flower border

お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

第40話「ゆれ動く心」①(愛しているなら)

Category<韓ドラ>愛しているなら
【ヨンヒ宅】
ヨンヒを見失ったドンフィは ヨンヒ宅に来た。
しかし ヨンヒはいなかった。

【ヨンヒ母とヨンヒ】
打ちひしがれたヨンヒが 母を訪ねてきた。
ソ・ユンジュから言われた言葉が ヨンヒの心を痛めていた。
自分は ドンフィにとって 幸せを与えるどころか 苦しめてばかりだと 自分を責めた。
彼の幸せを願って 愛しているからこそ 別れを選んだのに…母の言うことが正しかった…と 昼間の出来事を思い出していた。 
〝愛は嫉妬や憎しみに変わる〟
〝彼が 他の人と結婚したら…死ぬほど憎むだろう〟
…きっとそうなると ヨンヒは あらためて実感していた。

彼との愛は 特別なもの…永遠に続く愛だと信じていた…とヨンヒはたかをくくっていたのでしょう。
だけど 目の前に ドンフィに愛を打ち明ける女性が現れて ヨンヒは 愛を失うかも知れない…と焦りと 危機感を感じたのね。

【ヨンヒ宅】
ドンフィは 暫く 門の前で待っていた。
そこに ヨンヒ父が 帰ってきた。
ヨンヒの居所をたずねるが 義父は 娘を放っておいてくれないか…と 言う。

【ジョンフィとユンジュ】
二人 ビール瓶を並べて 呑んでいる。
ユンジュは 小さい時からの ドンフィへの思いを ジョンフィに話す。
それを聞いたジョンフィは 愛おしくなり 「結婚しようか?」と プロポーズする。

この二人 お似合いかも…

【ドンフィ】
今夜も 経本を読んでいる。
深夜 階下に行ってみたら 祖母が お祈りをしていた。
祖母をここまで追い込んでしまったのは 自分のせいだと 涙を流すドンフィ。
cap003_20111030104726.jpg

【ヨンヒ】
翌朝 ヨンヒは 母の店を後にしようとした時 母が病院へ行くべきだと言う。
その言葉に対して ヨンヒは 「お母さんの言うとおりにした…」と 答えた。

…と言うことは 中絶したと言うことなのか。

【海外開発室】
ユンジュが ドンフィの机に花を飾っている。
昨日のことを 謝るユンジュ。
ドンフィは ユンジュに ヨンヒとのことの誤解を解こうと話し始めた。
「彼女が僕を 不幸にしているわけではない。
 もし 彼女にあっても その話しは止めてくれ。
 彼女は 苦しんでいる。」
ユンジュは 困惑した表情だった。
そして 涙をためて 足早に 席を外した。

ユンジュは ドンフィを愛していたけれど ドンフィのヨンヒへの愛の深さを思い知らされて 悲しさと悔しさと叶わない愛に 涙するしかなかったのでしょう。

【ガンホ】
ヒョクチュンは ガンホのリハビリを手伝っていた。
足に力が入らず 直立の姿勢が保てない。
ヒョクチュンは ガンホに 祈祷院へ行かないかと 誘う。
行く気はないと 力なく言う。
その話しの中で ヨンヒが ドンフィと別居状態であると聞き ガンホは 自分のせいかと 心配する。

0 Comments

Post a comment