Lovers in Paris18-1


ユナは とうとう テヨンに ギジュの出生の秘密を 話した。
もう ギジュとの事は どうにもならないことはわかっているけれど
テヨンと 幸せに暮らす姿を見たくないから この婚約を 解消して欲しいという。
ユナには 良心の呵責と言ったものは ないのだろうか。
そんなことして 心穏やかに 過ごせるというのだろうか。
テヨンは 只々 涙を流すだけだった。
この時の気持ちを 言葉に 出来るはずもないくらい 驚いたことでしょう。

18-1-1
拳を 握りしめ ジョンハクを 殴ろうとしたけれど 公衆の面前だったので 思い留まった。

18-1-2
この裏に スヒョクが 絡んでいることなど 少しも疑っていないギジュ。
スヒョクは こんな事を しようと思うくらい ギジュのことが 憎いのだろうか。
人の人生を 変えてしまう事になるだろう大変なことだという観念はなかったのだろうか。

スヒョクも この事実を 少し前から知っていたと テヨンは知った。
スヒョクは これまで色々なものを諦めてきたという。
自分の置かれていた人生…
内孫として育ったギジュと 外孫として育った自分。
父がいなく どう頑張っても ギジュを超えることが出来ない自分。
母親のこと…
 なぜか 自分の母であるはずなのに 温もりを感じることが出来ず 
それにひきかえ 姉と弟としての 母とギジュの関係を 常に 羨んでいた。
テヨンのこと…
 パリで 初めにあったのは自分だった。
 けれど テヨンは叔父に 惚れていった。そして 叔父も同じだった。
 そして 諦めざるをえなかった婚約式。
同じ立場である ギジュとスヒョク。
それなのに 諦めてきたことが 多すぎて 悔しかったと言ったスヒョク。

18-1-3

エレベーターから 降りてきたテヨンとスヒョクを見て ギジュは
「泣いたのか?」と 二人に尋ねた。
ギジュは スヒョクの不可解な行動を どう思っていたかしら。
ねじ曲がってしまった性根… 哀しい眼差しを向けるギジュ。
 2010_02_10

Comments


 管理者にだけ表示を許可する

06  « 2018_07 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

くろックCute DC01

Shinyang ssi's Birthdayまで

貴方が重ねる日々…健やかでありますように★彡

☆お祈りします…❤

생일까지 며칠

カレンダー

06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


B
A
C
K

T
O

T
O
P