第29話「初めての里帰り」①(愛しているなら)


【ヨンヒ宅】
事実が明るみになったヨンヒ母。
必死に これまで辛い日々を送ってきたことを言い訳をするヨンヒ母だけれど 
ヨンヒ父は 何を言われても 許せない…といった雰囲気。
とても長い間 偽って生きてきたヨンヒ母を許せないのだ。
とにかく 謝罪する妻に対して 裏切られたと思う夫は 聞く耳を持たない。

夫は 苦悩していた。そして 独りになりたくて 家を出ることを決心した。

取りすがって引き留めるけれど 決心は揺らがない夫だった。

そりゃそうだよね…
仮に 夫が外に子供を持っていて 20年以上もそれを隠していたとしたら 許せるかしら?
許せるはずがないでしょ!
ヨンヒ母は 虫がイイ…


【ドンフィ宅】
朝食…今朝も 胸焼けで食事が出来ないヨンヒ。
祖母に お寺に誘われるヨンヒは ドンフィの表情を見てから 「はい」と答えた。
それから 明日は早起きをして 市場へ行き 法事の用意を祖母と2人でしようと 言われた。

【ドンフィとヨンヒの部屋】
「おいで」と ヨンヒを抱きしめる
cap001_20110918143533.jpg

ヨンヒにとって 辛い毎日を 慰めるドンフィ。
それに対して ヨンヒが 答えた。
「私を 辛くさせているのは あなたが 前と違って見える事よ
 この家に戻ってからは 別人みたい
 前は目を見ただけで あなたが どれだけ私を 必要としているか感じられた
 私がそばにいることが あなたのためだと 漠然と信じていたけれど
 今は 自分が ここにいる理由が分からない」

「そうだな 冷たく見えたかも知れない
 大家族で暮らすと 難しいんだ
 親がいると 気持ちを表せない」

「貴方の心が離れて 私が力になれないなら そばにいる必要はない」
「君が必要だ
 君を深く愛してる 前にも言ったろ
 移り気な男もいるだろうけど たいていの男は一途だよ
 今 僕たちは“愛”より“信頼”を口にすべき時なんだ
 “人を愛するというのは 同じ方向を見ることだ”
 君がそばにいるから 僕は仕事に集中出来るんだ
 僕を信じてくれ」

「いつも 不安で 寂しくて…
 孤島に置き去りにされて 皆に見捨てられたように感じていたの」

「黙っても 分かってくれてると思ってた
 口で言わなくても 僕を信じてくれ」

cap002_20110918143533.jpg

ヨンヒが思い切って言ってよかったね。
夫婦って 言わなくても…分かっていると思ったと 良く言われるけど
言わないと分からないものだと思うね。
分かっていても 声に出して言ったら 温かさが伝わるし より一層 愛情が確認出来るもの!
私は そう思います!
ヨンヒは 本当に 辛かったのよ。
宗教の違いもあるし ドンフィは仕事で忙しくヨンヒの気持ちを察してくれないし…
本当に ひとり…って 感じていたんだよね。


昨日 ソンヒが来たことをドンフィに話したら 明後日に 挨拶に行こう!と 言ってくれたドンフィ。
ヨンヒは 嬉しかったよね。

【小白山】 
ジョンフィと パク・チョンシン(ムン・ジュニの家庭教師)は パク・チョンシンの父を捜すために 小白山に登った。
山は雪が残り 足を取られての山登りだった。
パク・チョンシンは ジョンフィが好きなようだ。
でも ジョンフィは なびいてこないので チョンシンは どうにかしたくて父親探しを口実に 小白山に誘ったのだ。
 2011_09_17

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

くろックCute DC01

Shinyang ssi's Birthdayまで

貴方が重ねる日々…健やかでありますように★彡

☆お祈りします…❤

생일까지 며칠

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


B
A
C
K

T
O

T
O
P