topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銭の戦争第14話② - 2010.05.12 Wed

ハ・ウソンは 動き出した。
千山里の住人に お金を使い働きかける。
半端でないお金…一生食べる心配のないお金…で 住人に株を手放そうと思わせる魂胆なのだ。
その事を トッコ老人に知らせたキム・サンサ。
当然 住人の心は揺れる… そこを うまく くすぐるハ・ウソンなのだ。

14-2-1_20100512112743.jpg

トッコ老人と 千山里を 訪れたナラ。
以前 老人の「お金は何処に?」の問いの答えを 村を見ながら聞いた。
「この村は 私が作った。」と。
老人は言う…
「一人の富豪を作るのに 500人の貧者が必要だ。
自分もそうだった。自分が富豪になったのは 自然とそうなったわけではないと気が付いた。
それで 村を作り 家を建て 行き場のない人をこの村に住まわせた。
愛していた人が 住んでいた村だから この場所にした。
懐が裕福になっても 心の片隅が寂しかった。
その女性を失ったからだ…」
ナラは老人の話を聞いて 何か 心に記するものがあったようだ。
そして 老人は ナラに 願う。
「自分に預けた命をかけて この村を守って欲しい!」と。
こうも言った。
「金は いつでも 稼げるけれど 愛は違う。
愛する人がいたら 躊躇せずに愛せ。」

ナラは ブルーエンジェルの株を買おうと 心に決めた。
まずはカン・ウニョクが持っている8%の株を確保する事を考える。

14-2-2_20100512112743.jpg
マッサージチェアに身を委ね 考えにふけるナラ。
Shinyang ssiの横顔 凄くイイですよね。
頬を撫でてみたい!
しっとりしているかしら?

14-2-3_20100512112742.jpg
目を見開くナラ。
目覚めの時は こんな感じかしら?
あぁ~ 現実と空想の 線引きがあやふやになりそう!?

ジュヒに カン・イニョクの話をしている時
14-2-4_20100512112742.jpg
「嫉妬してる?」と言われ「嫉妬なんか…」とポソッと言って 口を尖らせたナラ…
嫉妬したね…アハハ!かわいい~

14-2-5_20100512112741.jpg

ナラは 事業が上手くいっていないカン・イニョクを訪ね 50億Wの話しをして 種を蒔いた。
さあ… 食いつくか?

ハ・ウソンが トッコ老人を訪ねて 千山里の住人の2/3が承諾し 残りも承諾を貰えそうだと話す。
人々が去った村は用がないから 自分に売ってくれないかと言う。
トッコ老人は 「ない!」ときっぱりと言う。
トッコ老人の様になりたいと言うハ・ウソンに 冷たく もう 会いたくないと にべもなく背を向けた。

ハ・ウソンが帰る…
ちょっと待って!
来た時と車の向きが違っていない?
14-2
誰が 方向転換したの?
アハハ~チェック厳しかった?

ナラは カン・イニョクと これまでの精算をしようと ボクシングをする事になった。
そして わざと… ノックアウトして 貸し借りは ナシということになる。
カン・イニョクが 去り際に ジュヒを譲れ…と言ったが それには首を縦に振れないナラだった。

カン・イニョクに殴られソファーで横たわるナラ。
14-2-8.jpg

14-2-9.jpg
見上げる視線…いいなぁ~ このShinyang ssi…

不意に お金を借りたいと チャヨンが事務所に来た。
お金のためなら 下げたくない頭も 下げることになるようだ。
お金って 身の丈に合う使い方 持ち方を するべきだと このドラマを見て思う。
あればあるほどいいのは事実だけれど 
過ぎたお金は 人格を変えるし 心に正直に生きるのが難しくなるようでもある。

ジュヒは 思い切って イニョクに電話をかけた。
ナラのために 助けて欲しいことと
お金のために結婚したことを 謝りたかったから…
ジュヒのお願いを聞き入れて イニョクは ナラを呼び 契約しようとした…
が イニョクはしたたかだ…。
14-2-10.jpg

取引額の3倍を要求しておきながら もう ハ・ウソンと契約したと言う。
なんてやつだ。

この段階で ナラは 千山里の株券の行方を知らない。
56%の おおかたが ハ・ウソンの所に動いていることを…
14-2-11.jpg

でも イニョクのところで 不敵に笑うハ・ウソンが気になっているナラなのだ。

そして ここにも トッコ老人を 裏切った人がいた… キム・サンサだ。
その話を聞いて ナラは 猛烈に怒った。
「老人がしてくれたことを忘れて 株券を売ったあなたたちは 人間ですか?」
でも 村人は 聞き入れてくれなかった。

トッコ老人は 言う。
「お金がない時には 住むところがあるだけで 感謝していた人達だったのに
少し余裕が出来ると それ以上の好条件の呈示で 簡単に心変わりする。
お金というモノは 怖いものだ…」
自分に 問いかけてみた… その通りだと思う。
悲しいかな これでよいと思っていても その上を 見てしまうと 欲が出るのが 人間なのか…

14-2-12.jpg

ナラは キム・サンサを追い 彼の前で かつて一緒に歌った歌を唄い そして 泣いた…
悲しい人間の業について 情けなくて 涙が堪えられなかったのか…
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

銭の戦争第15話① «  | BLOG TOP |  » ファンミーティング エピローグ

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。