「2009年」
 演ずることから 距離を置いた 一年でしたね。
 演ずることに 飢えているのでは ないでしょうか。
 少し 心配しています。

「2010年」
 このまま 演ずることを 止めてしまうのではないかと…
 育てる側に シフトしてしまうのではないかと…
 それも 大事なことではあるけれど…
 ゆくゆくは そうなるかも知れないけれど…
 今は その場所へ行かないで 欲しい…

 2010_01_31


16-1-1

ギジュとスヒョク
テヨンとスヒョク
それぞれに わだかまりが 残っている…
ぎこちない 空気が 漂う。
心から 笑いあえる日が 早く来ると いいのに…

16-1-2

ギヘの 身も凍るような 冷たい 言葉に ギジュは 驚いている。
姉の このような 言葉を 聞いたことがなく いたたまれなく テヨンを 部屋に誘うが 
テヨンは 食事の準備を 手伝うと 言う。
なんと 健気なんだろう。
普通だったら めげてしまい 逃げ出したくなってしまうだろうに…

16-1-3

針のむしろのような 食事。
テヨンにとっては 文字通り そんな風だった。
テヨンのすること 話すこと すべて 気に入らない… そう言われているのと同じだった。
胸が苦しくて 息が 出来ないほど ギジュと テヨンが かわいそうだった。

16-1-4

ギジュは この一件は 父が 仕組んだ事だと 理解した。
テヨンは 叔父の事を 詫び 次回があるなら 喜んで 来訪すると言い 帰って行った。
なぜ ここまで テヨンは 酷い仕打ちを受けなくては ならないのか 理解しがたいギジュであろう。
テヨンの目に 溜まった涙を 見て ギジュは 決意したのでしょうね。
「明日 家を出る!」そう 言いきったギジュでした。

 2010_01_30


15-4-1

スヒョクは ギジュの婚約式の時に 聞きたくなかったことを聞いて以来 すっかり 人が変わってしまった。
その事実を ギジュは まだ 知らない。
テヨンの事で すねていると 思っているギジュ。
あまりの 態度と 物言いに スヒョクを 殴ってしまった。
私は スヒョクの態度は 理解出来ない。
そんなに スヒョクは 妬ましく 許し難いことなのだろうか…

Shinyang ssiは 穏やかに 過ごしたいと どこかで 言っていた。
実生活で 人を 殴ったことは あるのだろうか…
彼の国で 映画やドラマで よく 殴るシーンが あるけれど 実際に 頻繁に あることなのでしょうか。

15-4-2

スヒョクは 捨てぜりふの様な 言葉を 残して その場を 去っていった。
可愛い甥だったスヒョク…
何故に ここまで ひねくれたのだろうか…
ギジュは この後 テヨンの事もあるし どうしたらいいのか…と 
後ろ姿を 見送るしかなかったのでしょうね。

15-4-3

自分の 右手を じっと見る ギジュ。
ギジュは 殴ってしまったことを 後悔していたでしょうか。
右手が とても 痛かったでしょうね。
それと 同時に きっと 一度も 喧嘩など したことがなかったでしょうに 
思わず 殴ってしまったことで 心も 痛んだのでしょう… きっと。

15-4-4

テヨンには 今日の スヒョクとの事は 話していない。
でも いつもと 違う ギジュを 感じ いたわりの 言葉を かけてくれた。
これまでは なにか あった時 自分一人で 解決してきたギジュ。
テヨンが かけてくれた 優しい言葉に 心を 休める場所が 出来たことを 実感したことでしょう。

15-4-5

テヨンは 細くて 頼りなさげだけれど 彼女の 温かさを 感じたことでしょう。
こうやって 彼女に 体をあずけ 温もりを 感じることに 
安らぎを 感じたのは ギジュに とって 初めてのことだったかも知れませんね。
心の傷には こんな治療薬もあることを テヨンに 教えてもらったギジュは 幸せだったでしょうね。

15-4-6

Shinyang ssiは ゴルフを されるのでしょうか…
どこかで 読みましたが 
ウェアーに ついている ファンデーション(両肩)の 付き方を 見ると 
上手だと言うことが わかる… と 書いてありましたね。

 2010_01_29


15-3-1

旅行から帰って 会社に テヨンと 会長に 挨拶に 来た。
テヨンは 会長の事を「お義父様」と 呼んだ。
ギジュは 驚いたようだ。
テヨンが 精一杯 考えたことだという。
それに対しての 会長の 言葉は 冷たいものだった。
少しの 時間も テヨンには 与えてくれなかった。
テヨンは 健気に 気丈に 頑張っていたね。
それを 隣で見ていた ギジュは どう思ったかしら?
抱きしめたくなったかも知れませんね。

15-3-2

スヒョクが ギジュの 椅子に 座っていた。
スヒョクは 嫌味のようなことを 言った。
ギジュは 何故 こんな風に こんな関係に なってしまったのか…と 嘆いているのではないでしょうか。
それにしても スヒョクの取る態度が 理解出来ません。
同じ立場… 兄弟として あまりにも 家庭で 会社で 立場が 違いすぎるのを 恨んでいるからの このような 言動ですよね。
大人げない…。
そんなことして 何か 得ることが あるのでしょうか?
仮に 手に入れたとして 奪ったとして 心が 穏やかになれるの?

会長が 結婚させたくない理由… 会社の 発展を 考えれば もっとイイ縁を 望みたいと 思うこと… だから 理解出来ます。(それだけではないことも わかりますが…)
ギヘの 気持ちは 理解出来ない! 
急に スヒョクが 可哀相に なったようですが ギヘが テヨンを 拒絶したら ギジュが 可哀相では ないのでしょうか。
ギヘが テヨンを 認めないのは スヒョクを 思ってのことでしたよね。
ギジュと テヨンは 互いに 愛している。
スヒョクは テヨンに 片思いである。
仮に ギジュが テヨンが 諦めたとしても スヒョクは 幸せになれるのだろうか…
母親だったら そこを 諭すのが いの一番にする事のように 思いますが…

などと ちょっと 母親的 目線から 書いてしまいました。
悪しからず…

 2010_01_28


仕事の 仲間と 宴会!

場所は 「新和食 町家」

一品ずつ 運ばれてきます。

少し 間が開くけれど そのせいもあって お腹は いっぱいになります。

目でも楽しめて 素材でも 楽しめる お店でした。


牛肉のステーキ たちのポン酢 アサリと春ネギの酢みそ和え かすべの煮こごり

刺身…みずたこ はまち 他1点

大根の煮物 牡蠣添え 柚子味噌仕立て

ハマチの焼き物 柚子釜

天ぷら…イカの磯辺巻き 千草あげ 海老のサツマイモ衣

雲丹と三葉の土鍋めし

豆腐とバナナのムース


 2010_01_27


15-2-1

湖畔で 仕事をする ギジュ。
ここで 仕事を しなくても いいんじゃぁないのぉ~
テヨンが かわいそう…
でも… 仕事が 出来る 男って言うのも 惚れ惚れするけれどね。

15-2-3

ギジュは テヨンに サプライズを 用意していた。
目を 隠して その場所まで 連れて行く…。
驚かせるのが 好きな所は ギジュも Shinyang ssiも 同じだね。
おやっ テヨンの 腕…肘近くに 傷判が 張ってある!
どうしたのかな? バーベキューで やけどしたかな?

15-2-4

ギジュが 作った サプライズ…
ハートの 形の キャンドルライト…
ロマンチックだね…

15-2-5

ギジュと テヨンも キスしたかな?
ここで キスシーン あっても よかったかもね。

15-2-6

テヨンは ギジュを 質問攻めにした。
「最も感銘を受けた本は?」
  『罪と罰』『赤と黒』『資本論』『マーケティング不変の法則』『世界の経済人年鑑』
「暇な時にすることは?」
  『暇な時はない』
「明日、地球が滅びるとしたら?」
  『滅びない!』『リンゴの木を植えるかな?』
「もし、3つ、無人島に持って行くとしたら?」
  『パソコン』『車』『上半期財務諸表』
「宝くじに当たったら?」
  『買わない。』『君に気前よく全部あげるよ。』
「1日が25時間になったら 増えた1時間で何をする?」
  『決裁を片づける』
「気に入らない部下がいたらどうする?」
  『射撃場で一緒に射撃する。』
こんなにも 真面目に 答える ギジュ。
そのギジュが テヨンに質問する。
「ジープとセダンがあったら どちらを選ぶ?」…
本当に ギジュは仕事人間なんですね。

15-2-7

テヨンが 聞いた…
「これまで 生きてきて いちばん幸せだった時は?」
ギジュは きっぱり 答えた。
  『今!』
  『きみに 会ってからから 今までが 一番幸せだ。』
テヨンは 幸せを かみしめただろうな。
私も 聞いてみようかな…
なんと 答えてくれるだろうか…





 2010_01_27


15-1-1

ギジュと テヨンが 見送られて 旅行に出かけるシーン。
ここは Grand Hyatt Seoulの Ball room入り口ですね。
懐かしい…

ギヘは 冷たい言葉で 二人を 送り出した。
そりゃあ スヒョクも 可哀相だけれど こんな仕打ちは ギジュだって 可哀相じゃん。
母親だったら もっと 考えて いい方法を 取るべきではないのかしら?
そんな 行き当たりばったりの 仕方じゃぁ 傷つく人が 多すぎるよ。

15-1-2

ギヘの 言葉に 凍り付く 二人。
とりあえず 一つめのハードルを 超えたものの 次の ハードルが すぐにあり その上 高い!
ギジュは どうして ギヘが そんなに 冷たい言葉を 投げ付けるのか 
理解出来ないけれど 二人は 歩み出したのよね。
とにかく… 頑張れ~

15-1

テヨンの父の 墓前で  「この手を 放さない!幸せにする!」と 誓うギジュ。

この頃 男性と 手を繋ぐ… ということが なくなって 
どんな 感触だったか… 忘れてしまいましたね。
男の人の手って 大きくて 暖かくて ぐいっと 引っ張られる感じ… だったかな?
そうでしたよね。
手は繋いでいないけど 「111」の時 握手した Shinyang ssiの手の感触…
忘れられません。
うっとり~

15-1-5

テヨンは ギジュが 「お義父さん」と 呼んで 挨拶をしてくれるものだから 
うれしい 涙が 流れてしまったのです。
それを ギジュが 手で 拭ってくれる… 
幸せの 極みですね。
大きな 柔らかい 暖かい… この手に 引かれていけば 幸せに なれると 実感していたでしょうね。
 
涙を 拭ってくれる人…
側に いますか?
私? 拭ってはくれないけれど… ぎりぎり ティッシュを くれる人は います。

15-2

ギジュと テヨンの 幸せな 旅行。
二人の 洋服が とても お似合い。
湖と ピンクのシャツと 白いパンツ…
すごく イイ。


 2010_01_26


14-4-1

ギジュと テヨンは 会長と 姉に 挨拶をするために 手を取り合って やってきた。
テヨンは 力強いギジュの手に引かれて 幸せを かみしめていたかしら。
いいなぁ~ 
広い背中が より広く 頼りがいが あるように 見えたでしょうね。

14-4-2

ギジュは この場で 姉が テヨンに 結婚を許していなかったことを 知った。
自分の 一番の 理解者だと 思っていた 姉からの 言葉を 聞いて 驚いたでしょうね。
それと 父が 婚約を 認めたこと… 意外だった。
きっと 何か ある… と 素直に 手放しでは 喜べない ギジュ。

14-4-3

婚約式会場… Grand Hyatt Seoulですね。
後にみえる GrandⅠで 「111」が 開催されました。

14-4-4

「111」の時 
このホールで 
受付をし 
席を決める抽選をし 
皆で各々写真を写し…
楽しかったなぁ~ 
まるで 遠い 昔のようです。

14-4-5

ギジュと テヨンの 婚約の お品
時計と リング…
韓国に 婚約式というセレモニーが あることを このドラマで 知りました。
こんな風に 記念の おしなを 用意するのですね。

14-4-6

ギジュに 婚約指輪を してもらう テヨン。
とても キレイな リングですね。
ちょっぴり 大きいかしら?

14-4-7

シャンパンで 乾杯!

14-4-8

お互いの 腕を 交差させて シャンパンを 飲む…
いいなぁ~

14-4-9

ケーキ入刀!

まるで 結婚式のようですね。

 2010_01_25


目前に 広がる 黒い みなもは 
夜明け前の 東の空

カヤックの 舳先は 
さながら オレンジの 朝陽のようですね。

この オレンジの 舳先の 主は あなたですね。

今…
ひとり 波間に 漂う時
何を 考えていますか?
はたまた 何も 考えずに 
無心で パドルを 操っているのでしょうか…

お元気でしょうか。
ふと 空を 見上げた時 
あなたが 見たかも知れない 雲や
あなたが 感じたかも知れない 風に 
あなたの 息遣いが 感じられるような 気がしています。

あぁ… 早く あなたに 逢いたい…
 2010_01_25


14-3-1

スヒョクが また 毒を 吐いた…。
どこまで ひねくれてしまったのだろうか…。
仕事にまで 私情のもつれを 持ち込んでいるスヒョク。
いままでの ギジュだったら 殴っていたかも知れませんね。
これが 甥だし 原因が 自分に係わることだから 対処の方法が 難しいのか…
ギジュは 困った様子。

14-3-2

パリでは 着せ替え人形の様に たぁくさん着せられて うんざりのテヨンでしたが 
今日は 自分の 好きなものを 着て 満足のテヨン。
ピンクのドレスで 可愛いですね。

あれっ… テヨンの頭上に マイクが 写っていますね。

14-3-11

ギジュは テヨンのドレス姿に 見惚れてしまって 
自然と 口が 開いてしまったのですね。
もう 社長の肩書きは 関係なく 一人の 恋する 男性に なってしまいました。

パリ恋14話

ギジュの 着せ替え版です。
グレーの衣装は… もしかしたら左右の袖丈が 違うかも… 
撮影用に 袖丈をつめたのでしょうか…?

14-3-9

Simple is Best!

14-3-10

テヨンは 会長と 姉に 挨拶をしなければ… と言う。
飾らずに 普段の 自分を 見せると…
そんな 彼女の 心意気が うれしく思う ギジュ。
いままでに どれだけ 辛く キツイ 言葉を 浴びせられたかわからないのに 
きちんと 挨拶をするという。
今回だって どんなことになるか わからない。
テヨンの 律儀さが ありがたいと 思ったかしら…。
もしかしたら 彼女が 倒れるかも知れない…
その時は 支えてあげたいと 心に誓ったかも… 

 2010_01_24

12  « 2010_01 »  02

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

くろックCute DC01

Shinyang ssi's Birthdayまで

貴方が重ねる日々…健やかでありますように★彡

☆お祈りします…❤

생일까지 며칠

カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)


B
A
C
K

T
O

T
O
P