<あらすじ>TVh
オ社長の会社に密かに出資していたユン会長は、全ての資金を一気に回収し、オ社長の会社をつぶそうとする。
オ社長が詐欺の疑いで逮捕されたことを知ったジウォンは、ヒョンモに助けを求めるのだが...。

緑の馬車 11

ジョンハは命を取り留めていたけれど 記憶を無くしたままだった。
小さな医院に身を寄せ そこの娘に優しくされていた。

オ社長の家財は差し押さえられていた。
1人残った娘(ジョンナン)は生活費を工面するために 水商売に身を落としていた。
慣れない仕事で 自ら酔ってしまって タクシーの中で眠ってしまった。
そのタクシーの運転手は ジョンハを助けたチンピラだった。

ジョンナンは かつて占い師に ジウォンを家にいれると 
ジョンハが危ないと言われたことを ジウォンに 叩きつけるように言い放つ。
 ジョンハ本人、両親も大変なことになったのは事実だが 
 占い師が言っていたことを ジウォンにぶつけたって 何になるのか…
 ジョンナンは 健気で 気の毒だけれど どうにもならない。
 このチンピラが キーパーソンになって ジョンハの記憶が戻っていくのかな?

ヒョンモに助けを求めるジウォン
 知らないといえ、元々の元凶はこいつだ!!
 早く気付いてジウォン!!
 オ社長を助ける代わりに 「結婚してくれ!」という図々しい奴。
 どこまで 卑劣なやつなんだ。
 ヒョンモが横恋慕するから 起こった出来事なんだ。
 同然 驚くジウォン… そして 泣く。
 ヒョンモは バカだ。
 「自分を愛してくれなくてもいい…側にいてくれるだけでいい…」と言う。
 心は 後から付いてくると思っているのか?
 ジウォンも 「一生あなたを愛せない」って言っているのに
 「かまわない」と言うけれど 後で 暴れたり強要したり 酷いことになるんだろうな。
 
 ジウォンは心がない結婚のことを考えて泣く。
 自分が犠牲になれば オ社長家族は助かるかも知れないけれど
 自分の心は曲げられないと思ったのか…
 翌朝 水辺に立ち その歩を深みへと進めていく…
 2012_03_28


<あらすじ>BS日テレ
ジュニョンはよりを戻そうというジュンギの申し出を断ったため、誠実じゃないと彼になじられ傷つく。
彼女は不機嫌になり、女優ユニョンや母親と口論する。
ジオは再び付き合おうとジュニョンに申し出る。
2人は以前の失敗を繰り返さず、大事に愛を育むことを決意する。
そしてジュニョンはジュンギにきっぱりと別れを告げるのだった。


story03_1.jpg

『因果応報』
 韓国ドラマ・映画で、良く聞く四字熟語ですね。
 〝意味〟
   善い行いをした人には善い報い、
   悪い行いをした日には悪い報いがある。
   過去および前世の因業に応じて果報があるという意味。

苛立つ局長
 ジュニョンは監督として良い仕事をしたい…と少々焦り、暴走気味…
 先輩であるジオの言葉にも、聞く耳を持たない。
 局長と女優ユニョンに過去の関係があったことを
 知っているジュニョンが彼女をキャスティングした。
 その事を知った局長はジュニョンのやり方を 非難し反対する。
 しかし 局長が弱々しく本音をもらしたので 
 ジュニョンは申し訳なく思い軟化する。
 
 公私混同…
  仕事とプライベートは分けるべきだが 
  その線の引く位置は人それぞれ まちまちだ。
  そのことが その人の人格、常識を優劣を決めるかもしれない。

女々しい男、ジュンギ
 別れを切り出したのは ジュンギの方だったのに 
 その後 気になって仕事が手に付かないと 女々しく言う。
 やっぱり 後を引くのは 男なのか…

恋を終わらせる女、ジュニョン
 言いたいことを これまで言わずにいたジュニョン。
 これまでの不満を ジュンギにぶつけ 相手に何も言わせないまま 
 一方的に電話をきる。
 優しい気持ちのままだと、恋は終わらせられないのかもしれない。
 少々の 荒療治でないと 踏ん切りが付かないのかも…

新しい濃いが始まるのに 私には認めたくない弱点がある。
過去の恋に執着せず 新しい恋にも警戒心がないところだ。
でも 何より望んでいるのは 新しい恋を長続きさせること。
そのために私はどうするべきだろう。
これまでのように すぐに誤解したり 諦めたりしない。
彼と向き合ってじっくり 話し合えば 前とは違う愛が芽生えるに違いない。
新しい恋は 古い恋を整理出来てこそ 始められるという。
でも私は 彼にさようならを言わなかった。
「ありがとう!」
彼のおかげでどれだけ成長出来たか…
彼は知らないだろう。



恋が終わる時 相手を恨んだり 憎んだりするだろう。
でも それだけでは いけない。
よりよい人生を送るためには…
相手だけを非難の対象にするのではなく 
自分を客観的に見ることも必要だろう。
そうしたら そこに行き着いた理由も見えてくる。
そこから Step up だ。
イイ女になるチャンスだ。
…そう思う。
   
 
 2012_03_28


「良い振りこきの、シラミたかり」ということばを知っていますか?


北海道の言葉らしいです。


でも、私は今回、初めて知りました。


もっとも、それほど珍しい言葉ではありません。


 それぞれのフレーズは聴いたことがあります。


それがつながると、どんな意味にはなるのか…


「いくら高価な洋服を身に付けていても、体じゅうシラミだらけの、いいふりこきだべさ!」ということだそうです。


なんとも、凄いことをいったもんだ。


 


今の子達は、シラミを知っているだろうか?


 まあ、シラミはいなくても、それに類する状態はありそうな気がする。


 ふふふ


 2012_03_27

韓国の絵本

Category: New Face  


韓国の絵本を 買いました。


お正月の 男の子と 女の子の 晴れ着の お話です。


 


挿絵が 可愛いのぉ~


 


ハングルのお勉強の 教材にしようと思い 購入しました。


 


ガンバロー


 2012_03_23

韓国の絵本

Category: 韓国  


なかなか 進まない 韓国語のお勉強…



焦っても しょうがない…



可愛い 絵本を 買いました。




幼子が 大好きな 絵本。



わたしも ちょっと のぞいてみました。



挿絵が 可愛いの…



その絵に 癒されながら 読んでみます。




『勉学に 近道ナシ…』



勿論 存じています。



でも 少しだけ 少しだけ…



ちょっとで いいの…



そんな 路 ないかしら?




今日も 絵本をのぞき 癒される 私… 






 2012_03_23



春らしい 『桜のシフォンケーキ』


ふわふわ 桜の塩漬けが飾ってあり 少し 塩気があるの。


甘くて しょっぱくて… 


面白い お味でした。



初めて買った ヘアーアイロン


櫛の歯と歯の間にあるものが 動いて 髪の毛を挟んで 熱をかける仕組みになっています。


まだ 上手に使いこなせませんが 


そのうち きれいなカールが出来るように頑張ります。


 


 2012_03_20



昨日は 少し春めいてきた…って 言ったばかりなのに


今日は 一変して 冬景色になりました。


この写真は 夕方 写したのですが 


朝からずーっと 雪が降り続き オマケに 吹雪模様で…


昨日は 地面が見えていたのに すっかり 一面真っ白になってしまいました。


北海道は このようなことを繰り返しながら 春を迎えるのです。


はぁ~るよ 来い はぁ~やく 来い


 2012_03_20


〈あらすじ〉BS日テレ
助監督のスギョンは、地方勤務を解かれてドラマ局に復帰する。
ジオは、大学時代の恋人ヨニが別の男と結婚してからも彼女と付き合っていた。
ヨニは夫と離婚すると言っていたが、ついにジオに別れを告げる。
ジュニョンはすれ違いが原因で恋人ジュンギと別れる。
ヨニと別れたジオはジュニョンに「やり直そう」とささやく。


仕事の喜びが 一瞬で 壊れる時がある。
権力にぶつかった時だ。
愛も例外ではない。
お互いの力のバランスが くずれた時
ときめきは勿論 愛そのものが 消える。
この世に権力が 介入しない純粋な関係が存在するのだろうか…
ときめきが そのまま 長続きするような 関係が あるのだろうか…
まだ… わからない。


ジュニョンが読んだ新しい本の脚本家…
 どこかで見たことがある… 誰だっけ?
 〝イ・サン〟に出ていた 貞純王后だわ~
 Tシャツ・短パン・パーマのかかったセミロング…
 出で立ちが全然違うと すぐには分からなかったわ~

ジオが付き合っている女
 夫がいるらしい。
 この三ヶ月間、夫と別れると言いながら ジオと会っていた。
 その関係に嫌気が差すジオ。
 ついに声を荒げる。
 その時 その女が捨てぜりふのように言う。
  「人生って苦しいわね。あなたも苦しい…」
   これって どういう意味?
    苦しませているのは 女の方ではないの?
    ジオも女も 互いが好きではあるけれど 女の方が強かなのか…
    
ジュニョンは 脚本家がキャスティングまでに 口を出すことに 頭に来ていた。
その事を本人に言ったところ、脚本家が このドラマから降りると言う。
ジュニョンは 局長に呼ばれ、権力に屈しなければ この先はない…と言うようなことを言われる。
どこの世界も 権力は 絶対なのだろうか?
理不尽だと思っていても 会社組織にいる以上、仕方のないこと…
でも 上手く立ち回れば… そのやり方が上手いか下手か…
それが 生き方…と言うことか。

ジュニョンがジオに聞く。
 「私と別れて 一度かすまないと思ったことがある?」「一度もないけど…」と あっけらかんと 答える。
 何があって別れたか知らないけれど 笑っちゃった。
 そんなこと言える関係なんだ。
 色々な女がいると思うけれど 自己中の女なのか?
 自分はどうなんだ?
 別れた原因は 一方だけではないことが多い男女の別れ。
 この女の言い方、態度、考え方… ちょっと 扱いづらい!

俳優の紹介の時 ある程度名の知れた そこそこの年齢の俳優、女優に 〝~先生〟と紹介する。
なんだか 違和感があった。
そこまで へりくだるというか… 持ち上げるというか… 
ドラマのなかで 〝~先生〟と呼ばれて紹介された女優が 
自分のことを〝~さん〟と呼んだADをそんな理由で 「出て行け!」と一喝した。
実際もそうなのだろうか…
イヤな感じ!

10年も付き合ったジオと女
 夫の子を妊娠した…と ジオから離れていった。
 ジオも そんな女と見抜けず ダラダラと付き合った罰か…

脚本家とジュニョンとの攻防
 キャスティングのことで 脚本家の家を訪問するジュニョン。
 そこで ジュニョンは 理由を述べてキャスティング出来ないと言う。
 ジュニョンは 権力に負けて 腹を立てていたけれど 脚本家の意見を呑むことにした。
 でも 半ば 嫌々…
 
 ジュニョンの悪い癖なのだろうか…
  監督という立場からか 自分の思い通りにならないと 苛つくようだ。
  自分の言い分を聞いてくれないから 腹が立ったと 脚本家が 自分の思いを吐露する。
  どっちも どっち… 少し 謙虚になり 言い分を聞くべきだ!

仕事でときめきを長続きさせる秘訣は 権力は存在しないと気付くことだ。
どっちが 強いか弱いかではない。
ただ 一緒に働く仲間だと気付けば ときめきは長続きする。
でも 時には ときめきを忘れて仲間を畏れることも
仕事をする上での 大切なプロセスだ。
激しくときめいていた初恋も 胸の痛くなる終わりを迎えた。
所詮 ときめきなんて 一瞬だ。
そろそろ そう気付いても良い年頃になったのに また 胸が躍り始めた…


まだ ジュニョンへの思いを捨てきれていないことが分かったジオは 
独り言のように 「よりを戻そうか…」と つぶやく。
 男は 側に心地良い存在が居て欲しいと 常日頃思うのか…
 女もそうだけれど 女以上に 男は 別れに弱いモノなのかもしれない。

焦ってはいけない…
今、この瞬間、やるべきなのは 過ぎた恋をちゃんと反省すること。
そして、 十分に反省したら 1人で過ごす時間が必要だ。
それが どんなに退屈な時間でも 耐えるべきだ。
終わってしまった愛と 再び始まる愛には 敬意を払うべきだから…


story02_2.jpg

 2012_03_20

shopping

Category: New Face  

 



ハンドソープ~


トイレに置きました。 バラの香りが とぉってもいいんですよ~



ボディータオル


お風呂に入るのが、楽しみになりますぅ



チーズベーグル


本当は チーズは 自分にとって良くない食べ物なんだけれど


美味しいので 今日は特別


上にも 中にも チーズが いっぱいです。



これも 同じところで 買った パン


ビターなチョコが 生地に入っていて 美味しいです。


 


 


 


 2012_03_20



自宅裏の雪の山


今年の冬… とにかく雪が多かった。


自宅裏の庭に除雪した雪を積むのだけれど 


いつもの年よりも 早々にいっぱいになってしまった。


うずたかくなって ベランダの窓から 外が見えないくらいになった。


昨日の夕方… 日中の温かかったので 一気に屋根雪が落ちた。


厚さ20㎝の 塊もある。しかも 一部氷になっていた。


ベランダの窓ガラスが 割れたかと思って確認したら 


危機一髪 ギリギリのところで 止まっていた。


よかったぁ~


もし割れたら 1万円くらいはかかりそう…


さぁ… これからは まさに三寒四温!


どんどん 暖かくなる


 


 


 2012_03_18

02  « 2012_03 »  04

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

くろックCute DC01

Shinyang ssi's Birthdayまで

貴方が重ねる日々…健やかでありますように★彡

☆お祈りします…❤

생일까지 며칠

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


B
A
C
K

T
O

T
O
P