flower border

お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

インタビュー 7 メソッド演技法

Categoryshinyang ssi
メゾット演技法

Shinyang ssiが 演技を話題にする時 耳にする
『メソッド演技法』と 言う言葉。
よく知らなかったので 調べてみました。
そしたら Shinyang ssiの 演技のベースにあるのは
まさに この事のようです。

演技とは 感覚 感性 フィーリング でするのではなく
学んで 分析し 積み上げて 行うものなんですね。
理論を学び 裏付けされた演技を 私たちに見せて下さっていたのですね。
(素人が たいそうなこと言って すみません!)

Shinyang ssiを 慕うのなら どんなことなのか理解しなくては…
と思い 調べてみて すこ~しだけ わかった様な気がします。

Shinyang ssiは だから 演技の学校を 作りたいのですね。
益々 応援したくなりました。

それでは… 少~しだけ 調べたことを 紹介します。

アクターズ・スタジオ(俳優養成所)
1947年 創設 
1949年 リー・ストラスバーグ 芸術監督
1952年 リー・ストラスバーグ 運営責任者
  
リー・ストラスバーグ
俳優 演出家 演技指導者
 メソッド演技法の確立
    

教えた有名俳優
ポール・ニューマン アル・パチーノ マリリン・モンロー ジェーン・フォンダ 
ジェームズ・ディーン ダスティン・ホフマン ロバート・デ・ニーロ ジャック・ニコルソン
スティーブ・マックイーン マーティン・ランドーなど

主演作
『ゴッドファーザーPARTII 』でのハイマン・ロス役が有名。
この演技で彼はアカデミー賞のノミネートを受けた。
監督のフランシス・フォード・コッポラは
「この人に演技指導するのだけはためらった」と後に語っている。

育成方法
モスクワ芸術座の演出家、「コンスタンチン・スタニスラフスキー」が構築した演技理論
スタニスラフスキー・システム」を採用
この育成方法を基に独自の「メソッド演技法」を確立。
特色は、役作りの上で演技者の実生活での体験や、役の人物の内面心理を重視する点にある。「メソッド」を習得した出身者達の自然体でリアリティのある演技は
ハリウッドに新風を吹き込み、アクターズ・スタジオの名声は、より高いものとなった。
 
有名出身者
アル・パチーノ アンジェリーナ・ジョリー ジェームズ・ディーン ジェーン・フォンダ
ジャック・ニコルソン スティーブ・マックイーン ダスティン・ホフマン ポール・ニューマン
マーティン・ランドー マーロン・ブランド マリリン・モンロー ミッキー・ローク
メリル・ストリープ ロバート・デ・ニーロ 大地康雄 他多数
 
コンスタンチン・スタニスラフスキー   
1863年 生まれ
ロシア・ソ連の俳優 演出家。
1898年 モスクワ芸術座の結成
1928年 心臓病のため 俳優廃業
  
彼の教育法は、スタニスラフスキー・システムと呼ばれ 世界的に多大な影響を与えた。
スタニスラフスキー・システムとは…彼が提唱した演技理論。
背景に フロイトの心理学があると言われる。
よりリアルな演技のために提唱された理論
1934年にソヴィエト連邦によって公認された。
20世紀の演劇論に大きな影響を与えた。
これに忠実だった代表的な俳優にマーロン・ブランドがあげられる。

メソッド演技法
メソッド演技の特徴
担当する役柄や劇中での状況やその感情に応じて、より自然な形で演技を行う。
メソッド以前の演劇は、役者は役作りや演技を行う際は、
発声や仕草、パントマイムなどのテクニックを使用し、感情や役柄の表現を行っていた。
メソッドでは、そうした形式的で表現主義的な演劇手法と距離を置き、
より現実と近い、自然な演技を追求している。
演技をする過程においては、担当する役柄について徹底的なリサーチを行い
劇中で役柄に生じる感情や状況については 
自身の経験や役柄がおかれた状況を擬似的に追体験する事によって 演技プランを練っていく。

代表的なメソッド演技
映画『波止場』で兄から銃を突きつけられ、なだめようとするマーロン・ブランド。
『エデンの東』で父親に泣きつくジェームズ・ディーンの演技が知られる。
 
歴史
1950年代
「アクターズ・スタジオ」出身のマーロン・ブランド、ジェームス・ディーン、ポール・ニューマンらがスクリーンに進出。
「理由なき反抗」や「乱暴者」といった映画に主演し、これまでの既成概念にあてはまらない自由で、刺激的な演技を披露。
生々しい彼らの演技は、若い世代の観客の支持を集め、新しい時代の地位を確立。

アクターズ・スタジオ出身の俳優が人気を集めるにつれ、メソッドに対する関心も深まった。
マリリン・モンローが自らアクターズ・スタジオを訪問し ストラスバーグの指導を受け 
演技派女優として開眼するなど既成のスターもメソッドに対する認識を深める。

1960年代後半
ダスティン・ホフマン、ロバート・デニーロ、アル・パチーノらがスクリーンに進出。
「メソッド」はアメリカ映画、演劇を担う演劇方法、理論としての役割を確立した。 

2 Comments

華織  

こんばんは♪ 読んでなるほど~っと勉強になりました。
BS-2で時々放送される「アクターズ・スタジオ インタビュー」が好きです。
恒例の10の質問?でしたっけ?シニャンさんなら何て答えるのかな~なんて想像すると楽しいです♪

2010/06/21 (Mon) 19:49 | EDIT | REPLY |   

dayankeiko  

Re: 残念です

こんばんわ~ 華織さん!

私 BS-2が みられる環境でないので 残念です。
そんな放送があるんですか。
みてみたいですね。

Shinyang ssiが 好きだとおっしゃった
ショーン・ペン氏の映画を 見始めました。
たくさんあるので 色々見て
Shinyang ssiが どんなところが好きなのか
想像してみようと 思っています。

今は 「アイ・アム・サム」を
念入りに 見ています。

コメント ありがとうございました。

2010/06/22 (Tue) 00:46 | REPLY |   

Post a comment