topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第27話「嫁と姑」②(愛しているなら) - 2011.09.13 Tue

【ヨンヒ宅】
ヨンヒ父が 帰宅した。
警察署で イ・ヒョクチュンに会ったといった時 ヨンヒ母の表情は固まった。
けれど 何食わぬ顔で 応対した。
コ先生から 母の死後は 彼は一人になるので 助けてやって欲しいと 言われたと予防線を張った。
和解金を出したのは自分ではなく 別の人と ウソをつくヨンヒ母。
しかし 夫は さすが弁護士… 推理は的確で ヨンヒ母は どうしようと 困惑した様子だった。

【ドンフィ宅】
ドンフィに 父が 海外開発室に席を用意したので出社するようにと言う。
ジョンフィにも 牧場から 本社に戻る様に言うが 
本社の仕事は自分には合わないと 本社に戻る時期に 猶予を貰う。

ドンフィは ヨンヒが洗い物をしている傍らで 何か考え事をしている。
cap001_20110914100504.jpg
ヨンヒに「おいで」と 言うドンフィ。
ヨンヒの手を取り 引き寄せて 後れ髪をかきあげて 「やつれた顔をしている」と 労る。
いいなぁ~ 胸がきゅ~んとしたわ

ヨンヒは言う。
「明日から 出社するのね 
 結婚したら いつも一緒にいられると思ったのに…」と 大きくため息をつく。
お茶を入れてくれるというドンフィが台所に立っていると ドンフィ母が来て お互いに気まずい雰囲気。
ヨンヒは またも ため息をつく… 心が安まらない様だ。

【ドンフィとヨンヒの部屋】
2人ベッドで 考え事をしている。
ドンフィが口火を切って ヨンヒにたずねる。
「何を考えてる?」
ヨンヒは 頭が痛いが 寝ていれば治ると 表情は暗い。
ヨンヒは 新しい生活に馴染めないことと ドンフィ母の冷たい態度に 相当心が痛んでいるのだ。
「辛いことがあれば 何でも話して…」と ドンフィはヨンヒに言う。
とは言うものの 何でもかんでも言っていいわけではない。
ヨンヒは ドンフィに質問する。
「独りで歩いていて 飲酒運転の車にはねられたら はねられた人間が悪いの?前世で罪を犯したから?」
祖母の話が気になっている様だ。
ヨンヒは キリスト教と仏教の教えの違いから 戸惑っているのだ。
ドンフィは 
「君は“信仰 希望 愛”を大切にして生きればいい」と アドバイスした。
cap002_20110914100503.jpg
それから ドンフィ母がヨンヒに対して 冷たいことも気にして 聞いてきた。
ヨンヒは お母さんの気持ちは理解出来る…と 横を向いて寝てしまう。
ヨンヒは 理解しようと頑張っているけれど 心のダメージは大きい様だと ドンフィは思う。

ヨンヒを見ながら 精神科の先生が言った言葉を思い出すドンフィ。
「再発」が怖くて ヨンヒを抱けないドンフィ…かわいそう。
ヨンヒの髪を撫でるドンフィ。
cap003_20110914100503.jpg

【ドンフィ宅居間】
母が 独りぼぉ~っとしているところに ドンフィが下りてきた。
ドンフィは 「心配かけて…悪かったと思っている」と 母に話しかける。
父と2人で 旅行に出ては…と 勧めるが 母は何も答えない。
思い切って 母に問いかけてみる。
「今でもヨンヒに不満?」
「そう簡単にはいかない」
「気持ちは分かるけれど ヨンヒを受け入れて欲しい
 家を出てから 彼女は苦労している」

「分かったから 心配しないで」キツイ口調で 話しを遮る。
「彼女には 僕しかいない」
「男のために 両親を捨てて家出なんて 無謀すぎるわよ…」
「もう結婚したんだ」
「だから認めて かわいがってやれと?」
「困るんだ!
 不満がある時は 僕に言って欲しい」

「彼女が言ったの?私に説教されたって?
 お前は 今でも私を苦しめるのね!受け入れるべきだって分かってるわ。仕方ないもの
 お前は 仕事に専念しなさい」


お母さん 貴方がそう言う態度をとると 困るのはドンフィでしょ。
あなたが折れてあげることで 家庭の波風は治まるよ。
可愛い息子を困らせる嫁が 疎ましいのでしょうね。
でも 結婚したのだから 諸手を挙げて歓迎出来なくても 度量の大きいところを見せるべきでしょ。
何が イヤなの?
貴方の振る舞い一つで 家庭はどうにでもなるのだから…
もう 始まった新しい生活なのだから 後戻り出来ないでしょ。
私には 経験がないけれど そんなにイヤなのかしら…


【ドンフィ宅バルコニー】
ドンフィが 思い気持ちを抱え バルコニーに出てきた。
煙草に火を付け 心の整理を付けようと思っているのでしょうか。
吐き出した紫煙と伴に 心も軽くなると良いのだけれど…

【ドンフィの出社】
ドンフィと 幼なじみのソ・ユンジュは 同じ海外開発室。
ヨンヒに 一層 心が苦しくなることが起きなければいいけれど…

【ヨンヒ宅】
不意にイ・ヒョクチュンがたずねてきた。
母は 驚く。
ヒョクチュンは 小切手を返しに来たのだが 受け取らず 二度と来ないでと冷たく言う。
誰が 援助してくれたのか?と 問うヒョクチュン。
生んでくれた母親を知りたいのだ。
ヨンヒ母は たとえ探し出しても喜ばないし 黙っていた方がその人のためだからと
余計なことはしない様ときつく言う。
ヨンヒ母は 酒に浸っていた。

【コ先生とヒョクチュン】
ヒョクチュンの養母が亡くなったことを知って アメリカから駆けつけてきたコ先生。
ヒョクチュンの口から「ユ・ジョンエ」という名を聞いて コ先生は驚いた。
ヒョクチュンは 本音を言わそうと カマをかけたら コ先生は ポロッと 本当のことを言ってしまった。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

第28話「孤独と真実」①(愛しているなら) «  | BLOG TOP |  » 第27話「嫁と姑」①(愛しているなら)

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。