flower border

お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

第30話「妊娠」①(愛しているなら)

Category<韓ドラ>愛しているなら
【ヨンヒ宅】
チェ・ガンホが見たヨンヒ…
まさしく あの夜の女性だった。
本当に驚いて 放心状態のガンホ。

ドンフィとヨンヒが帰ってから ソンヒが父の事を聞いてきたので
ヨンヒ母は 
「今 上手くいっていない
 離婚するかも知れない
 ヨンヒには黙っていて」とだけ話した。

【家に帰る車中】
実家で 何も食べられなかったヨンヒを気遣うドンフィ。

【ヒョクチュンとガンホ】
2人 何も言わず車の中で それぞれの思いを巡らせていた。
特に ガンホは 自分のしたことといえ とんでもないことをしてしまったと今更悔いていた。

【ヨンヒ父事務所】
ヨンヒ父が出勤すると ヨンヒ母が 昨夜のドンフィとヨンヒの訪問を報告するために来ていた。
夫は 表情も変えず 聞くともなしに聞いていた。
ソンヒが 夫婦間に起きたことに気付いた事も話した。
妻は必死に 家に帰ってくれる様に 夫を説得した。
しかし もう手遅れだと 冷たく答える。

【ヨンヒ宅】
ヨンヒ母は帰宅後 荷物をまとめだした。
家を出ようと思っているのだ。

【ヨンヒ父とソンヒ】
両親を心配して ソンヒは 父と会う。
父は この状態は 当分そのままだと 答える。
ソンヒは どうにか 元に戻って欲しくて 父を説得するが 父の思いを変えることは出来ない。

【ドンフィ宅】
祖母の姪からの 誕生日の贈り物が届いた。
その事から 祖母は ヨンヒに 女性のスタンスについて話した。
「女性は 家庭のことに 気を配るのが仕事
 親類同士の和を保つのも 女性の役割
 男性が安心して働ける様に…
 包装紙は メモ紙にするように」
紐をはさみで切ろうとすると 
「心ががさつになる
 そうすると 言葉も粗雑になって 運気も悪くなるもの
 紐を結ぶ時は ほどく時のことを考えて結ぶもの
 この世は縁が全て 縁も上手に結んで 上手にほどけと お坊さんが言っていた
 あなたも 心が善良だから 
 ドンフィに出逢えて 仏様とのご縁も出来たのよ」と 話す。

年輪を重ねた人は 良いことを言うものだ。

ヨンヒ母から 「一緒に 病院へ行こう」と電話が架かる。
ドンフィ母は あまりいい顔をしていなかった。
ヨンヒは 母の車で 出かけた。

【海外開発室】
ドンフィは 厳しい顔をして 何かを考えている。
昨夜の 妊娠したの?と 言われたことに対して 
はたして 本当に自分の子なのだろうか… と考えていたのだ。
 
ソ・ユンジュに聞いてみた
「つわりは 何ヶ月であるの?」と…
あの事件のことがあるから 心配でならないのだ。
ドンフィは ヨンヒと話しをしようと 家に電話を架けてみたところ 出掛けたと言う。
「病院に?」と母に聞いたところ 「体の調子が悪いの?」と聞かれ 返答に困ったので直ぐに切った。
cap001_20110921005941.jpg

ドンフィは 真実を知ることが怖いのでしょうね。
自分の子供だったら勿論 嬉しいけれど 
もし…そうでなかったら どうしたらいいのか…と考えると 心配でならないのでしょうね。


【産婦人科】
ヨンヒは診察を終え 医師から「おめでたですよ」と言われて 母とともに喜んだ。
しかし ヨンヒも心配で いつ妊娠したか分かるかと 質問してみたが 難しいと言われる。
つわりが何時頃から始まるのかとも聞いてみた。
人それぞれなので 一概には言えないと 答えられた。
ヨンヒは 少し胸をなで下ろしたのか ホッとした笑みをうかべた。

真実は ヨンヒにも ドンフィにも分からない。
不安でしょうね。
もし ガンホの子だったら ドンフィはどうするのだろうか。

0 Comments

Post a comment