20-3-1
ギジュは テヨンを見送って 一人感慨にふけっていた。
寂しいでしょうね
少しだけ 後悔しているかしら…

20-3-2
テヨンが残していったもの…
婚約指輪 ポラロイドカメラ テープレコーダー…
テープレコーダーを取り 録音してみた。
「俺は カン・テヨンから 2つのことを 教わった。
一つは 愛し方
そして 愛する人との別れ方を…
でも 俺は頭が悪くて 愛し方しか理解出来ない。
もしも いつか また お前と巡り会っても 愛し方だけを 教わる。
他の誰かではなく カン・テヨンの愛し方を…」

20-3-3
それから ポラロイドカメラを 取り
「キムチ ハワイ ワイキキ~」と 写してみた。
無理に笑う ギジュ… 寂しいねぇ…

20-3-5
2年が過ぎ 新車の発表会当日 スヒョクから 電話があった。
元気そうな声と いつもの 口調だった。
そして 互いに 「兄としてお前に会いたい…」「兄貴…」と 呼び合う。

20-3-6
そして 姉ギヘには 「ありがとう。産んでくれて…」と 声をかけた。
言葉は 「姉さん!」だったけれど その想いは 「母」へだった。
やっと 親子の名のりが 出来た瞬間だったのでしょうか。
穏やかに 微笑む ギジュ… 
これで テヨンを 探しに行けるね。

20-3-7
ギジュは 颯爽と パリへと旅立っていった。

20-3a
「テヨンが暮らしているこの町で こぢんまりとした部屋を見つけて 仕事を見つけた。
料理も少しばかり作れるようになったし 
自分の影がどんな形なのかも知ったし
思い出も出来た。
今は 一日のほとんどをタイヤの交換や エンジンの手入れをして過ごしている。
人生がゆっくり廻っている。
そう実感する毎日だ。
テヨンに逢いたい。逢いたくてたまらない。
大抵 セーヌ川のほとりで 空を見ながら 晩飯を食べる。
サンドイッチよりも 黄昏で 腹がいっぱいになってしまう。
テヨンが側にいてくれたら このバケットサンドでも 豪華なディナーになるのに
それから 時々噴水の前に来ては テヨンと逢えるかも知れないと 想像する。」
ギジュは パリでの ことを 語る。

20-3-12
そして 運命の日が 来た。
やっぱり この噴水の前で 逢えたのだ。
ギジュは テヨンを 探そうとはせずにいたのですね。 
いつか 出逢えるはずだと 偶然を期待していたのでしょうか。
なぜ?
それほど 運命によって 結ばれていると 確信していたのでしょうか。

20-3-13
川の畔で 二人 話しをする。
もしかしたら 私たちは はるか遠い昔に 出会っていたかも…

優しい 穏やかな ギジュですね。
あの 強引で 融通の利かなかった ギジュが 懐かしい…
わたしは あのギジュも 好きでした。

ここまでで 本編は 終わり…
もう少し 出会ってからの パリでの生活ぶりを 見たかったわ~
パリのロケは 強行だったし 改めて 撮影しに行くことも出来ないから 仕方がないのでしょうけれど 
最終のところは はしょりすぎの感が否めない。残念です。
 2010_02_28


20-2a
ギジュは テヨンと連絡が取れないので あちこち 探していた。
テヨンの家の前で いてもたってもいられず 電話をかけたりしながら 待っていたけれど テヨンは 姿を現さなかった。
テヨンは ギジュが 来ているのを 物陰から見ていたけれど 声をかけなかった
テヨンは ここで ギジュと会ってしまうと 決心が 揺らいでしまうかも… と思ったのでしょうか。

Shinyang ssiの うっすら 眉間を寄せた表情… 好きです。

20-2b
テヨンは 荷造りをしながら 別れることを決心した夜 身につけたドレスを見ながら 思い出していた。
あの キャンドルの灯りに揺らめいていたギジュの 面差し。
ギジュとの 熱いKiss

20-2-1
スンジュンから テヨンがパリに発つと 聞いたギジュは 驚き 車を飛ばし 空港へと 急いだ。
途中 テヨンからの 手紙を 読んだ。
「記憶はたくさんあっても 思い出がないハン社長に このカメラをお使いになることを勧めます。
 そしたら 貴方にも イイ思い出が たくさん出来ると思いますよ。
 思い出の中の私が いつも笑顔でありますように…
 私の思い出の中の貴方も いつもあのえくぼの貴方ですからね。
 初めてパリへ発った時は 凄くワクワクしていたのですけれど 今は ちょっぴり 怖いかな。
 一人でちゃんとやっていけるかどうか ハン・ギジュなしのカン・テヨンが 
 本当にカン・テヨンでいられるかどうか
 気付いていましたか?
 いつからだったんだろう。貴方も私も 泣いてばかりいた。
 愛ってそう言うものかもしれませんね。
 笑いながら始まって 泣きながら終わるもの。
 きっと 深く愛するほどに 泣くことも多くなるんでしょうね。
 でも 今 後悔はしていません。
 貴方は 私が 夢見ていたよりも ずっとステキな愛をくれました。
 そんな貴方を 愛することが出来て とても 幸せだった。
 さあ 笑いながら 写真を撮って下さい。
 世界に1枚しかない写真のように 貴方は わたしにとって たった一人の人。
 愛しています。
 どんなことばでも 現せないくらい 愛しています。」

20-2-2
ギジュは テヨンを見つけて パリへ黙って行くことを 大声で非難した。
テヨンの気持ちを 手紙で知っていたけれど 
わかっていたけれど 会って確かめたかった…と 抱きしめた。
愛し合っていることを 確かめた二人だった。

20-2-3
ギジュは おもいっきり 格好良く
「愛しているから 行かせるんだ。」と 言った。
テヨンは 韓国にいる間 少し辛い恋をして 疲れてしまったから 
心を癒しに パリへと 旅立つことにしたので 別れるわけではない… とギジュは 思ったのでしょう。
テヨンを 癒すためには 少しの時間が必要だといことでしょうか。
だから ギジュは 行かせたのでしょうね。

20-2-4
ギジュは テヨンを 見送った。
後ろ姿を 見ているうちに 涙が流れていた。
少しの間 離れるだけだけれど 愛を知ったギジュは 寂しく 切なく 心がキューンと泣いて痛くなっていたことでしょう。
  

 2010_02_28


愛しい-スライド
テヨンの意志は 固いようだ
そうは言っても 別れられない 別れられるはずもない。
うつろに夜景を見ていても 考えは堂々巡り。
以前 彼女が天地を逆さにしていった絵を ギジュは直してあったけれど テヨンがしたように戻して眺めてみる。そうやって見てみることで 彼女の 想いがわかるような気がしたのね。どうだったのかしら?
冷蔵庫を開けてみたら リモコンが入っていた。あの日が 思い出される。
そして そのドアには テヨンを解雇した日に 後を付けて行った公園で 一人写真を撮っているテヨンの後に写り混んだギジュの姿が写る写真。そう… あの日は 究極の選択ではあったけれど テヨンも 自分も とても 辛かった…無理に笑うテヨンが 痛々しい…と ギジュは手で写真のテヨンをなでる。
この家には どこかしこにも テヨンとの思い出が ある…
いたたまれなくてギジュは 車を飛ばして テヨンの家に行く…
その想いは同じだったようで テヨンもギジュの家の前に来ていた。
ギジュは テヨンの家に来ていたけれど ノックをしようと手を差し出したけれど 出来なかった。
どうして?
スヒョクを苦しめたと 自責の念に耐えられなくなっているテヨン。
それは 記憶が戻っても消えないという。もう これ以上 テヨンを苦しめられないと ギジュは 思ったのか…自分の思いを 押しつけることは テヨンを 苦しめることになるのか…
テープレコーダーを聞きながら テヨンの辛い思いを改めて聞いて その場に座り込むギジュ。
辛い夜は 更けていく。
20-1-21
苦悩するギジュ…
仕事の方は 目途がつきつつあるようだ。
苦悩の種は テヨンのことだ。
色々なことは 解決の方向にあるのに テヨンのことは 一向に進まない。

20-1-22

ユナが 辞表を出しに来た。
「愛されない女は不幸だと言うことがわかった。だから 自分から離れることにした。」というのだ。
もっと 早くにわかっていたら ユナは こんなにも 嫌な女にならずに いい女でいられたのに…残念だね。
ギジュは 去るユナに 温かい言葉をかけた。
「君は きっといつか 他の誰かに深く愛されるだろう。愛に一途になれる人間は少ない。今回は相手を間違えただけ。きっと大切にしてくれる男に出逢えるはず。愛されない女だなんて思いこむな。」
ギジュは やっぱり いい男だ。

20-1-23
20-1-24
20-1-25
ギジュから メールが来るが テヨンの 表情は暗い。
ギジュに黙って パリに行こうとしている。
好きだけど… 離れなくてはならないと 思うテヨン
いつも 自分よりも 他の人を 優先してきたテヨン… 本当にそれで いいのか
 2010_02_28


19-4-1

テヨンは 株主総会へ向かうギジュの襟元 ネクタイを 整えた。
色々な事が 起こっているこのような時に 「社長解任」の議題だという。
テヨンは ギジュの心中を考えると つい涙ぐんでしまった。
ギジュも そんなテヨンの気持ちを察して 愛おしく見つめてしまう。

このシャツに この太めのネクタイ… 合っているのでしょうか?
テヨンの肌は ボロボロ…
撮影が 大変タイトなのでしょうね。

19-4-2

チェ理事が 騒然とした会場で声を発した。
皆さんも ギジュも 固唾を呑んで チェ理事の 次の一言を 待った。
しかし チェ理事の言葉は 解任についての事かと思ったら 「否決する」と… 意外なものだった。
その上 辞任書を ギジュに提出した。

19-4-3

「手に入れたかったのは会社ではなく 一人の女性だった。」と チェ理事は 本音を言った。
愛した女性を悲しませたくないから 最後の瞬間に潔く身を引く勇気…讃えるべきですね。
そして ギジュは「貴方のおかげで 緊張感を保って仕事ができました。今思えば 悪くなかったです。お元気で。」と チェ理事を ねぎらった。
その時 ギジュの目には 涙があふれていた。そして チェ理事も 穏やかな顔で ギジュを見た。
男と男が互いに 認め 労をねぎらう。
イイ光景ですね。
Shinyang ssiは このシーンが とても 胸につまり 自然と涙があふれた…と いったことが 何かに 書いてありました。
男の仕事って 戦いだけれど 過ぎてしまう時 肩をたたき合って 認めあえるものなのですね。
イイですね。

19-4-4

総会が終わって 外を見る背中…
いいなぁ~

19-4-5

その時の 横顔…
会社の問題は 片が付いた。
けれど テヨンの問題が残っていた。
この問題の方が ギジュにとっては 思いものだったのかも…。

19-4-6

相変わらず スヒョクは ギジュと テヨンの事が 思い出せないそぶりだ。
他人行儀な話し方をし いつ結婚するのか?と 聞く。
ギジュは ふと 表情を硬くした。
スヒョクが 元気になってくれさえすれば テヨンと 結婚出来るのではないか…と 思っていたでしょうね。
でも スヒョクの記憶は戻っていないし したがって テヨンは 別れると 頑なだった。

19-4-7

テヨンは言う。
「やっぱりもうダメ。お終いにしましょう。」と…
「スヒョクの記憶を奪ったまま 幸せにはなれない。笑うことも出来ない…」とも…
 
19-4-8

その言葉を聞いて ギジュは テヨンを抱きしめた。
そして 耳元で 「俺には お前しかいない。」と言うのだけれど
テヨンは ギジュの側を 離れた…

耳元で 聞く Shinyang ssiの声は 心地いいだろうな…
いつか そんなチャンスが あればいいのに… 無理か!

 2010_02_27


19-3-1

スヒョクの事故を聞き 病院に駆けつけ
待合いで うちひしがれているテヨンを 抱きかかえるようにするギジュ。

この何でもないシーンが 好きな私…
なぜなんだろう?
こんな風に 誰かにして欲しい… という念願だろうか。

19-3-2

スヒョクの 悲惨な姿に 胸が痛いギジュ。
「話したいことが たくさんある。兄として言いたいことが たくさんある。
だから 目を覚ましてくれ。起きてくれ。」と 懇願するのだが…
目覚めることを 拒否しているようだと 医師が言う。

19-3-4

目覚めたけれど スヒョクは 二人のことが わからないという。
スヒョクは 自分のこれまでの事…
テヨンを 横恋慕し 無理を重ねた日々を
消し去りたい思いから出たことなんですね。

チェ理事が ギヘへの 思いを語る場面
思いが募って 愛が変質してしまったのですね。
スヒョクも 同じだ。
あまりにも 回りを 傷つけすぎた愛だった。

私 このShinyang ssiの姿 好きなんだ…
足の格好が イイと思うの。
19-3-5

一挙に 問題が押し寄せて 心の整理がつかなく 遠くを見る ギジュ。

やっぱり 私は Shinyang ssiの正面よりも 横顔が 好き!



19-3-6

ギジュは 一人 屋上で あまりの 問題山積で 肩を落とし 座っていた。

声を張るシーンも 雄々しくて 格好いいけれど
この 憂いを帯びた 背中のシーンも イイと思います。



19-3-7

やっぱり 少し 離れて座る二人。
この距離が 今の 二人の 関係を現すのですね
「こうして 離れて座るようになった 君のことが 自分を 苦しめている」 と ギジュは思わず吐露するのだった。
「側に 座ってくれ。俺を見て話してくれ。」と テヨンに 懇願するが 
テヨンは その事よりも スヒョクのことが心配で 答えてくれない。




 2010_02_26



デザインカプチーノを 飲んだ。
可愛くって 勿体なくって なかなか 飲めなかった
私のが 猫
友達のが 蝶々




モッフル…
 お餅のワッフル
 パリッとしていて 触感が 面白かった。


シフォンケーキも 美味しそうにカットされ チョコがかけられて オシャレでした。


 2010_02_26

道草

Category: よしなしごと  


仕事帰りに、一人でお茶しています

タルトと紅茶を頂きました
食べ終わってから、写真撮れば良かった…と気がつきまして〓
時は、既に遅しです。
美味しかった

今日は、お姑が夕食の欠食届けが出したので、のんびりしています

たまには、いいですよね~

5月のShinyang ssiのプロデュースしてくださった全州への旅行の為の休みを、今日、仲間に話し、了解して頂きました

凄く楽しみ〓〓だな~

昨日、イベント予約入れたし、ホテルもエアーチケットも予約したし…
一段落です
 2010_02_25



少々 気ぜわしくしています。

ごめんなさい

更新が少し遅れます。

すみません…




 2010_02_24





札幌で 大好きなお友達と 紅茶と ワッフルを頂きました。

とっても 美味しかったです。

いちごが たくさん乗っているワッフル。

ベリーのワッフル。

リンゴのワッフル。

チョコとバナナのワッフル。

どれも 美味しそうでしょ!
 2010_02_24


19-2-1

どうにも 我慢がならず ユナを呼び出し 報復してやると 宣戦布告をした。
ユナって 本当に 性悪女だ。
他力本願で 自分に 有利に働くように し向けていくなんて…嫌な 女だ。
ギジュの 「話しは 終わりだ 行け!」と 言い切るところ…
格好いい~

「これで終わらせたりしない。手に入らなくても 誰にも渡さない。全て 暴露してあげる。」
自分のものにならなくてもイイ。相手が困り果てるのを 見たいというユナ。
なんて 根性が悪いのだ!

19-2-2

スヒョクが テヨンが この事を知っていると 伝えに来た。
テヨンは ユナから 聞かされたことを 知った。
またもや ユナが絡んでいることを知ったギジュは 驚いた様子だ。

19-2-3

「大丈夫だ!」と 秘密を隠していたテヨンに 言うギジュ。
「恐れたのは 秘密が世間に知れること。ユナが ギジュと離れないのなら世間に暴露するというから 離れるしかなかった!」とテヨンは 声を荒げて言うのだった。
「世間に知れたら何なんだ。何が問題だ。俺が構わないって言うんだ。問題はない。」
「わかってないのね。世間は人の不幸に寛大じゃないんです。知れたら 貴方は陰であれこれ噂されて これから何をするにも色眼鏡で見られることになるのよ。」
「その程度のことか。別れよとしたのは その程度のことか?俺が気にしなければいいだろう。俺が全てを捨てればいい。お前もそれでいいな!」
「全てを捨てるなんて!全てをすててどうするの。どうやって生きていくの?どうやって生活する?仕事はどうするの?社長以外何が出来るの?社員はどうなるの?社員が捨てられたらどうなると思うの?
貴方が生まれた瞬間から 既に持っていた物 生まれてから得た物 貴方が成し遂げた物 捨てられる物は何一つないはず。だから 私だけを捨てて!」

「やめろ テヨン。それだけは言うな。」
「貴方と私は ここまで。これ以上の縁はないの。これ以上はお互い辛くなるだけ。貴方の会社 家族 手にしている全ての物を失わせてまで 幸せになる自信がない。」そう言い残して テヨンは 帰って行った。
ギジュは 茫然自失のように 立ちつくしていた。
ギジュは このくらいのことは 世間が何と言おうと 耐えられると思った。今までも 少々の向かい風に立ち向かってきたのだろう。でも 今回ばかりは 自分の力で避けることが出来ないこと。風評は 意外にキツイもの。
だから テヨンは 自分が身を引くことで ギジュに苦しい思いをさせることがないのなら 身を引こうと考えた。ギジュがいう全てを捨てて…と言うけれど ベースがあれば耐えられることだけれど 何もかもなくなったとしたら きっと耐えられない。それはさせられない。自分が犠牲になることで回避出来るのならと 思ったのですね。
いい女だ。

19-2-4

ギジュは テヨンとの 婚約式の写真を見るともなく見ていた。
そして ふっと 思い出したように 引き出しを開けた。

19-2-5

そこには テヨンが 書いたメッセージがたくさんと テヨンが返した婚約指輪があった。

ギジュの時計は もうすぐ 10時…
その手には 婚約指輪。

19-2-8

テヨンの婚約指輪と ギジュの指

Shinyang ssiの指 爪… とぉ~っても キレイ!
本当だったら 指輪の方に 目がいくのでしょうけれど
私は Shinyang ssiの 指ですね。

19-回想
回想…思い出が多すぎて…

ギジュとテヨンが これまでを 思い出していた。
婚約式を終えて出かけた旅行で自転車に乗ったこと
プールに飛び込んだこと
パリでのテヨンの寝顔
「愛していいの?」を歌ってくれたギジュ。
パリでの出会い
パリでのダンス

忘れられないことばかり…

19-2-15

別れたくない…離れたくない…辛い…
色々思い返して…
そして ギジュは 涙ぐむのだった。
 2010_02_20

01  « 2010_02 »  03

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

くろックCute DC01

Shinyang ssi's Birthdayまで

貴方が重ねる日々…健やかでありますように★彡

☆お祈りします…❤

생일까지 며칠

カレンダー

01 | 2010/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 - - - - - -

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


B
A
C
K

T
O

T
O
P