topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イルジメ 第5話 - 2009.07.30 Thu

5_20130702124218.jpg

ヨンは本当の事を知ったので、育ててくれた両親に感謝の気持ちでいっぱいになっている。

通りで、またもや濡れ衣で処罰されそうになっているシム・キウォンを見た。あの時、役人に捕まってしまった左義政だ。フラッシュバックがおこった時に「イ・ギョム」と教えてくれた老人だ。謀反人の罪だとか…?

ヨンのお金を猫ばばしたヨンジェだけど、ヨンに見つかって取り替えされた。
こっそり、官奴官卑になった母と姉を調べようとしているヨン。
ボンスンは「私は探偵だ」と言って取り返さなきゃと、そのお金で官奴の資料を持ち出してやるという。
実際、それを持ち出そうと、努力はしたんだけど、ヨンに頼まれた資料は、秘密庫にあり、持ち出せないという。

あの、狩人の男、借金で息子を売り飛ばされそうになってて、なんとかお金を作ろうと、ヨンの回りをかぎまくってる。
男は絶対ギョムだと確信してるから、食堂のおばさんや、ソ医師や、皆、ヨンの回りの協力でうまく誤魔化したつもりなんだけど、どっか抜けてて、バレバレになっている。

ビョンシクは兵曹判書の他、義禁府の府使にもなったようだ。
これは黒幕が、ビョンシクを利用するためなんだ。
司憲府は、今回のシム・キウォンの件も、証拠を義禁府が出さない事をあやしんで、証拠を持ち出そうと押し入ってきたのを、ヒョンシクが止める。
キウォンの甥であるクォン・ドヒョンも罪人としてつかまってて、明日、陛下や臣下の前で、謀反の真相を話すことになったると聞いたヒョンシク。

ヨンは結局、自分が義禁府に取りに行くしかないと腹を決めた。

ヒョンシクを裏で操っている役人が、それを聞き、あのヨンを襲った刺客に、資料庫を燃やさせ、ドヒョンを殺させた。
ヨンも、母と姉の資料をみつけるため、こっそり忍び込もうとしてたところで、おこった事件!!
どさくさに紛れ、義禁府に忍び込んだヨンだったけど、火のまわった書類庫で資料を見つける事が出来ず、役人に見つかって追われる事に。
逃げてる最中、ドヒョンが殺される所にも居合わせてしまい、命からがら逃げます。

次の朝・・・・。
司憲府がやってくるけど、大事な資料は火事で焼け(実際には偽の書類ばかりで、大事な物は秘密庫にかくしてある)、ドヒョンは舌をかんで自殺したということになっていた。
司憲府の前で検死をし、不自然なことがあることが多々あったけれど自殺だと決めたヒョンシク。
しかし、偶然居合わせたシフは、胸の小さな刺し傷を見つけ、他殺で、舌を切ったと見抜く。
それを口止めし、誤魔化すヒョンシク。
ヒョンシクは息子であるシフを「居候」と言って誤魔化した。

亡くなったドヒョンが運ばれる道すがら、死因について話をする役人。
文書保管庫に怪しいヤツや潜んでいたし、何だかヘンだと思っている様子。
その荷車にヨンも隠れている。
そこに、ドヒョンの遺体を持ち去ろうと何者かが襲ってくる。
見つかって逃げる途中、ドヒョンの髪についてた布きれを、不自然に思い、手にしてにげる。
もつれあったとき、その布がやぶれてしまった。
持ち去ろうとした者は、「ギョム」に宛てた手紙だと気づく。
「ギョムに伝えてくれ。死ぬ前に君に伝えねばならぬことがある。君の父上をころしたのは他でもなく…」
同じ頃、ヨンもその切れ端を呼んでいた。
とんでもない事実がかいてあったのだろうか。尋常ではない表情だ。

シフは遠くから、父母とヨンを見て、表向きだけ華やかで、その実は寂しい自分を嘆き、ヨンをうらやましく思う。
でも、実際には、ヨンも、母には「情けない」としか言われず、愛情も感じられずに生きてきた。
そのうえ、今は、昔の記憶もよみがえったから、一段と心が苦しい。

役所では、死体が盗まれたと、大あわてで役人が帰ってきた。
折しも、ドヒョンの着替える前の服を調べているところだった。
その服から何かを感じ取った刺客は、探せの命令を受けて、探しに出かけた。

誰かがヨンを探してると聞いた。
誰だろう…
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

イルジメ 第6話 «  | BLOG TOP |  » イルジメ 第4話

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。