topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第17話「春川の悪夢」②(愛しているなら) - 2011.08.17 Wed

【ヨンヒ宅】
ヨンヒ母に コ先生から電話が架かる。
夫の前と言うこともあり 電話には出られない。
後で架けると言うことで 電話を切る。
夫に 知られるのが 恐いヨンヒ母。
さて どうするのか…

【ドンフィ宅】
ドンフィ父が帰宅し 早速大叔母は友人の娘を ドンフィの嫁に…と切り出したが 今はその時期ではないと 取り合ってくれない。
大叔母は その娘の見合と就職を 約束した様なのである。
安請け合いをした 大叔母は 焦り気味… 困ったね。

【ヨンヒ宅】
ドンフィから電話がある。
ドイツの連絡先を尋ねられたが 教えられるはずもない。
母の指図通り 知らないと答えたソンヒ。
木曜日に アメリカへ発つ予定だと ドンフィは言った。

コ先生が尋ねてきた。
ヨンヒ母は 何を切り出されるのか 心穏やかではいられない。
ヨンヒ母は 若き日…未婚で産んだ幼子を抱いた 自分を思い出していた。
そして その子を コ先生に預け 立ち去ったヨンヒ母だった。
同じように コ先生も 思い出していた。
音信不通にした理由を 会うことが 恐かったと ヨンヒ母は 弁解した。
とにかく 過去の事は 忘れたかった様だ。
しかし コ先生の訪問の理由は その子…ヒョクチュンのことだった。
聞きたくないと ヨンヒ母は 帰って貰おうとしたが コ先生は 引き下がらなかった。
今までの ヒョクチュンの経緯を話すコ先生。
今の ヨンヒ母の生活を壊すつもりはない…と 前置きして話し始めた。
・ヒョクチュンは 実の母を知らない。
・コ先生の親類と 養子縁組をした事。
・中学の時 父を亡くし苦労したこと。
・病気の母を乗せて 運転中に 人身事故を起こし 和解金を払えなくて拘置所にいること。
・頼る人がいなく お金が必要なこと。
などを 話したが ヨンヒ母は 何も出来ないと 答える。
その返答を聞いたコ先生は 呆れた顔で ヨンヒ母を見た。

まぁ~ なんて自分勝手なのでしょう!
困った時には 頼ったくせに 自分の子供なのに 助けられないなんて!

【春川】
ドンフィの大学に電話を入れると 木曜日にアメリカに出発することを教えられる。
ヨンヒは 家にも帰ることが出来ないし ドンフィを止めることも出来ないと どうしたらいいのかと 悲嘆にくれる。
ヨンヒの友人ソラが 気分転換にと 誘ってくれるけれど そんな気にはなれず 留守番をする事にする。

ソラは 彼(ジンス)の誕生日を祝うため 町にいた。
ソラを 待ち伏せしていた横恋慕する男…チェ・ガンホがソラの彼と 殴り合いになってしまった。
ソラは ガンホに平手打ちをし 手厳しく嫌いな理由を言って その場を去った。

ガンホが 酔ってフラフラしながら ソラの家の近くに来ていた。
ソラの彼が 突然来て ソラを連れ 外へ行ってしまった。
そこへ ガンホが 侵入してきた。
ソラだと勘違いして ヨンヒを無理矢理 抱こうとした。
ヨンヒは 抵抗したが…
事を終えたガンホが 力なく横たわるヨンヒを見て 驚く。
あわてて家を出て 走り去った。

【ヨンヒ宅】
嫌な夢を見たと ヨンヒ母は 急に起きあがった。
ヨンヒ母は 親子の縁を切るなんてムリなことだと夫に言う。
夫は ドンフィに娘を頼むと言えばいいと 言うが…
その時 初めて ドンフィとヨンヒが 一緒ではないことを夫に告げた。
その事を聞いた夫は 声を荒げて ヨンヒの行方を聞くが 妻も知らないのだからしょうがない。

【ドンフィ】
ドンフィに会いに ソ・ユンジュが来た。
チョンイル乳業に 就職することなどを話した。
cap003_20110817210436.jpg

【春川】
翌朝 ソラが 帰ってきた。
そこには 手首から血を流し 意識のないヨンヒが 横たわっていた。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

第18話「ゲートを越えて」①(愛しているなら) «  | BLOG TOP |  » 第17話「春川の悪夢」①(愛しているなら)

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。