flower border

안녕하셨습니까? お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

第39話「神様が憎い」②(愛しているなら)

Category<韓ドラ>愛しているなら
【ヨンヒ】
母が言った言葉を思い出していた。
「ドンフィがいつまでも 独りでいると思う?」
「親しくしている女性がいるみたい。」
「ドンフィだけは 他の男と違うと思ってた?男なんて 皆同じよ。」
「僕の子じゃない…と言われたらどうしようもないでしょ。」

いつまでも ドンフィは ヨンヒに思いを寄せてくれるはず…と 思いこんでいたのよね。
でも 母の言うとおり いつか その思いは風化し 
忘れられてしまうかも知れないと ヨンヒは 急に不安になったのでしょう。


【ドンフィ】
祖母が お寺にこもるようになってから 仏様の教えがかかれている経本を 手に取るようになった。
そして 読みふけるようになった。
今の ドンフィの心に どこか 響いてきたのね。
cap001_20111023142429.jpg

【ヨンヒ母とヒョクチュン】
ヨンヒ母は 仕事が終わってから ガンホの付き添いを 買って出た。
それが終わってから 病院を出た時 ヒョクチュンと出会って 朝食を一緒にした。

ヒョクチュンが 「俺に出会ったことで 人生が台無しだね。」と 哀れむ。
ヒョクチュンの養母の誕生日に 法事をする事になり ヨンヒ母は 法事の用意を手伝ってやろうと思う。
ふいに ヒョクチュンが言った。
「母さんも 一緒に住めないかな? 考えておいて。部屋は空けておくよ。」
ヨンヒ母は 戸惑った表情をした。

【ヨンヒ父】
胸が苦しくて 目が覚め 薬を飲む ヨンヒ父…。

【ドンフィと母】
ジョンフィに ユンジュをどう思うか… と ドンフィにたずねる。
ドンフィは 「似合いだと思う。」と 答える。

【ヨンヒ宅】
ソンヒは 母のことを理解出来ずにいた。
ヨンヒに 理解してあげて欲しいと言われても 許せない 裏切られた気がすると 言う。
父は 「したいことを自由にしなさい。」と ソンヒの留学を認める。
ヨンヒにも問うが ヨンヒは 答えられない。

【ドンフィ宅】
祖母が お寺から戻ってきた。
夜通しお祈りをしていて 倒れてしまったらしい。
大叔母が 無理に連れ帰ったのだ。

【海外開発室】
退勤の時間 ソ・ユンジュが ドンフィを 食事に誘う。
そこに ジョンフィも来て 後で 合流する事になった。
外…
ヨンヒが ドンフィを待っていたが 帰った後だった。

【ドンフィとソ・ユンジュ】
二人 ビールを飲み 喉を潤している。
ユンジュは 思い出話をしながら 自分の想いを ドンフィに話しする。
cap002_20111023142429.jpg

そこに ジョンフィが ヨンヒを連れてきた。
驚いたドンフィ… 
その場の空気が 一変した。
酔いも手伝って ユンジュは ヨンヒに 思いをぶちまけた。
「ドンフィさんを苦しめないで。
 ドンフィさんは 真面目で いつも明るく温かく あなたを包んでいたのに…
 結婚してからは 苦しんでいる。
 彼の不幸な姿を見ると 私もつらいの。
 この状態が続くなら 私が彼を奪うわ。
 (ドンフィに)どうして 振り回されるの?
 貴方ほどの人が 女1人に縛られるなんて バカね。
 私が 幸せにするわ。
 私の方が 昔から ずっと 好きだったのに…」
ヨンヒは たまらず その場を後にし ドンフィは その後を追った。
ヨンヒは ドンフィから逃げ 隠れた。
ふと 見上げたところに 産婦人科の看板が見えた。
思い詰めた ヨンヒの表情。

ヨンヒは 母が言っていた事が現実となって こんな辛い思いをするのなら 
いっそ 子供を堕してしまおうかと考えたんだよね。
さて… どうする?
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment