヨン。
官吏の財産、私兵の数、賄賂まで…と。

 ある晩、ピョンシクから、夜になっても帰らないウンチェを連れて来いといわれたヒボン。
貧しい人の世話をするウンチェ。その姿をイルジメは見ていた。
ヒボンがウンチェを連れて帰る途中、イルジメが一瞬でウンチェをさらう。

10_20130702124325.jpg
幼い頃に出会った少年が持っていた帯飾りを拾って以来、持ち主を捜していたポンスン。
同じ場所で、ヨンが帯び飾りを捜している姿を目撃したポンスン。
それがヨンのものと知り驚く。小さい時、自分を助けてくれたのがヨンだと知って再び驚く。

セドルはタンに紅をプレゼントする。以前泥棒だった所為で、盗んできたのかと疑われてしょげる。

 ヨンは、伝説の刺客の話を聞く。
伝説の殺人鬼。
一人は実力を買われて宮遣えになり(王様の側近になり隠密に刺客をしている。)
もう一人は忽然と消えたと聞くが、その消えた刺客がポンスンの父だった(崖からヨンとポンスンが飛び降りようとした時、ポンスンの手を取り助けた男。ポンスンはその男に付いていき、父親として慕ってきた。)。

ウンチェは、ヨンが手ぬぐいを返そうと屋敷を訪ねてきたと聞き喜ぶ。
「あの子が生きて戻ったと思ってびっくりした」と下女に話すウンチェ。
「もう一度会いたいのに、あの人は、また、来るかな?」と懐かしんでいる。

 ヨンは天友会の歓送会に変装して潜入。
蔵に忍び込み、剣を捜すヨン。宴はたけなわのその時、「盗賊だ」と声がかかる。
“黄金のカエル”が盗み出された。その場所に、イルジメの絵が置かれていた。
シフたちが門を閉ざして客人を一人一人調べ始める。変装したヨンの顔を不審に思い触ろうとしたシフだったが、イルジメがいたとの声に駆けつけて行くシフ。その間にヨンは外に逃げる。イルジメだと思い矢を射るシフだが、人形だった。

 一方、刺客のムイたちに追われている男。川に何かを投げる。ムイたちは必死で川を探す。
刺客達は見つけられなかったけれど、ある男が岩の間から、それを見つけていた。

 ヨンは、屋敷にあった紙切れを見て、ふと父が天友会に所属していたことを思い出し、“仇”は会の一員だと確信する。

王「クォン・ドゥヒョンが事実を伝えようとしたのはキム・イッキだったのか。ギョムではなかった」
ピョン・シク「ただちに奴らを謀反人に仕立てます。」
「放っておけ。」
「奴らは王様に背いた物達です。」
「また謀反人に仕立てれば怪しむ者がでてくる。シム・ギウォンの件も官僚らが噂していると」
「しかし…」
「奴らはまだ何も知らぬ。」
「その通りです。清からの返事をひたすら待ち続けているかと」
「まだ時機ではない」
「はい王様。王様のご意向はまさに私の意向でもあります。」
(何のことか…わかりずらい)

 そしてウォノの命日。いまだ法事を行い続けているタンをセドルは切なく見つめていた。

 同じ夜、「天」の刻印がある剣を洗っている王様。
ヨンが捜している剣のようだ。…と言うことは、ヨンの父を殺したのは王様?っていうことでしょうか。
直接ではないけれど、ごく身内と言うことになる。
王も「ウォノが死んだ日」と言っている。「どうなった?」「探し続けています」
(この会話の意味は何?)

 ヒボンはヨンをヒマ組の取立てに連れて行く。
ヨンを組から抜けさせようと、わざと子供を殴るように言うヒボン。
近くの工事現場の職人の世話に来ていたウンチェと、近くにいたポンスンが、それぞれ、ヨンたちの騒ぎに気づいてくる。
ヒボンに命じられて、ヨンが子供を棒で殴るのを見たウンチェは、「なんて情けない人!小さな子供にまで暴力を振るうなんて!」とヨンを非難する。
ヒボンが「文句はお父様に言ってください」といって退散する。
ポンスンがヨンに駆け寄り、ひどく腫れた足を手当てする。ヨンが棒で殴っていたのは、自分の足だった。

 その後、ヨンはシワンに連れられピョン・シクの屋敷に行くが、トイレへ行くといって屋敷内を調べ、ウンチェの服から、隠した黒い玉を取り出すヨン。
そこで天友会の名簿を発見。
父の名が「謀反を図り自決」として抹消されていることを知り、怒りに震える。
ウンチェに見つかったヨンは、ハンカチを返しに来たとごまかす。
 
その後、ウンチェが下女と、イルジメについて『義賊』だと話しているのを聞くヨン。
シワンから、ウンチェが機密帳簿の管理を任されていると聞くヨン。
官吏の財産、私兵の数、賄賂まで…と。

 ある晩、ピョンシクから、夜になっても帰らないウンチェを連れて来いといわれたヒボン。
貧しい人の世話をするウンチェ。その姿をイルジメは見ていた。
ヒボンがウンチェを連れて帰る途中、イルジメが一瞬でウンチェをさらう。

スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment