topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「少年兵 戦場から子供を取り戻せ!」を見て… - 2010.04.15 Thu









この映像は 1996年に 撮影されたモノらしい。
2002年に 内線は終結した。
しかし 色々な問題は 直ぐには 解決出来るモノではない。


この映像を 見るうちに 胸が 痛くなった。
親が いないために 軍に入った子供達。
生きていくためには そこに入った方が いいのだろう。
少なからず 食べるものもあるだろうし 寝るところもある。
しかし 明日の命の保証は ない…
軍に入っていない子供は 食べるもの 寝るところ 命の保証… が ない場合もある。
それらを考えると ましだと 判断するのだろうか。
入ることの出来る子は まだ いいのか。
年 男の子 健康 … それが 超えられなければ 難しいのだろう。
しかし 事の善悪 文盲 教育… が 置き去りにされた子供達
なんて 可哀相なんだろう!


これから シエラレオネの子供達は 大きく成長することだろう。
しかし 一朝一夕には 出来ることではない。
今回の Shinyang ssiの訪問より以前から 知っていたシエラレオネ。
でも それに あまり心を 砕いていなかった自分。
個々の力は小さいけれど 集まれば 何かの役に立つ力になると思う。


今更ではあるが そのきっかけを下さった Shinyang ssiに ありがとうと言いたい。
そして 今 生きずらい環境にいる子供達に
元気に 遊び 教育を受けて 自国の為になるよう 大きく成長して欲しい…
そう 願わずには いられない 自分である。




スポンサーサイト

● COMMENT ●

深刻な問題ですね

初めてコメントします。
いつもシニャンさんへの愛に満ち溢れた日記を拝見しています。
このシエラレオネの内戦は、少なからず先進国がからんでいた事を知って衝撃を受けました。
ダイヤ発掘が大きな元ですが、私は知って以来誕生石のダイヤはいらないと思うようになりました。

同じ国の人間が、突然村を襲って労働力になりそうな男を連れて行き、女子供は殺し、村を焼き払ってしまいます。
その銃を持つ者の中には洗脳された少年も多数いるんですよね。
平和になって立ち上がるには、あまりにも大きな代償からの復活です。
国は教育から、子供を育てるところからは始めなければ、決して立ち直らないと痛感しています。
シニャンさんは最も過酷なところを選ばれたわけですね。
日本の子供たちも知るべきだと思いました。

Re: 考えさせられます。

canzoneさん!
コメントいただけて とっても うれしいです。

人と人との繋がりに とても 感謝しています。
Shinyang ssiを 中心に 広がる チングの輪!
ありがとうございます。

シエラレオネに関してもそうですが
世界におきている事は 報道により知っています。
「大変だ」「酷い仕打ちだ」「かわいそうに…」「何とかならないか」と 思っていても
その時の感情は 長続きせず のど元過ぎれば… そこまででした。
日本にいる私たちには 危機感がありません。
日々の暮らしに 少々の悩みはありますが
「生きる!」事に それほど大きな 不安は抱えていない今。

しかし 今も 争っている地方がありますが
全部とは言いませんが 一部分の利権がらみで 争いがそこに起こっている。
関係のない そこにいる大人もそうですが 子供に 大きな危害が加えられている。
洗脳 選択の余地がない 生きる術…
選択肢のない状況で 生きている子供。
私たちの小さな力で 紛争を止めることは出来ないけれど
集めた小さな力で 子供達に 何かを(特に教育)してあげたい…と
今回ほど 強く思ったことはなかった。

Shinyang ssiを知って 生き甲斐を頂いた。
それに 有頂天になってばかりいては いけない。
現状として それに 大きく係わっていくことは出来ないけれど
Shinyang ssiのおかげで 私も より人間らしくなれたかもしれない。
そこに 直接 思いを届けることは 出来ないかもしれないけれど
いつも 心に 留めておき 愛しむ心を忘れないようにしたい。

Shinyang ssiの 新しい試みに ありがとう… と言いたい。

そして チングの皆さんにも…

P.S.
canzoneさん 先日 お誕生日でしたね。
 過ぎてしまってから 分かりました。
 お祝いも 言えずに ゴメンナサイ。
 いつも 行動力いっぱいのcanzoneさん!
 この出会いを 大切にしたいと思ってます。
 この一年も お健やかにお過ごし下さいませ。
 canzoneさんの チングの末席に 加えさせて頂き
  ありがとうございました。
   これからも どうぞ よろしくお願いいたします。
 お元気で…
  中野でお会い出来るでしょうか…
  楽しみにしています。


管理者にだけ表示を許可する

銭の戦争第9話⑤ «  | BLOG TOP |  » 銭の戦争第9話④

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。