topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Lovers in Paris19-2 - 2010.02.20 Sat

19-2-1

どうにも 我慢がならず ユナを呼び出し 報復してやると 宣戦布告をした。
ユナって 本当に 性悪女だ。
他力本願で 自分に 有利に働くように し向けていくなんて…嫌な 女だ。
ギジュの 「話しは 終わりだ 行け!」と 言い切るところ…
格好いい~

「これで終わらせたりしない。手に入らなくても 誰にも渡さない。全て 暴露してあげる。」
自分のものにならなくてもイイ。相手が困り果てるのを 見たいというユナ。
なんて 根性が悪いのだ!

19-2-2

スヒョクが テヨンが この事を知っていると 伝えに来た。
テヨンは ユナから 聞かされたことを 知った。
またもや ユナが絡んでいることを知ったギジュは 驚いた様子だ。

19-2-3

「大丈夫だ!」と 秘密を隠していたテヨンに 言うギジュ。
「恐れたのは 秘密が世間に知れること。ユナが ギジュと離れないのなら世間に暴露するというから 離れるしかなかった!」とテヨンは 声を荒げて言うのだった。
「世間に知れたら何なんだ。何が問題だ。俺が構わないって言うんだ。問題はない。」
「わかってないのね。世間は人の不幸に寛大じゃないんです。知れたら 貴方は陰であれこれ噂されて これから何をするにも色眼鏡で見られることになるのよ。」
「その程度のことか。別れよとしたのは その程度のことか?俺が気にしなければいいだろう。俺が全てを捨てればいい。お前もそれでいいな!」
「全てを捨てるなんて!全てをすててどうするの。どうやって生きていくの?どうやって生活する?仕事はどうするの?社長以外何が出来るの?社員はどうなるの?社員が捨てられたらどうなると思うの?
貴方が生まれた瞬間から 既に持っていた物 生まれてから得た物 貴方が成し遂げた物 捨てられる物は何一つないはず。だから 私だけを捨てて!」

「やめろ テヨン。それだけは言うな。」
「貴方と私は ここまで。これ以上の縁はないの。これ以上はお互い辛くなるだけ。貴方の会社 家族 手にしている全ての物を失わせてまで 幸せになる自信がない。」そう言い残して テヨンは 帰って行った。
ギジュは 茫然自失のように 立ちつくしていた。
ギジュは このくらいのことは 世間が何と言おうと 耐えられると思った。今までも 少々の向かい風に立ち向かってきたのだろう。でも 今回ばかりは 自分の力で避けることが出来ないこと。風評は 意外にキツイもの。
だから テヨンは 自分が身を引くことで ギジュに苦しい思いをさせることがないのなら 身を引こうと考えた。ギジュがいう全てを捨てて…と言うけれど ベースがあれば耐えられることだけれど 何もかもなくなったとしたら きっと耐えられない。それはさせられない。自分が犠牲になることで回避出来るのならと 思ったのですね。
いい女だ。

19-2-4

ギジュは テヨンとの 婚約式の写真を見るともなく見ていた。
そして ふっと 思い出したように 引き出しを開けた。

19-2-5

そこには テヨンが 書いたメッセージがたくさんと テヨンが返した婚約指輪があった。

ギジュの時計は もうすぐ 10時…
その手には 婚約指輪。

19-2-8

テヨンの婚約指輪と ギジュの指

Shinyang ssiの指 爪… とぉ~っても キレイ!
本当だったら 指輪の方に 目がいくのでしょうけれど
私は Shinyang ssiの 指ですね。

19-回想
回想…思い出が多すぎて…

ギジュとテヨンが これまでを 思い出していた。
婚約式を終えて出かけた旅行で自転車に乗ったこと
プールに飛び込んだこと
パリでのテヨンの寝顔
「愛していいの?」を歌ってくれたギジュ。
パリでの出会い
パリでのダンス

忘れられないことばかり…

19-2-15

別れたくない…離れたくない…辛い…
色々思い返して…
そして ギジュは 涙ぐむのだった。
スポンサーサイト

● COMMENT ●

いつも、楽しませていただいてます!

「111」も「211」も手帳も参加できませんでしたが…
皆さんの日記で参加した気分にならせて頂いてます♪

私的には、また、再び、『パリの恋人』に戻って来ています…
何度見ても、素敵で…
ここにも、何度も寄らせていただいてま~す!!!
dayanktさんのつぶやきにうなづきながら…

フィクションなのにしっかり、つっこみを入れながら見てる…(笑)
心が震えて、涙して…

shinyangさんの演じた作品は、涙を流さないで見ることは不可能ですね…
特に涙腺がゆるい私にとっては…
女優さんのように綺麗にはとても泣けませんので恥ずかしいんですけど…

いつも、楽しませていただいて、ありがとうございます!

Re: わぁ~ うれしいです。

ryonさん いらっしゃって下さってありがとうございます。
嬉しいです。

「111」も「211」も手帳も参加しましたo(*^▽^*)o♪
「111」「211」両方それぞれ 楽しみましたぁ~
思い出に残るひとときでした。
「手帳」はこれからも 楽しんで書いていこうと思っています。
Shinyang ssiの 思い…エッセンスを受けて 
私なりに 返事のような メッセージを 1年間綴っていきます。

「パリ恋」わたしにとっても 原点です。
このドラマとの出会いが Shinyang ssiとの出会いです。
これからの私に 生きる力を下さるShinyang ssi…
永遠に 私の心の中にいらっしゃいます。愛しています。
ゆっくり 見直してみると 気が付かなかったこと…
ギジュの思い テヨンの優しさ…
発見が たくさんです。
それと同時に 感動と感激と胸うつ言葉と…
改めて 素晴らしい作品に酔いしれています。

また いらして下さいね。
それが 私の励みになるんです。

こちらこそ ホントに ありがとうございました。


管理者にだけ表示を許可する

ごめんなさい «  | BLOG TOP |  » Lovers in Paris19-1

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。