第11話「初出勤の朝」②(愛しているなら)


【ヨンヒ宅】
面接試験から 帰宅したヨンヒに 母は また 見合の話しを持ちかけた。
勿論 ヨンヒは 仕事に専念したいからと拒否した。
そして ドンフィに会っているのかと聞かれたが うまくごまかした。
 
ヨンヒ母は ヨンヒが働き始める前に 家族旅行に行こうと夫に提案した。
ヨンヒ父は 頷いた。

【ドンフィ宅】
ドンフィは ヨンヒに ポケベルにメッセージを入れた。
英会話の勉強…と おちゃらけて 英語で 
「昔々 あるところに王子と 白雪姫がいました。
 王子と白雪姫は 相思相愛でした。
 でも 魔女が 二人を邪魔しました。
 白雪姫は 王子を捨てて 魔女と城に行きました。
 王子は白雪姫を救おうとしましたが 
 不幸にも 七人の仲間がいませんでした。
 王子は 大いに 悲しみました。」
と メッセージを入れました。
自分たちのことを なぞらえたのかしら?
Shinyang ssi… 英語上手だね。
この頃から 勉強していたんだね。
日々の努力は 続けて行かなくてはね!
私も 頑張らねば!


【ヨンヒの家族旅行先】
ヨンヒの両親は すっかり ヨンヒの作戦に嵌っていた。
ヨンヒのしたことを 子供だから 理解して欲しいと 母は夫に言う。
父は 育て方を間違ってしまった…
信仰心を与えられなかった…と 言うのだった。

旅先で 誕生日のお祝いをして貰った父。
最近のことで 自分の誕生日を忘れていたのでしょうね。
不意の出来事で 面食らった様子。
ヨンヒからのプレゼントは 手編みのセーター。
父は とても 嬉しそう。

父親って 娘には 弱いものなのね。
Shinyang ssi…も きっと そうでしょうね。


【初出勤の朝】
ヨンヒの初出勤の朝
互いに同じ目覚まし時計で目覚め ドンフィは ヨンヒの家の近くで待ち
バス停まで ヨンヒを送った。
ヨンヒが車から降りようとした時 ドンフィの悪戯心が目覚めた。
タクシー代を払わずに降りるの?と言うドンフィ。
いくらなのか?と聞くヨンヒに 頬を指さし キスをせがむドンフィ。
恥ずかしがるヨンヒに ドンフィは車のロックをして 降ろさせないようにする。
仕方がないヨンヒは 頬にキスをしようとしたら ドンフィは くるっと45度向き直り 唇にキスをする格好になった。
cap002_20110727004005.jpg
cap003_20110727004004.jpg

ほんとに お茶目なんだから…

【チョンイル乳業】
バスが着いて 降りたヨンヒが ドンフィの父…社長の車の前を通り過ぎた。
 
ニアミス
いつか ドンフィの父にも ばれて 叱られる時が来るのでしょうか…
 2011_07_27

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

くろックCute DC01

Shinyang ssi's Birthdayまで

貴方が重ねる日々…健やかでありますように★彡

☆お祈りします…❤

생일까지 며칠

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


B
A
C
K

T
O

T
O
P