flower border

안녕하셨습니까? お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

第16話「夜汽車に乗って」②(愛しているなら)

Category<韓ドラ>愛しているなら
【ドンフィ宅】
ヨンヒ母から聞かされたヨンヒの失踪が 気になり 寝付けないドンフィ母。
そんな時 ドンフィの友人のジェヨンから 電話が架かる。
酔いつぶれたドンフィを 泊めてくれるという。
お寺にいるはずのドンフィが どうして そこにいるのか 心配が募る母であった。

一方 ドンフィの家の前で ドンフィを待っていたヨンヒであったけれど 家の灯りが消えたので ここで待つことを諦めた。
町中の 安い旅館に 泊まることにした。

【ヨンヒ宅】
ヨンヒの母は 体調が悪く 伏せっている。

【お寺】
朝 ドンフィ祖母は ドンフィの帰りを待っているが まだ戻らない。

【ヨンヒ】
ドンフィとの思い出の 公園に来ていた。
数か月前の会話を 思い出していた。

【ヨンヒ宅】
夫は ヨンヒのことは忘れなさい…と 妻に言う。
あんなに 強硬に反対していたのに もう 仕方がないから 諦めたのかしら?

【大使館前】
今日 大使館前で 会おうと 約束していたヨンヒは ドンフィを待っていた。
しかし ドンフィは 来ない。
昨夜酔いつぶれたので 友人のジェヨンが 面接の延期を申請していてくれていた。
待っていても来ないドンフィを心配して ヨンヒは自宅へ電話を架けた。
ドンフィ母は…
「ドンフィはお寺へ行って ヨンヒを忘れる決心をした…
 だから あなたも忘れて! 後は あなた次第よ
 今は つらくても お互いのためだと やっと ドンフィも決心したの
 あなたも 心を決めて ドイツに行って
 両親も とても心配している
 縁がないから うまくいかないの
 あなたさえ決心すれば みんなが楽になるから 息子を忘れて…
 ドンフィの将来を考えて 忘れるのよ
 分かってくれる?」
ヨンヒは 「ハイ…」と 答えた。
言葉は優しいけれど 胸に 突き刺さったことでしょうね。

【ドンフィ】
面接は受けないけれど 大使館前に来た ドンフィ。
そして ヨンヒと同じように 雪の降る公園にも行ってみた。
2人は すれ違ってしまった…
cap001_20110814214703.jpg

【お寺】
ドンフィは お寺に戻った。
お婆さんの前では 大丈夫と 言ったけれど その笑顔は 精細を欠いていた。

【夜汽車】
ヨンヒは 友だちを頼り 夜汽車に乗った。

【お寺】
ドンフィは 祖母と 枕を並べて寝ていたが 寝付けずにいた。
それで 仏前でお祈りをする事にした。
一心不乱に お祈りを続けていたドンフィ。
ついには フラフラになり そして ついに 倒れてしまった。

0 Comments

Post a comment