flower border

안녕하셨습니까? お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

第2話 「父がくれた髪留め」①(愛しているなら)

Category<韓ドラ>愛しているなら
ドンフィの父は MBAを取ったら すぐに帰るようにという条件で 留学を 認めてくれた
胸をなで下ろした ドンフィ

ヨンヒの父は 髪留めを 娘にプレゼントした。
日本では 髪留めをプレゼントする父親は あまりいないでしょうね。
それから 娘の髪を 髪留めで 止める父親も…


怪我をした弟ムン・ジョンフィは 足を引きずりながら 助けを求めて 歩いていた

ヨンヒは ドンフィに まだ 両親に結婚の話しをしていないと 打ち明けた。
ドンフィは 祖母が 会いたがっていると 自宅へ誘う
8時までには 家に戻らなければならないヨンヒは 気が進まなかったけれど 
ドンフィに手を引かれ ムン家へ 向かう事になった。
その時 父からもらった髪留めを 落としたことに気が付かなかった

ドンフィの父は ドンフィの留学のことを 祖母に話した
祖母は 結婚させてから 留学させたら…という提案をした
父は その提案を 受け入れることにした

ドンフィはヨンヒを連れて 帰宅した
老姉妹は ヨンヒを質問攻めにした。
ヨンヒは 答えられないことが多く まごまごしている
夕食の時も ヨンヒのお祈りを ドンフィの家族は 珍しそうに見ていた
どうも 食事も 口に合わない様子…
帰りがけ ヨンヒは 今夜の失敗を 悔いていた
ドンフィの家族は ヨンヒのことを 話していた
祖母は 法事をおろそかにする家は ダメになる…と 法事のことを気にかけていた
総じて 性格はいい様ではあるが 
しきたり・習わしが 出来るか出来ないかについては あまり良い感じではない様子
仏教の家と キリスト教の家との 婚姻は 難しいと言わんばかり…


ヨンヒ宅では 父が 遅いヨンヒの帰りを外に出て 待っていた
そこへ 8時ちょうどだ…と息を切らして ドンフィとヨンヒが 帰ってきた。
ヨンヒは ドンフィ宅での失敗を 悔いていた
ドンフィは なだめた
「この広い宇宙に浮かぶ地球で 
 悠久の時の中 同時代に 巡り会った妻に捧ぐ」

ヨンヒに 巡り会えた幸せを ドンフィは 伝えたのだ
人との出会いって 分からないものですよね
少しの 時間のずれで 出会わないかも知れないのですから
私も Shinyang ssiとの出会いは そうなのです
出会わせてくれた人と 食事を 一緒にしなかったら 
きっと 今も 知らぬままでしたでしょうね 
本当に その方には 感謝しています


そして「君を 愛してる」と ヨンヒを抱きしめた
今夜 結婚と 留学の事を 話してくれる様にと 約束した


cap001_20110625155208.jpg
こんな風に まっすぐに 男性から見られること 最近ありませんねぇ
直視に 堪えられなくなって 久しいので いいんですけれど…アハッ


0 Comments

Post a comment