緑の馬車 第72話 利益とプライド

緑の馬車 第72話 利益とプライド

<あらすじ>TVh
ヒョンモはモハグループを助けてほしいとミン長官に懇願する。すると ミン長官は、ヒョンモにジョンハを紹介する。ジョンハは、資金援助を する代わりに、ジウォンと離婚し、息子を彼女に渡せとヒョンモに提案するが、ヒョンモはそれを断る。
072.jpg

ジウォン
ジョンナンの薦めで ジョンハのブログを出版してはどうか?と 話がある。
ジョンウォンに電話をしても ジョンウォンは電話に出ようとしない。
今朝の出来事で結局は 母親参観が出来なかったのである。
チェヨンは ジョンウォンに「面倒だからママは帰った」と心ないことを言ったのだ。
ジョンウォンは 心を痛めていた。
父親から 面倒だと言われ 祖父からも同じようなことを言われたのだ。それで 頑なになってしまったのだ。

チェヨン
イ課長が 心が傷ついてしまったジョンウォンを優しく宥めているところにチェヨンが来て 冷たい言葉をジョンウォンに投げつける。
可愛そうなジョンウォンをオヤツに誘うとしたイ課長に お仕置きをするからと言うチェヨン。
イ課長が 断ると チェヨンの平手が イ課長の頬にとんだ。
生意気にでしゃばらないで ご飯でも作ってなさい…と言う。
も~! 貴方はユン家の人ではないのに なぜ 指図するの? 身の程知らずなのはあなただ!
泣くジョンウォンを 無理矢理机に連れていき 宿題が終わるまで出てはならないと 酷い事をいう。

イ課長
あまりの仕打ちに 家を出ていこうとする。
口を利けない会長も 首を振っている。
ユン部長が 自分がこの家にいる本当の理由は イ課長がいるからだ !と本音をもらす。

モハグループ
とうとう税務調査が入った。
新聞にも ヒョンモの資質を問う記事がでる。
ヒョンモは 税務調査が入った部屋を呆然と見て うなだれる。

ジョンハ事務所
ジョンハはこのチャンスを 逃すまいと モハの株を買いまくった。

ト社長宅
ヒョンモは追徴金も払えないはず…とト社長。
モハグループは ジョンハのものだ…と言うミン長官にジョンハは言う
…「企業は個人の所有物ではない。経営者は自ら会社を牽引スベキだと教わった。」と。

ヒョンモ
父親の元に来て 全て失った…と言うと ユン会長は目を見張った。
とうすればいいのか…と 泣きわめくヒョンモ。

ジョンハ
また ジウォンの事務所を見上げ ジウォンに電話する。
なんと 後ろにジウォンがいた。
お互いを慈しむ二人。
抱き締めようとしたジョンハを ジウォンは拒んだ。
ジウォンは 強い女だ。

ヒョンモ
ミン長官に会い 助けて欲しいとひざまづく。
ミン長官は 自分が信頼している人に聞いてみよう…と言ってジョンハを呼んだ。
長官は ジョンハを 「個人的に雇っている投資専門家」と言って紹介した。
ヒョンモはギョッとする。
ヒョンモは これ迄の事はジョンハの仕業か?と聞く。
合法的に 正々堂々と欲しいものを手に入れたと言うジョンハ。
ジョンハは提案する…追徴金も払えないだろうから 貸してやるが 条件があると言う。
ジウォンと離婚し子供を返せ…と。
ヒョンモは 全財産が無くなってもジョンハの助けは断る 死んだ方がましだ!と。
会社の事を考えろ…と言うジョンハだが ヒョンモは…そんなことはどうでも良い…と プライドのためなら会社を見捨てるつもりのようだ。
だから 父親に信頼を得られないんだと尚もヒョンモを責めるが 聞く耳を持たない。
忠告を聞こうともせず 自分の力で救って見せると 言い捨てて出ていく。

酒場で
ブツブツと言いながら 酒に溺れているヒョンモ。
そこに チェヨンが現れ ミン長官とジョンハの関係を聞いた。
チェヨンの入れ知恵で 今のジョンハには ジウォンとジョンウォンを突けばイイと言われる。
子供を渡さないって言えば良いし ジウォンに対するする仕打ちは 5年間も夫ではない男の子供を育てさせたと公表すればイイと。
本当に悪い女だ。

ヒョンモ
出社したところ 記者がたくさん押し寄せ 質問攻めになるが 何も答えずに会社に入っていく。
会長室には 株主が待ち構え どうしてくれる!と 泣き付かれる。

ジョンウォン
ママ~と呼び続け ジウォンの住所を見ながら泣いている。
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索