flower border

안녕하셨습니까? お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

第23話「新婚生活」①(愛しているなら)

Category<韓ドラ>愛しているなら
【ドンフィとヨンヒの家】
ドンフィが帰ってくる。
右手にギプス…
どうしたの?
バイト中に 転んだそうだ。

【精神科病院】
ヨンヒが この頃の様子を報告し 医師と話しをしている。
医師は 「ドンフィのことがイヤだったり 気まずかったり 怖くはないか?」と 聞いた。
ヨンヒは 微笑んで いいえと 答えた。

ドンフィと医師は ヨンヒに事について話しをする。
医師は 「回復が早い」と にこやかにドンフィに話した。
ドンフィは 聞いた。
「教会に依存しすぎではないか? 現実逃避ではないか?」と
医師は 
「信仰は治療に役立つ。
 押さえつけ 非難するのが 一番良くない
 夫婦生活は ヨンヒの心の準備が出来た時に。
 安心して眠れる様に 優しく接すること。」と アドバイスをくれた。

【ドンフィとヨンヒの家】
祖母が 尋ねてきた。
留守だったけれど 家に入って待つことにした。
暮らし向きを匂わす 家財道具を見て 祖母は驚いていた。
教会で写した結婚写真に見入って 大きくため息をつく祖母。
そこに ドンフィが帰ってきた。
ドンフィの姿を見て またも 大きくため息をついた。
自宅にいた時のドンフィではなく あまりにも変わってしまったので 落胆した様だ。

ドンフィは まず 心配をかけてしまったことを詫びた。
祖母は 
「父親が連れ戻しに来るわけもないのだから ドンフィの方から 家に帰り 謝罪し許しを請うべきだ
〝跡継ぎの嫁〝を 家に連れて帰ろう!
ドンフィが維持を張れば 父親の怒りも増す。
いますぐ 帰ろう!」と 語気を荒くして言った。
ドンフィは 今すぐに ヨンヒの環境を変えることは 病気に良くないことだと思い 少し待って欲しいと祖母に言った。

表で ヨンヒと祖母が出くわし 挨拶だけはしたけれど 厳しい顔で 祖母は言ってしまった。
祖母は 道すがら 
「父親を説得するから 次の法事までには 帰るように…」と言って帰って行った。

ヨンヒは 突然の祖母に訪問に 動揺していた。
ドンフィは 祖母は 「2人で帰っておいでと言っていたよ…」と言っても ヨンヒは 「1人で帰って…」と 表情を硬くした。
ドンフィは 「帰らないよ…」と言って ヨンヒを抱き寄せた。
cap001_20110903213953.jpg

【ヨンヒ母】
ソラから 電話が架かる。
ヨンヒの様子が知りたい母は 見に行くことにした。

ソラに案内されてきた町。
見たこともない町並みに 驚いた様子。
そして 物陰から ヨンヒの様子をのぞき見る母。
冷たい水で 米を研ぎ 冷たくなった手に息を吹きかける様子を見て 涙するヨンヒ母。
そこに ドンフィが現れ 2人の様子を見 会話を聞く。
ヨンヒは ドンフィに いたわられ 大事にされている様子に 胸が詰まった母。
声を掛けずに 戻ってきた。
ソラから 結婚式を挙げたことを聞いて 驚く母。

【ドンフィ宅】
ドンフィの母も ドンフィの暮らしを祖母から聞いて 言葉を無くした。
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment