topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Vol.1【韓国・全州の音(Sori)“Sori Sound of Voice & Music”】全州への道のり編 - 2010.05.31 Mon

5月21日

朝…と言うには 少し早い 3時30分に 起床し シャワーを浴び 身繕いに取りかかる。
髪の毛を 整え
着物を着て
お化粧をし
荷造りをし
朝食を済ませ…
いざ 空港へ

7時35分までに 31番カウンターにて受付をしなければならない。
そこへ 向かう途中に 懐かしい友の顔が見えた。
韓国へ向かうんだ…ということが 急に現実味を帯びてきた瞬間だった。
そこから 航空会社のカウンターへ向かい そこで 友と旧交を温めた。
そこの場所で 新しい出会いもあった。
Shinyang ssiを 慕う人達は どの人も いい人たちばかりだ。

この日 名古屋は 朝から 少々暑かった。
私だけだろうか… 気持ちが高ぶっている所為だろうか…
夏の着物を着ていたけれど 少し 暑かった。

大韓航空機を利用する人達が 列を作り出したので 私たちも 列に付いた。
私は 2度目の 韓国。
Shinyang ssiが 導いて下さった韓国。
こんなに 幸せでいいのかしら…と 思いながら 並んでいた私だった。

荷物を預け
搭乗手続きを済ませ
保安検査場をくぐり抜け…
 そこで 私は 止められた。
 着物を着ている時は いつもだから 
 「あぁ… やっぱり!」と 思った。
 着物を着る時に使っているモノの中に 金属の留め金があるのだ。
 それが いつも 反応してしまう。
 履き物を脱ぎ 金属探知器を 体をなめるように あちこち すべらせていく。
 音がしたところで 検査員が 体を触る。
 いつものことだから 驚きはしないが 一つだけ 国内と違うことがあった。
 足袋のこはぜにまで 反応したことだ。
 さすが 国際空港… と 思った。
 もちろん 何もなく おわり…
出国手続きも終え
出発ロビーへと 進んだ。

それほど 混雑はしていなかった。
機内へ案内のアナウンスがあるまで 友と お茶を飲みながら 時を過ごした。

時間になり 機内へと 進み 
9時35分 韓国仁川空港へ向けて 中部国際空港を飛び立ったのでした。
フライト時間は2時間。
今回 中部国際空港で初めてあった とても上品な方と 
その間中 ずっと話しをして 2時間のフライトを快適に終えた。
Shinyang ssiの事を話題にしていたら あっという間の 時間だったように思う。

仁川空港で 3万円ほど両替をして ロビーに出た。
そこには 既に 着いている人達が おられた。
懐かしいお顔が そこにはあった。
ひとしきり ご挨拶をして まだ 着かれていない方々を 待つ。
それにしても 暑い…。
大丈夫だろうか… 失敗だったか… と 正直 不安がよぎった。
後発の人達も 集合し バスへと移動する。
仁川空港は 大きい。
移動するためにかなり歩いた。
汗が にじむ。
そして 表に出た。
暑い… じりじりと 暑い… そんな形容詞が合うような暑さだった。
4号車… 私は このバスに乗り込む。
車内は 冷房が効いていたので 程なくして 快適に過ごせた。
4号車の ガイドさんは 「朴 英美」さん。
とても 的確な説明で ウィットに富んでいて 楽しい方でした。

仁川空港を後にし 一路 全州へと バスは 滑り出した。
Shinyang ssiの映像が 流された。
「パク・シニャン号の機長 パク・シニャンより ご挨拶致します。」と
  ・携帯電話は運行の妨げにならないので 使用しても構いません。
  ・美しい乗務員が 機内食を配るので 美味しく食べて下さい。
   全州への車中1
  ・お休みになりたい方は お休みいただいても 構いません。
  ・シートベルトを して下さい。
  ・トイレ…は ありませんので ご利用になれません。
   全州への車中2
   全州への車中3
   全州への車中4

  … など 楽しげに 私たちに 機長から アナウンスがありました。

お弁当と 水が 配られ お腹が満たされた後
辺りの景色に目を向けましたところ 車が 妙に多いことに気がつきました。
5月21日は 「お釈迦様の日」だそうです。
 釈迦の誕生を記念する日で、「初八日(チョパイル)」とも呼ばれる。
 全国の寺で記念行事が開かれ、街中に燃灯が灯る日でもある。
休日と土曜日、日曜日が重なり 高速道路も渋滞でした。
二時間を過ぎた頃 ガイドさんに 全体のどのくらい着たのでしょうか?と 尋ねたところ…
聞かない方がいい!と言われました。それほど 進んでいないということだったのでしょう。
遅々として バスは進まず 
やっと サービスエリアに着き トイレへと行ってみると 長蛇の列。
北海道で育った私は このような 渋滞は経験が無く 驚きました。
バス移動でしたので 車中は 快適でしたが 外気も かなり高かったようです。
当初の予定では 多く見積もっても6時間くらい…と 言うことだったのですが
ご存じの通り 8時間もかかってしまったのでした。
 
スポンサーサイト

● COMMENT ●

 dayanさ~ん 全州のブログお待ちしてました。

dayanさんの書かれる文章好きなんですよね・・・私。
あ、勿論dayanさん御自身も大好きです\(~o~)/

 仁川空港での再会嬉しかったです。
~中部空港からのdayanさんと関空からの私の偶然の出会い~
お着物で颯爽とされているいつものdayanさんのお姿に気持ちが落ち着きました。

 今回のツアーはバスが同じでしたので、明るいお顔と三日間御一緒できた嬉しい旅でした。
 
 dayanさんは、初めて大渋滞を経験されたのですね(@_@;)
 私は、夫の実家が石川県の能登なのです。
GW(←田植えに帰省します)の風景は、ソウルから全州までの道のりと似ています。
 何もなければ、4時間ほどで到着するのですが・・・
何年か前お盆の帰省時、京都まで10時間ほどかかった時がありました。
 あの時の記憶が全州で甦りました。
SAの混み具合など日本と同じでしたね。やはりトイレが一番の心配でした。韓国は、すごい行列の割に時間はかかりませんでしたね。最初は『ケンチャナ?』と不安でしたが・・・

 ガイドさんも予想以上の渋滞に途中から、どれ位かかるとか仰らなくなりました。。。

dayanさんともう一度全州ツアーを辿らせてくださいね。

 ブログ続き、楽しみにしています(^_-)-☆

Re: ありがとうございます。

ayuminさん
こんばんわ~

少々おそくなってしまいました。
気持ちよく 全州に送り出してくれた家族…特に 夫に 
留守の間の事の埋め合わせを しておりました。
家族の協力がないと 出かけられませんものね。
仕事も立て込んでいて ゆっくり UPが出来ませんでした。

折角 UPするのなら きちんと 思い出を綴りたいと思いました。
余裕が出来るまでと思っているうちに ずいぶん時間が過ぎてしまいました。

ayuminさん 
私にはもったいないお言葉 ありがとうございます。

思い出す限り 精一杯 書きます。

ayuminさんは いつも にこにこと声を掛けて頂き 本当に嬉しいことです。
その上 いつも お土産をいただき恐縮です。

全州ツアー 楽しかったですね。
改めて Shinyang ssiの お人柄が偲ばれました。
本当に 律儀で 誠実で…
お慕いしてきて 良かったと つくづく思った 全州の旅でした。

バスの移動は 大変と言えば大変でしたけれど
それも 思い出… 
Shinyang ssiに係わる思い出は とても大切な想い出です。
後ろ向きには 考えたくありません。

Shinyang ssiに 着物姿を褒めて頂きましたし
北海道旭川市=旭山動物園がある町=dayan…って 
覚えて下さったのではないかと 思っています…エヘヘ~

もう少し 全州の旅行日記は続きます。
ayuminさんの様な 温かい言葉が 励みになります。
拙い文章ですが お付き合いの程 よろしくお願いします。

では…またe-463

シニャンさんに、着物姿を褒めていただけるなんて、すごい素敵!な体験されたのですね。よかったですね。

Re: 無理矢理かも…

Lavenderさん 
こんばんわ~

如何お過ごしですかぁ…
こちらは 元気ですが 天候がパッとせず…
全州の あの暑さを 懐かしんでいます。

自己紹介の時…
「私の着物姿 どうですか?」って聞いたの。
そうしたら
指を立てe-287 Goodのポーズをして下さいました。
…が あのシチュエーションでは そう せざるを得なかったかも…
Shinyang ssiに 無理矢理させてしまったかもね
アハハ~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

まあ、楽しい想い出になりました。

もう少し 旅行後記は続きます。
よろしければ 読んで下さいね…

では… またe-463


管理者にだけ表示を許可する

Vol.2【韓国・全州の音(Sori)“Sori Sound of Voice & Music”】 全州到着編 «  | BLOG TOP |  » プレ【韓国・全州の音(Sori)“Sori Sound of Voice & Music”】

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。