第28話「孤独と真実」②(愛しているなら)

第28話「孤独と真実」②(愛しているなら)

【ヨンヒ宅】
ドアフォンが鳴る…ヒョクチュンだ
「話しがある…出てくるまで待つ」と言う
それに対して 警察を呼ぶというヨンヒ母
ヒョクチュンは 随分長い間 本当に待っていた
ヨンヒ母は ジリジリとした時を過ごしていたが 我慢の限界が来て ヒョクチュンの所へ行った。
十分に援助したから…と言うヨンヒ母に対して 
ヒョクチュンは 「金はくれと言っていない!貴方の様な人からお金なんか欲しくない!」と 言って通帳を返した。
ヨンヒ母は あくまでもヒョクチュンの母から頼まれたと しらを切る。
ヒョクチュンは なぜ自分が捨てられたのか…それが知りたいのだ。
知らないそぶりを見せるヨンヒ母に対して 真実をヨンヒ父にぶちまけてやると 脅迫めいた捨てぜりふを残し帰って行く。

【ヨンヒ父】
ヒョクチュンが帰ってくるのを彼の会社で待っていたヨンヒ父。
「本当の母親は見つかったのか?」と問うと
「そんな人はいません」とヒョクチュン

とうとう ヨンヒ父が動き出したね。
色々なことを調べるのには 十分すぎる情報網を持っているから すぐに分かってしまうだろうな。
もし 本当のことが分かったら ヨンヒ父はどんな態度を取るのだろうか?
潔癖な人の様だから 許さないだろうな。


【ドンフィ宅】
門扉の隙間からのぞくソンヒ
そこに ジョンフィが帰ってきた。
挨拶をし 家に入れて貰った。
ヨンヒとソンヒは 抱き合って再会を喜ぶ。
姉のそぶりから 辛そうだと察知した妹は どうにかして 連れ出したいと思っているけれど 姉は渋っている。

ソンヒはヨンヒとの再会を終えて 帰ろうとした時 庭でジョンフィが寝袋に入って何かしていた。
ソンヒは ジョンフィに 宗教について質問してみたところ ひょんな事から言い争いの様なことになってしまった。
ヨンヒが ソンヒを無理矢理帰らせて その場を おさめた。

宗教の見解をぶつけ合うと 大変なことになるようですね。

【チョンイル乳業】
ドンフィの叔父が買収した会社から納入されたタンクローリーに穴が開いていて…
責任者である叔父は 困ったことになったとドンフィをたずねてきた。
cap001_20110918102854.jpg

その上 自分の会社をさておき タンクローリーの受注見積もりが他社に出されていることを知った叔父は 興奮している。

【ヨンヒ宅】
ヨンヒ父が帰宅した。
すぐに ヒョクチュンのことを聞かれたヨンヒ母は またもウソをついた。
夫は 私にも言えないのか?と 不機嫌そうに言った。
そして 通帳を出して 説明しなさいと 迫った。
「この大金を何に使った?」と 高圧的に言った。
それでも しらを切ろうと必死のヨンヒ母。
しかし夫は引き下がらず とうとう ヨンヒ母は 「私が産んだわ」と 認めた。
夫は 愕然とした表情。

とうとう 夫に知れてしまった事実。
この先 ヨンヒ両親はどうなるのかしら…
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索