flower border

お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

Bonus round 銭の戦争 第3話  ④

Category<韓ドラ>銭の戦争
詐欺女から電話が架かってきた。
どうやら 網にかかったようだ。
あの本を 売って欲しいというのだ。
1億3千Wで買うと言う。
ナラ扮するロシア人は 先に約束した人がいるから1億5千Wでも 売らないと言う。
詐欺女は どうしても手に入れたくて 付きまとうが ナラは 首を縦に振らない。
cap004_20100714230535.jpg

ある日 詐欺女の携帯に ナラ扮するロシア人から電話が架かる。
じらしていた本を 詐欺女に1億3千Wで 売ることにしたのだ。
やったぁ~ まんまと 詐欺女からお金を もらったよ。
少し後で ナラは その本が本物かどうかの見分け方を教えるために 詐欺女に電話をかけた。
cap005_20100714230534.jpg

それが 奇想天外でぇ~
火を付けても 火に燃えない 本物のロシアの本だというのよ…
そんな本 あるわけないよね。本は紙で出来ている以上 燃えます!!!!!
その上 チョルスが マグネシュームの粉を塗っておいたから 
火を点けたら 一瞬で燃えることになっているらしいです。
さて… 詐欺女は 火を付けるだろうか?
……………………
バカだね~ 点けちゃいました~アハハ~ (o`∀´o) 燃えちゃいましたねぇ~
 
というわけで ドンポ社は 1億Wを回収出来たし 保険社員は担保物件を取り戻し 一件落着です。

チン会長と ヤン・ボングが 会い 互いを牽制する。

少し前 ドンポ社で倒れた男がいたよね。
その本当の借り主(婚約者)が 経緯を話してくれた。
6年前 担保がなかったけれど 顔が担保だと言って 貸してくれた。
外国に行っていたので 返しそびれていて 心苦しかった。
返そうとして 男が代わりにドンポ社を訪ねようとしたのだが ヤン・ボングにやられてしまったのだという。 
その女は 一時 ヤン・ボングの女だったと話した。

ヤン・ボングは ナラと ハ・ウソンを呼び出し 一席を設け 二人を引き入れようとした。
しかし 二人とも ヤン・ボングとは 手を組みたくはなく 少々攻撃的な言葉で拒否する。
それを聞いた ヤン・ボングは 手下を使い 暴力に打って出る。
cap006_20100714230532.jpg
現代版…「呉越同舟」かな?

乱闘から逃れ 事務所に戻ってみてびっくり。
事務所が ひどく荒らされていた。
誰の仕業か… スヨンは何処へ?

0 Comments

Post a comment