topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第26話「十字架のネックレス」②(愛しているなら) - 2011.09.10 Sat

【ヨンヒ宅】
ヨンヒ母は 夜 ベッドで声を殺して泣いていた。
隣で寝ている夫は 気になって寝られないでいた。

【ドンフィ宅】
朝 大叔母が来て ヨンヒに ドンフィ父の病院へ行ったのかと 聞いてきた。
行っていないヨンヒに ドンフィに頼んで連れて行って貰い 徹夜で看病して 点数を稼いだら?と 変な入れ知恵をした。

この大叔母さん ちょっとトラベルメーカー的存在。
言いたいこと言って かき回しちゃう事あるよね。


【ドンフィ父の病院】
ヨンヒ父が ドンフィ父を訪ねて 病院に来た。

最近のヨンヒ母の様子から ヨンヒのことを心配してのことと思って 
父は何とかしようと ドンフィ父を訪ねたのでしょうね。
ヨンヒ父は 一見は 堅物かと思いきや 中々 細かいところに気が付く 優しいお父さんなんですね。


ドンフィ父の知らない 結婚式、日取りについて話すので ドンフィ父は少し驚いた様子だった。
ヨンヒ父は キリスト教の考え方を話した。
「特に 吉日を選ばず 事を実行するけれど 特に問題はない
 気にしなくても いいのではないか?」と 率直に話した。
そこに 祖母と大叔母が来た。
大叔母は ヨンヒ父の言い分に 真っ向から反対した。
ヨンヒ父は 仏教の見地からの物言いを 聞いていてけれど 
大叔母があまりにも 一方的な話しをするものだから 気分を害した様子。

ほらね! 後先考えず 余計なことを 話すものだから 相手に不愉快な思いをさせちゃった~

大叔母の話で その場の空気がちょっと 張りつめてきたので 祖母が やさしく話し出した。
「私たちが 娘さんの責任を取ります。」と 言ったとたん 
ヨンヒ父が 「責任を取るための結婚なら 娘を連れ戻します」と 言って 硬い表情に変わった。

以前 ドンフィ父との話の中でも この会話と同じような事を言った時 ヨンヒ父は 同じ事を言ったね。
責任を取る… 責任って? 
ヨンヒが何か悪いことをしたわけでもないのに 責任を取って結婚とは 親としては 承服しがたいと父は思ったのだろうか。


「2人は 神様が決めた夫婦
 教会で式を挙げているので 日取りの延期には反対しない」
と ヨンヒ父。
そこで 祖母。
「教会での結婚式は なかったものと考えている
 両親が健在なのに 2人だけの式なんて論外
 これからは ドンフィ宅のやり方に従って貰い ヨンヒが馴染める様に力添えをする」
と 
ヨンヒ父が 譲歩しているのに 仏教的考えを押しつけた。
「ドンフィには 改宗を強要しないので ヨンヒにも宗教の自由を与えて欲しい」と ヨンヒ父。
それに対し 祖母は
「一軒の家に 二つの宗教は好ましくない
 クリスチャンの嫁は 望んでいない」
と ヨンヒの宗教の自由を 否定してしまった。
尚も言う。
「嫁のために 家にもめ事が起こるのは困る
 ヨンヒも家出をしたということは 覚悟が出来ているのではないか」
と。

ヨンヒ父は 宗教の自由を否定され 話しにならないと思ったのか 
感情を抑えて 「失礼します」と言って帰って行った。

困ったな!どうしよう…

【ドンフィから電話】
電話が鳴る。
ドンフィから 父のお見舞いに行かないか…と 誘われる。
ヨンヒは おばあさまに聞いてみると言って 祖母に聞く。
祖母は電話を替わり 「明日退院するのだから 今日は独りで行く様に」と言う。
電話が終わっても ヨンヒと目を合わさず 一言も話さず 部屋へ戻る祖母。
ヨンヒは 眉間にしわを寄せて 祖母の後ろ姿を追った。

なぜ? 一日も早く会って 挨拶をすべきだと思うけれど…
やっぱり さっきの 祖母とヨンヒ父の攻防の影響だろうか…
ヨンヒは ますます孤立感を味わうことになった。


【ドンフィ父病室】
今日の ヨンヒ父との出来事を 妻と弟に話すドンフィ父。
ヨンヒ父の言った事に 幾分興奮気味の叔父は ヨンヒの実家のことは 忘れよう…と 言う。
父は 黙して語らず…  
そこに来たドンフィは ただならぬ 嫌な空気感を感じた。
cap003_20110911115625.jpg

【ドンフィ宅】
夜 祖母が ヨンヒを お参りに誘うが ヨンヒは返事が出来ない。
その時 ヨンヒがしている十字架のネックレスが 祖母の目に止まった。
「ずっと そのネックレスをしているつもりなのか」
「父からもらったものなので」
「その十字架の意味は?」
「イエス・キリストは 愛と神様の福音を人々に伝えてから 何の罪もないのに 杭を打たれて 十字架に磔になった」
「そんな十字架を ぶら下げているのか?」
「イエス・キリストは 私たちの罪を背負っている
 磔になって 信者は罪を許されることになった」

「自分の罪は 他人が代わりになるものではなく 自分で償うもの
 業は自分で消し去るもの」

「信じれば 神様がイエス・キリストを お遣わしになったことを 感謝して信じれば…」
「あなたは 嫁いできた以上 実家で身につけたことは忘れて!
 同じ宗教でも揉めるのに 違う宗教を信じていては 家族がまとまらない どうすることが家のためなのか よく考える様に」

ヨンヒは 次の言葉が出なかった

どうすることが 一番いいのか…
簡単には 答えが出ないでしょうね。
お互いに 譲歩しなくてはならない様な気がするけど…


【ヒョンチュン】
自分が起こした事故で 和解金をふんだくった男を 殴りつける。
「母さんを返せ 生き返らせろ」と 無理なことを言うヒョンチョン。

悔しい気持ちはわかるけれど 状況から見て それは 難癖を付けているとしか考えられない。

警察に捕まってしまう。

警察での取り調べの最中 持っていた高額の小切手を追究される。
事実を言っても 信じて貰えない。
前科があったり 住所不定 暴力沙汰…日頃の行いから 盗んだのではないかと 高圧的に言われる。

小切手について ヨンヒ宅に照会のため 警察から電話がかかり ヨンヒ父が出る。
妻の名前が出たので 調べて電話をすると言い 妻に聞く。
イ・ヒョクチュンの名前を聞いた妻は 曖昧な返答をしていたけれど 少しだけ事実を話した。
それを聞いたヨンヒ父は 朝食もせずに 警察署へ向かった。

さて…
どの程度まで ばれるのだろうか…
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

第27話「嫁と姑」①(愛しているなら) «  | BLOG TOP |  » 第26話「十字架のネックレス」①(愛しているなら)

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。