flower border

안녕하셨습니까? お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

 第5話 「座り込むヨンヒ」②(愛しているなら)

Category<韓ドラ>愛しているなら
【ドンフィ宅】
ドンフィは 酔って帰宅した。

ヨンヒから電話が架かる。

ヨンヒ: ごめんなさいと 謝った。
ドンフィ: 反対されていることを 話してくれなかったことを 聞いた。
ヨンヒ: 要領よく対応していたら ここまで こじれなかったのに…と言い、父を理解して欲しいと 言う。
ドンフィ:お父さんの立場は理解出来る。結婚は 当人だけの問題ではない。宗教のことを軽く考えていた…と話す。

明日の12時 公園で会う約束をして 電話を切る。

【ヨンヒ宅】
翌朝 昨夜の ヨンヒが 心配だったのか あまりの酷い物言いを反省したのか 父は 妻に ヨンヒと 買い物に行って 気晴らしを促す。

【ドンフィ宅】
祖母が ドンフィを 呼んで 話しをする。
先方に気に入られていない様子を 察知して この結婚はやめて欲しいと 本音を漏らす。

【公園】
つがいの水鳥を見て ため息をつく ヨンヒ。

ドンフィが これまで 外出禁止だったことを 大変だっただろうと ヨンヒを慰めた。
ヨンヒは そうではない… 結婚前に父のそばにいるためだった…父が穏やかな気持ちでいられる様に家にいた…と 言う。
なぜ?どうして 反対されていて 外出禁止になってしまった…と 言えないのだろうか
父を かばう様なヨンヒの言葉
ドンフィを 愛しているなら 違うのではないだろうか… その言葉!


唐突に ヨンヒが 「別れるべきなのかも…」と 言い出した。
その真意は ヨンヒのことで ドンフィが辛い思いをしているから いっそ 身を引こう…と 考えてのことの様だ。そして 父のことを考えると 辛いとも言う。
ヨンヒの発言は どうも 父を 擁護していることばかり…
そんなに 父のことが 気がかりなのか?
好きな人と 一緒にいたいなら 一番は ドンフィではないの?
私には わからない…


ドンフィも 自分たちのことばかり 考えていた…と 反省の言葉…。
一人で留学して その間 待っていてくれるか…と 問う。
ヨンヒは 答えなかった。

【ヨンヒ宅外】
二人 戻ってきた。
一旦 別れる…背を向けたヨンヒは 涙ぐんでいる。
直ぐに 戻ってきたドンフィ。
そして ヨンヒを 力強く ひしと抱く。
cap001_20110707225957.jpg

ヨンヒ:「待つのは平気。でも 一人残されるのは 堪えられそうにない。」
ドンフィ:「一緒に行こう」
改めて 抱きしめるドンフィ。

【ヨンヒ宅】
夕方 帰宅した父が ヨンヒの部屋の電話を 外し 電話も取り次がないようにと 妻に言う。
そして 自身は 断食祈祷を するという。
すごい 執念だ。

宗教とは そんなに 頑なものなのだろうか?
相手を 理解し 愛しむ心を育てる…
そんな 温かい心を 持つために 心のよりどころにするのが 宗教ではないのかしら?
反発し合い 理解し合えないもの?
分からない…
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment