緑の馬車 第66話 すれ違い

緑の馬車 第66話 すれ違い

<あらすじ>TVh
ジウォンとの再会を楽しみにするジョンウォンだが、ジウォンはなかな か現れない。ジョンウォンと入れ違いにト社長の店にやってきたジウォンは、ジョンハにジョンウォンの本当の父親について話す。
066.jpg

ト社長宅
ミン長官と電話でジョンハの話をしている。ミン長官はジョンハをべた褒めだ。

ユン会長宅
クリスが イ課長とチョングン叔父を見張っている。 イ課長は食材が無いから買い物に行きたいがたくさん買うので一人では無理だと言う。チョングン叔父は腰が痛いので行けない…と腰をさする。 クリスに行って欲しいとイ課長は頼むが 断られる。イ課長はそれでは 体に悪いインスタントラーメンを作るしかないし 会長には 栄養価の低いお 粥しか作れないと 独り言のように言う。 それを 聞いて クリスは 仕方なく メイドを連れ 買い物に行く。 以上は メイドとチョングン叔父がジョンウォンを外に連れ出す芝居だった。 夫人に見つかったけれど 叔父は強行突破した。

ヒョンモ
夫人は直ぐ様 ヒョンモに電話する。 ジウォンに電話し ジョンウォンは自分と一緒にいるから 来い!と呼び出す。 急いで来たジウォンは 罠にはまってしまった。 ヒョンモは ジウォンに「一番つらい罰を与えやる!」と キツい口調で言う。 そんな ヒョンモの頬を ジウォンは叩く。 最低なヤツ!

ジョンウォン
チョングン叔父に連れられて 母親に会いに来たジョンウォンだったが ジウォンはヒョンモの罠にはまっていたため ジョンウォンは待ちぼうけ。 そこに ジョンハが来る。 父親と名乗れないけれど ジョンウォンに 母は きっと迎えに来てくれるから 今は寂しいけれど頑張れ!と話した。 そこに ヒョンモの指示を受けて クリスが ジョンウォンを連れ帰ってしまった。

ジウォン
急ぎ帰ってきたジウォンは ジョンハを見つける。 ジョンハは ジウォンにジョンウォンは誰の子なのか?俺たちの子か?と聞く。 ジウォンは 「私の子供!」と言いながら 5年前の海に言った時に出来た子と認めた。 これまで 生き甲斐にしてきた…もし ジョンウォンがいなかったら死んでいたとジウォンは言う。 ジョンハは 早く離婚して 3人で暮らそう!と言うが ジウォンは「 離婚しても 2人で暮らす。今さら父親ぶらないで!私たちの面倒を見ようなん て思わないで!」と頑なだ。

ジョンハの事務所
ヒョンモが突然現れた。 ジョンハはヒョンモに言う。 「お前の手に有るものを良く見てみろ!それは努力して手に入れたものではなく 他人から奪ったものだ。自分が欲しいからと言って 平気で人を 傷つけた。最近の辛さの理由を考えてみろ!奪ったものを守ることで精一杯なんだ。奪ったものは必ず持ち主に戻る。ジウォンと別れて ジョン ウォンを返せ!」と 声は低いけれど 厳しく言う。 ヒョンモは ジョンハの襟首を掴んで 離婚はしない…お前たちが喜ぶだけじゃないか…と了見の狭いことを言う。 ジョンハは言う。可哀想なヤツ…と。 俺がお前たちを苦しめてやる…って 自分の犯した罪は どう考えてるんだ!まったく!

ジョンウォンの部屋
チェヨンは くだらない…と言って絵本を捨てる。 親子一緒に写っている写真を ヒョンモに捨てられて怒るジョンウォン。 チェヨンは いつ結婚するの?とヒョンモにせがむ。 ヒョンモは 父が倒れたのに…と言ったら チェヨンは何も言えない時に式を挙げたいと 会長を邪魔物にする。 なんて 悪どい女だ。 ヒョンモは 心ではチェヨンと結婚している…それで満足できないなら 俺を諦めてくれって 言う。 なんで こんな女がいいの? こんな女のどこに魅力があるんだか…
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索