緑の馬車 第61話 社長就任


<あらすじ>TVh
ついに、ジョンハは死亡宣告の取り消しに成功し、自分の名前を取り戻す。それを知ったユン会長は、5年前の事件を蒸し返さないことを条件に、ジョンハにモハ乳業の社長就任を提案する。しかし、ジョンハは きっぱりとその話を断る。
061.jpg

ジョンハ宅
ジョンハはついに自分の名前を取り戻した。3人で祝杯をあげた。

ヒョンモ
ヒョンモは 自宅で寝ていてジョンウォンに呼ばれたような気がして目を覚ました。
声のする方に行ってみると 庭にジョンウォンがいて パパと呼ぶ息子がいたが 息子が駆け寄ったのはジョンハだった。
なんと ヒョンモの夢だった。すっかり うなされている。

ユン会長室
ジョンハの死亡宣告が取り消されたと知る会長。
捜査が再開されると聞いた会長は 心穏やかではない。
チェヨンが以前言っていた証拠をジョンハに渡す…と言っていたことを思い出していたとき ヒョンモが現れた。
暫く音信不通にしていたことを 咎められるヒョンモ。
どう対処するのかと父親に聞かれ 「証拠がないし 証人はこちら側にいるし テープはチェヨンが持っているから心配ない」と言う。
しかし チェヨンが持っているから尚心配だと 父親は声高に言う。
会長自らジョンハに会って 何を望んでいるのか聞いて要求をのむしかないと 肉を切らせて骨を断つ思いだ。

ト社長とジョンハ
自分の名前が元に戻ったから 株の名義を自分に写すのか?とト社長に聞かれるが その株は触らない…とジョンハは言う。
資金が潤沢ではないのでモハを攻めるのには限界があるから 投資者から資金を集め投資をしてみると言う。
投資会社を設立し これまでの実績とネットの知名度で資金を集約出来ると言うのだった。
そこに ユン会長から電話がある。会いたいと言うのだ。

ジョンハ
モハの会社前に立ち これ迄の出来事を思い出していた。
ヒョンモとジウォンと仲良くしていた頃…そして5年前の事を…
ヒョンモと会長が待つ会長室にジョンハは入った。
モハ乳業の筆頭株主を操っているのはジョンハだろうとヒョンモは単刀直入に聞いてきた。
最後のチャンスを与える…とヒョンモは攻撃的だが 自分のしたことを省みないのか?
モハ乳業の社長にしてやるから他に何も要求するな!5年前の事件を掘り返すな!と高飛車な物言いだ。
自分達にとって不利なことが有るのなら 言い方っていうのがあるだろう…。
ジョンハは断る…それに対して 「ユムン電子を返す」と提案がある。
しかし言い草があんまりだ …買収したのはユムン電子を助けるためだったし 今となっては何の価値もないと言うのだ。
ジョンハは そんなことに乗ってこず 自分の犯した罪の報いを受けるだろう…結果が楽しみだと言って 席を立つ。

ヒョンモ
クリスを伴って河畔に来て 今の心情を吐露する。
自分は父親でもなく 夫でもなかった。そうとも知らず 5年間生きてきた。何も知らずに生きていれば良かった…と苦しい胸の内を涙ながらに話すのだった。
帰宅して ジョンウォンが近づいてきても 愛想ひとつせず 無視した。
了見の狭いヒョンモに演技をする度量もなく…ジウォンが何故?と聞いても何も答えない。
泣いて訴えるジョンウォンの手を振り払って出ていく。
 2012_06_16

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

くろックCute DC01

Shinyang ssi's Birthdayまで

貴方が重ねる日々…健やかでありますように★彡

☆お祈りします…❤

생일까지 며칠

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


B
A
C
K

T
O

T
O
P