第17話「春川の悪夢」①(愛しているなら)


【それぞれの朝】
冬の朝 水辺を 散歩しているドンフィ。
肩を落とし すっかり 元気を無くしている。
cap002_20110814230421.jpg

ヨンヒも 重い荷物を持ちながら 歩いていた。

【ヨンヒ母】
ヨンヒ母は まだ 平常心を取り戻していなかった。
居場所を突き止めようと ドンフィ母に 会う。
しかし ドンフィは お寺にいるし ヨンヒとは一緒ではないと 話しても 聞く耳を持たないヨンヒ母だった。

【お寺】
ドンフィは 薪割りに精を出していた。
気持ちの整理が付かない様で 落ち着かないと 言う。

【友人との再会】
ヨンヒは 友人のソラと 再会した。
そして 泊めて貰うことにした。
その時 ソラは 顔を伏せて 隠れる様にした。
というのも 前の会社の同僚の男に つきまとわれているというのだ。
ドンフィの事を相談したら ドンフィに会うべきだ…と ソラは言う。
3日後に ソウルに 一緒に行こうと 言ってくれた。
その言葉に 力を貰い そうしようと思う ヨンヒだった。

【コ先生と…】
ドンフィは母 コ先生と 会った。
ヨンヒ母の 最近の様子を伝え 肩の荷が重いことを話した。
しかし コ先生は 「ヒョクチュン」の事の方が 深刻だと 表情を硬くした。
「ヒョクチュン」とは ヨンヒ母が産んだキムせんせいの子供のことだ。
コ先生は ヨンヒ母の 若い頃 子供を産んだ経緯を話し始めた。
コ先生は かわいそうに思って その子を引き取り 自分の親類の養子に出した…と 教えてくれた。
ヨンヒ母には アメリカにやったと伝えたそうだ。
しかし ヒョクチュンは 事故を起こして拘置所にいるというのだ。
その上 母親は重病で入院中 父親はヒョクチュンが中学の時に亡くしたということだ。
最近2人でソウルに来たばかりだった。
ヨンヒ母宅に 迷惑をかけるつもりはないが 援助を頼めないかと思って連絡を取ろうとしていると 話した。
それを聞いたドンフィは母 連絡先を 教えようと思った。

【ドンフィ宅】
大叔母が 来ていた。
知り合いの娘さんを チョンイル乳業に就職をさせ ドンフィにお見合いをさせようという 魂胆の様だ。

【チョンイル乳業】
社長であるドンフィ父の所に 副社長が尋ねてきた。
同郷の友の娘「ソ・ユンジュ」が留学から戻ったので 就職させたいとドンフィ父は言う。
そんなところに 本人が来た。
ドンフィに会いたいので お寺に行くと言う。
 2011_08_14

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

くろックCute DC01

Shinyang ssi's Birthdayまで

貴方が重ねる日々…健やかでありますように★彡

☆お祈りします…❤

생일까지 며칠

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


B
A
C
K

T
O

T
O
P