topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第13話「通話記録」②(愛しているなら) - 2011.07.31 Sun

【ヨンヒ宅】
ヨンヒは ソンヒが会った見合相手に 今も会っていることを知って ソンヒにどういうつもりか聞いた。
いつかは ばれて 問いつめられると ドンフィとのことにも及ぶと 心配なのだ。
ソンヒは 深く考えていなく おもしろがっている。

【ドンフィ宅】
ドンフィ母が ドンフィに ヨンヒ宅の電話番号を聞いてきた。
ヨンヒ母の友人が 電話番号を聞きたがっていると ドンフィに話した。

【ドンフィ母が ヨンヒ母に電話を架ける】
突然の電話で ヨンヒ母は 不快に思っている。
電話の真意… コ先生が ヨンヒ母を捜していることを伝えると ビックリし 動揺していた。 
会いたいのなら 連絡をして下さいと 言い 電話を切った。
ヨンヒ母は 険しい顔をしていた。

【ソンヒの怪我】
ソンヒが 見合相手 カン・ミンスに 乗馬を習いに来た。
無理をしたソンヒが 落馬してしまい カン・ミンスが ソンヒ母に 電話を架けた。
「ヨンヒさんが 怪我をした」と…
病院に急ぎ駆けつけた母は ヨンヒは何処?と 聞いた!
万事休す… ばれてしまった!
ヨンヒ母は ヨンヒが ポケベルを持っていたことから 電話会社に行き 通話記録を調べた。

【チョンイル乳業】
ドンフィと ヨンヒが 会って話しをしている時に 誰も知らないはずの ドンフィのポケベルが鳴る。
ドンフィは 電話を架ける。
ヨンヒ母が 架けたものだった。
そこに出たのは ドンフィ… その声を聞いたヨンヒ母は 唖然とした。

ドンフィとヨンヒとの会話
「どうすれば 君は幸せになれる?」
「貴方は?」
「一緒に留学したい 
でも両親のことが 気がかりだろ?
君が待てるなら ムリは言わないよ 」

「あなたは 親が気にならないの?」
「… 婚姻届だ」と 突然ヨンヒの目の前に出した。
ヨンヒは 目を丸くして それを まじまじと見た。
「僕に一人で行けというなら これを破り捨てる
 待つ自信がないなら これを出しに行こう」
ヨンヒは あまりにも急なことなので 何も答えられずにいる。
ドンフィは ヨンヒの手を取り「どうする?」と 迫る。
cap002_20110731134950.jpg

ヨンヒは目を伏せていたが ドンフィを見上げ 思い切った様に 話し始めた。
「ドンフィさん 私を愛してる?」
「もちろん!」
「じゃあ 一つだけ お願いを聞いて
 今週末 教会に行って 教会に通うと 父に約束して欲しいの」

「それで 結婚が許されるの?」
「きっと 父は 許してくれるわ
 私が キリスト教の信仰を守れば 反対はしないわ」

「お母さんは?」
「父が許せば 母だって…
 おばあ様が知れば 悲しむのは分かってる
 仏様のおかげで 授かった長男が 教会に通うなんてイヤに違いないわ
 だから 内緒で行って… ダメ?」

「どうしたらいいのか分からない…」と ドンフィは席を立った。
「私を愛しているなら 父と約束するくらい簡単なはずだわ」
ドンフィは 大きくため息をつきながら 思案に暮れている。
「分かった 教会に行くよ 
お父さんに約束する」

cap003_20110731134949.jpg

「ありがとう」と ドンフィの手を取り 頬ずりするヨンヒ。
「だけど あまり 期待するな
 お父さんは 父に会わなかった」

初めて この事を聞いたヨンヒは 何のことなのか分からないので ドンフィに尋ねた。
ドンフィの父が ヨンヒの父と会おうとして 約束の電話をしていたことを ヨンヒは知らなかった… 
そう… ヨンヒ母が 握りつぶしていたのだから。
ヨンヒが「婚姻届だしましょう」と 意を決した。

【一人考え事をするヨンヒ母】
突然 ドンフィ母から コ先生が会いたいと行っていると 言われたことを 思い出していた。
若い頃 自分が産んだ子供のことを 思い出したのね。
そして ヨンヒの 通話記録…
頭が 痛いことが 二つも起きて 途方に暮れる。

ヨンヒ母は ドンフィ母に 会いたいと 電話をかける。

【外で互いの母が会う】
2人が会っていたことを 知っていたかとヨンヒ母は ドンフィ母に聞く。
知っていたとドンフィ母が言うと ヨンヒ母は 責めた。

ヨンヒ母だけを責めるのは お門違いじゃないの…
自分だって もっと 手を尽くして 阻止するべきではなかったのかしら…
交際って やっぱり 男主導って 見られがちだけれど 必ずしも そうではないと思う。
どちらかと言えば 女側が 被害者意識を 持つけれど どちらか一方だけが 悪いわけではないはず…


ヨンヒの母… 凄い
ヨ:「私がヨンヒの母と 知りながら 何で2人を放っておくの?
   私の娘を 嫁に出来るの?」
ド:「私も あなたの娘を嫁には できません」
2人に火花が散る…って言う感じ
ヨ:「貴方だけじゃない 
   私だって苦しみ抜いたわ 
   私たちは 2人とも被害者なのよ
   忘れていたのに 貴方の息子が 現れたせいよ」
勝手な言い分だわ…
若い時に起こした過ちが無ければ こんなにこじれることは無かったんじゃないの…
すべては 互いの母が起こした過去の出来事が 息子・娘を苦しめているんじゃないかしら…
あなた達 2人が 悪いと思うけれど…
どう見ても 被害者意識の高いのは ヨンヒ母の様な気がするが 私は そうではないと思うが…


【ヨンヒ母の回想】
若い頃のヨンヒ母
川辺で 腰掛け 錠剤を多量に飲む…
赤ん坊を抱き 教会の前に佇む…

【ドンフィ宅】
帰宅した夫に ドンフィの留学を急がせたいというドンフィ母。
ドンフィのことで もうこれ以上 悩みたくないと 暗い表情で言う。
「あんな息子は 見たくない!」って ドンフィ母 勝手じゃないの?

【ヨンヒ宅】
帰宅した夫に ヨンヒが架けたドンフィへの通話記録を見せるヨンヒ母。
興奮して話す妻に対して 夫は「簡単に別れるはずがない」と。
そして 身代わりお見合いのことも 打ち明ける。
ヨンヒを ドイツへ留学させると ヨンヒ母は 息巻く。

宗教だけではなく 母親の過去の出来事によるしがらみにより この結婚はこじれていく。
若い頃のつけが 今頃になって 互いを苦しめる…

『因果応報』っていうことか…
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

第14話「希望の光が…」①(愛しているなら) «  | BLOG TOP |  » 第13話「通話記録」①(愛しているなら)

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。