flower border

お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

Picture master of wind Episode 13

Category<韓ドラ>風の絵師
「弁明」
風13-1

自分の手を 差し出してでも 弟子ユンボクを助けたいと 泣訴したホンド。
殿下の面前で その胸の内を 切々と 語る…
しかし 殿下は 刑を撤回するだけの 情状酌量は出来ぬという。
万事休すか。
Shinyang ssi…鼻声で…風邪の症状が痛々しい。

「牢屋で」
風13-2

風13-3

風13-4

ユンボクは ホンドに 聞いた。
「悪い弟子でしたか?」ホンドは 答えた「弟子以上だった」と 。
そして ユンボクの涙を 拭ってやった。
弟子でありながら 師匠を感動させたユンボク。
このまま 人生を 終わらせたくない 何とかならないかと 思うのだけれど 
殿下という 大きく 高く 厚い 壁があり どうにもならないもどかしさ。
柵越しの抱擁…胸が 熱くなりました。

「斬首刑」
風13-5

風13-6

殿下が 天下の宝刀振り下ろした瞬間だった。
「御真か 否か」
裏工作した者にとって どちらも 答えに窮するものであったけれど 
自分の命と引き替えには出来ないので 御真ではない…と 答える。
その答こそ ユンボクを救うものであった。
このことは 殿下が考えたことなのだろうか。
それとも 賢い臣下のホン・グギョンが進言したことなのだろうか。


風13-7

風13-8

風13-8-1

いよいよ 刑の執行の時…
大きな剣がまさに 振り下ろされようとした時 ホンドは見ていられなくて 背を向けた。
そこへ 王命を持った役人が駆けつける。
殿下の温情にて 刑の執行を取りやめることになった。

風13-9

風13-10

号泣するユンボクを抱きしめ ホンドも 涙した。
この一連の流れに 息をするのも忘れるくらい 見入っていた自分がいました。

素晴らしい 演技 音楽 シナリオ だったと思います。

「恵園」
風13-11

風13-12

風13-13

風13-14

恵草の「恵」と 丘の「園」
「恵草は 派手ではないが 香りは 百里先まで届く。
お前の香りで世を満たす そんな絵を描け。
これで終わりではない。絶対に 強くなれ!」
と 図画署を去るユンボクに 目を潤ませ 餞の言葉を言った。
本当に 命が あって良かった。
「檀園」「恵園」と韻が同じ…まさしく 師弟 と言う感じ。
そんな関係になれたと 心から喜び 嬉しかった ということでしょうか。

0 Comments

Post a comment