2018_05
03
(Thu)15:56
世界でもっとも美しい別れ
夫の母を介護しながら 娘と息子と 5人で暮らす主婦の どこにでもある話。
でも… その一家に降りかかる出来事が悲しい。
 夫は 医療事故で開院していた病院を畳む。
 勤務医になったけれど 人気はなく 新院長は若く 人間関係はうまくいっていない。
 医療事故のせいで ふさぎ気味の毎日
 娘は 妻子のある男性と不倫中。
 その男性は離婚すると言うが 期待しつつも無理だろうと考えている。
 両親の干渉が嫌で、一人住まいしようと アパートを借りようとしている。
 息子は 二浪して 医大を受験し 発表待ち。
 二浪しているので負い目があり 毎夜 友達と飲み歩いている。
 義母は 息子の医療事故の後 痴呆となり 施設に入所している。
 しかし その施設で 余されていて 自宅に引き取ることになった。
 食べ物を 排泄物だといって義母は投げつける。
 ほかの家族の協力はなく 一人で 義母の世話をする。
 同居はしていないが 妻の弟はギャンブル三昧の毎日で
 お金がないかと 家探しし、その妻に暴力をふるっている。
 たまに 家族に内緒で お金を届けたりしている。

そんな毎日のある日 妻は体の変調を感じる。
医師である夫に聞いてみても 近所の医院で見てもらいなさいと 親身になってもらえない。
意を決して 夫が勤務する病院で診察してもらったところ 本人には伏せられたが
卵巣がんと診断された。
同僚から聞かされた夫は 友人のいる別な病院で診察したけれど同じであった。
友人は手術は無理だろうと言うのだが 諦めきれない夫は 頼み込んで手術してもらう。
でも 開腹しただけて 閉じられた。
もう 手の施しようがないところまで達していたのだった。
妻には 手術は成功したと 嘘を言う。
娘も息子も 母の病気の真相を聞く。
そうこうしている間に 妻の病状は進行し 鎮痛剤も聞かなくなっていく。
妻も 自身の病気を知ることとなり 身辺整理をし始める。
義母はいつものように妻に 無理難題をぶつける。
それを見た 夫は激高し 母を部屋に閉じ込めドアを釘で打ち付ける。
悲しい…。
真夜中 義母が眠る部屋で妻は 自分が無くなった後残される義母をの世話を思い
いっそ 道連れに…と 布団を顔にかけ 首を絞める。
すんでのところで 家族により 回避できたが…

もう残された日が少なくなったある日 家族で海に出かける。
束の間ではあるが 楽しく過ごす。
夫に「あなた、大好きよ。私が愛してるの知ってるでしょ?」
家族一人一人に 別れの言葉を残す。

私は 言えるだろうか?
そんなに 穏やかに 最期を迎えることが出来るだろうか?

この冬 新築の家に引っ越すことになっていた。
そこで 夫婦は 短い水入らずの日を過ごす。
食事を作ってくれる…
食べさせてくれる…
お茶を飲む…
お風呂に入れてくれ シャンプーしてくれる…
足の爪を切ってくれる…
2人ならんで お茶を飲む…
本を読んでくれる…
雪の降る中 散歩する…
甲斐甲斐しい夫…幸せそうな妻。
「私がいなくなって 寂しい?それは いつ?」と聞く妻。
「いつもさ。」思いつくすべての時をあげて言う夫。
それ程 寂しい…と涙ながらに夫は声を詰まらせて言う。
「早く来てね。私が寂しくないように…」と妻。
そして 2人 抱き合いキスをする。
「ありがとう」と夫。
ある朝 目覚めた夫は 妻の寝顔を眺める…
幸せそうな寝顔の妻…声を掛けるが 返事がない…
彼女は旅立ってしまった。

こんな風に 最期を迎えたい。
夫は どんな風にしてくれるだろうか…
仮に 立場が変わっていたら 穏やかに過ごしてもらうように努力しようと思う。
『もっとも美しい別れ…』をするために…



2011_06
06
(Mon)01:02
2011 06 カレンダー

何と書き出せば いいのでしょうか…

「お久しぶりです」
「ただいま」
「戻ってきました」


どれも あまりにも 長いブランクの後に 発する言葉には 適当ではない様な気がしています。

「拙い お粗末な… これと言って 人様に 誇れる様な ブログではありませんが
 また Shinyang ssiへの 熱い 思いを つらつらと 書き綴ります。
 よろしければ お寄り下さいませ。 
 貴方様の 足跡が 私の 励みになります。」

…と ご挨拶させて頂きます。
静かに しぃ~ずかに 再開いたします。
一度 止めてしまったものを 動かすのは
体力が 要るものなのですねf^_^;



もうそろそろ 始められるかな…
と 思ったのは 少し 前になります。
でも 何と 書き出せばいいのか 戸惑い 今日までになってしまいました。

そんな時 Shinyang ssiが 出会わせて下さった 友だちが 背中を 押して下さいました。
ありがとう
きっかけを 下さって 感謝しています。

9ヶ月ぶりに 今 こうして 書き始めていますが…
なんだか 緊張しています。

昨年の 9月に 筆を置いてから(言い方が古いねぇ~)
これまでの間に Shinyang ssiの回りには 色々ありましたね。

ドラマ「サイン」の 撮影と放送
参加したかった数々のイベント
極めつけは…
FCが 閉鎖になると言う 突然のメール

ゆっくり PCに向かうことが 出来なかったので 携帯で 皆さんの 熱い思いを 読んでいました。

少し 離れていて FCの 友だちは 本当に 素敵な人たちばかり…と 改めて思いました。

Shinyang ssiに 出逢えたからこそ 知りあえた 皆様!
そして Shinyang ssi…
 ありがとうございます。

ここを 留守にすることになった経緯は
義母が くも膜下出血により 
旭川日赤病院 (あの 有名な 上山先生がいる病院) にて緊急手術 そして 入院
一時は どうなることかと 心配しましたが
2回の 転院を経て 今は 落ち着いた日々を送っています。
でも 脳血管性痴呆により 私の 生活も 随分 変わってしまいました。

今暫くは キラキラしたShinyang ssiを 追いかけていた あの日には 戻れないようです。

だから ここで 熱く Shinyang ssiを 語って 行こう!と 
また 書くことに しました。

今日は Shinyang ssiの デビュー記念日ですね。
15周年 おめでとうございます。

ソウルで 韓国のファンによる イベントが 行われたそうですね。
行かれた方も いらっしゃるのでしょうね。
どこかで 記事を 見つけて 
私も 余韻に 浸ろうかしら~

今夜は うまく 書けません。申し訳ありません^^;
まぁ… そのうちに なんとか します。
この先も お付き合い どうぞ よろしくお願い致します。

今夜は この辺で~ 
2010_09
10
(Fri)08:02
おはようございます。

読んで下さっている皆様
いつも ありがとうございます。
皆さんが 読んで下さっていると言うことが
わたしの 励みでした。
だから 続けてこられた様な気がします。

実は…
義母が 闘病中です。
それに伴い 私の環境が 大きく変わり
ここに来ることが 出来なくなりました。
今は 余談が許さない状態です。
この先も どうなるか わからないのです。
長くなりそうです。

Shinyang ssiに…
皆さんに…
会えることを 楽しみに 過ごしてきた日々
残念ですが 叶えられなくなりました。

暫く ここを 留守にします。
私に 励みを下さった皆さん…
本当にありがとうございました。
寂しくなったら FCへ行って 
Shinyang ssiのこと…
皆さんのこと…
に触れたいと思います。
そこから 元気をもらいますね。

あぁ~ Shinyang ssiに 逢いたい
秋には 逢えると思っていたのに…
残念です。

北海道から Shinyang ssiの活躍を祈っています。


いつか また きっと お会い出来る日が来ると願っています。
皆様 お健やかにお過ごし下さいます様 お祈り致します。

dayan

さみしいです
2010_09
07
(Tue)04:36
青いShinyang ssi
もう 明け方と言っていい時間です。
こんな 夜更け(明け方っていったばかりなのに?)に 
なぜが 起きている私。

このひと月くらいの間に
私にとって 色々と 考えさせられる事があった。

私のとっても大切な 友だちが 天に召された…
それも 私の 誕生日の日に…

心が広く 温かく 
とても 理知的で 
偉ぶったところは 全然無く
涼しい顔で ウイットに富んだ会話をする。

そんな オンニだった。

昨年の今頃 仕事中に倒れた
その時に 亡くなる原因となる病名を告げられたという
1年を待たずに 亡くなってしまった。

どうして いい人は 早く逝ってしまうのだろうか?
早く言ってしまった人は この世での得を積むことが終わったから…と 言った人がいた。
そうなのか…
この世にまだ生があると言うことは まだまだ 修行がたりないということなのか…
そういわれると 私などは まだまだだな~と 思う。

彼女が残したあれこれを 思う時 
生きること
愛すること
二大テーマについて 深く考える。

私の 体の中にも 変化が 起こっていた。
 
健診を受けたところ
あちこちに がたがきているようだ
精密検査…生体組織検査…
どうしよう…
悪い結果がでたら もう Shinyang ssiにも 逢いに行けなくなるかも…

表向きだけは 元気を装っていました。
…元気だけが 取り柄の私でしたが
弱いものです…
家では 青菜に塩のようでした。

体の中に起こったことは 事実として受け止めようと 腹をくくっていました。
結果は ありがたいことに そう 悪いものではないようです。
まだまだ 修行を積まねばならぬようです。
元気を 取り戻しました。
Shinyang ssiにも 逢いに行けそうです。
よかったぁ~

体の健康が 心の健康も 支えているんですね。

Shinyang ssi…
あなたから 教えていただいた 「愛」
これからも あなたと ともに 育んでいける喜びで
胸が いっぱいになる
白々と 明けてきた空に 輝く 青い星に 願う
Shinyang ssiの 幸せと お仕事の成功を…



今年の夏は こんな出来事と共に 過ぎていくのでした。 
2010_07
01
(Thu)22:01
クリーム色のバラ
とにかく 驚きました。

まだまだ若い32歳。
これから 色々な作品や 歌を紹介して欲しかった。
心より ご冥福を お祈り致します。

とても 誠実そうで 優しそうで…
だから 気持ちが 行き詰まってしまったのでしょうか…。

お父様のこと
事務所のこと
お友だちのこと
経済的なこと

色々なことが 一気に 押し寄せてしまったのでしょうか。
抱え込まず 話せていたら 良かったのに…

Shinyang ssiも 大丈夫かしら?と心配になってしまいました。

暫く 演じることから 遠ざかっているので
次の作品は とても 慎重になってしまうことでしょう。
色々な 冠を かぶるShinyang ssi…
いつも 困難な所に 身を置いて 頑張られるShinyang ssi。
それを 成功させ 輝いていらっしゃるけれど
きっと ストレスを  感じることもあるのではないでしょうか。

ともすれば 私たちは Shinyang ssiが 
あまりにも 素晴らしいものを 見せて下さるので
それに 知らず知らずに 慣れてしまって 
Shinyang ssiに 負担を お掛けしているのではないかしら?
と 思うのです。

どうか 無理をなさらないで下さい。
お体…特に 心の健康を 願っています。

スクリーンや テレビで 
懸命に演じている Shinyang ssiを 観ることで 
私は 幸せを 感じられます。

どうぞ 充実した生活を 送られます様に祈っています。
2010_06
13
(Sun)12:42
北海道もやっと 夏らしくなりました。
今日は 30℃を 超えると 予報があり
カーテンを そよぐ風が 気持ちよく
夏を 満喫しております。

さて…
昨日 「どたばた日記」に 出演いたしました。
全州の最終日 ソウルのホテルを後にする時に
ロビーにて 交渉され 旅の 興奮もあって 
深く考えずに OKしてしまいました。
私の しゃべりで 大丈夫なのか…と心配しましたが 
チングの 依頼ですし お断りする程の理由も見つからないので
やってみることに しました。

Shinyang ssiチングと パーソナリティーの方に 助けられて
どうにか 30分を 大過なく 過ごすことが出来たのではないかと思います…。
(実のところは 怖くて 確かめられません^^;)
心を込めて
『ありがとうございました!』と 申し上げたいです。

少々 舞い上がっていましたので 良かったか 悪かったのか…
判断が 付きかねますが 
もう 済んでしまったことです… と 諦めざるを得ません。・°°・(>_<)・°°・。

Shinyang ssiチング…感謝致します。
Shinyang ssiを 知らなければ 経験出来なかったことです。
そして 貴女と フレンドにならなければ 願っても出来ないことでした。
良い経験を 致しました。
ありがとう… 本当に ありがとうm(__)m

2010_05
14
(Fri)23:30
DSCN1366.jpg
北の 遅い春の空を 見上げながら 考える…

ファンミーティングから 1週間が過ぎて
今… もしかしたら… と思うことがあるの。

ファンミーティングの当日
少し 短めだったことが 残念に思っていました。
もう少し 夢のような ひとときを 過ごしたかったと
後ろ髪を引かれるようにして 会場を後にしました。

しかし 今になって
もしかしたら… Shinyang ssi… 体調が良くなくて 
精一杯だったのかもしれないと 思いなおしています。

お迎えの時の 
UPされた写真を見て感じた思いや
咳をされていらした事から
体調は 良くなかったようでしたね。

それなのに 私の一方的な思いから
おねだりをするようなことを 言ってしまって
Shinyang ssiに 申し訳ないような 気持ちになっています。

ごめんなさい…

ファンである私は 貴方のことが一番大切なのに 
貴方を いたわることが出来なかったことが 恥ずかしいです。

もうすぐ 全州ツアー。
また お逢いすることが出来ますね。
どうしようもなく ときめいています。
お体 回復されたでしょうか…?
Shinyang ssiが 健やかであられることが 
私自身にとっても 嬉しく 日々を穏やかに過ごすことが出来ます。
どうか 充実された日々を お過ごしください。
祈っています。 

2009_12
25
(Fri)23:04

 Digi bookをご覧になる時には…
 このブログのサイドバーの
 shinyang ssiの写真の左下に隠れているボリュームを止めて下さい。
 お願いします。


クリスマスツリー

このツリー 憶えていますか?
そうです!!! 
横浜港大桟橋にあった ツリーです。
懐かしいですね。
2007年12月25日…
あれから 2年も過ぎたのですね。

乗船

この写真は Shinyang ssiが 
乗船するところです。
黒い車で近くまでこられ 
途中でおり 歩いて 船から手を振る私たちに
手を振って下さったのです。

1
2
3

カメラを持って 初めての 連写で 
おまけに 被写体が Shinyang ssiということで
不慣れの上に 緊張で…
このブレ方 尋常ではないですね。
お恥ずかしいです。
あの時の 興奮が 甦ります。
2009_10
01
(Thu)10:35
9月お礼

9月が過ぎました。
9月中 1841回のアクセスを 頂戴致しました。
皆さん ご来訪頂き 本当に ありがとうございました。

この連載を始めてから 40日が過ぎました。
Shinyang ssiを 思い続けて 書き始めたブログ。
ここまで 続けられたのは 
来訪して下さる 皆さんが いたからでした。
中途で 挫折しそうな時も ありました。
稚拙な言葉 語彙不足 貧困な発想…
このまま 掲載続けていいものだろうか…
そんなことを 考えていました。

気が付くと、はや 10月。
フォトブックの 残りページもあと 7ページ。
言い出したからには やり遂げないと…
もう少し 頑張ります。

Shinyang ssiの お誕生日まで カウンターをみると
「31日」

ドキドキも 募ってきました。

もう少し お付き合い下さいませ。
2009_08
31
(Mon)23:51
ありがとうございました。


이러한 형태로 Blog을 쓰게 되어서 10일이 지났습니다.
시작하는것에는 용기가 필요했습니다.
이러한 개인적인 것을 써도 좋을까 ….
아마 찬반양론 있다고 생각합니다.
충분히 알고 있습니다.
외곬으로 shinyang ssi에 생각해서 생각해 낸 채에 죽 써 늘어놓았습니다.
불쾌한 점이 있으면 허락 주십시오.

이 10일간으로
합계210명의 여러분이 와 주셔
845회의 액세스를 주셨습니다.
정말로 고마웠습니다.

서투른 문장입니다만
shinyang ssi를 뜨겁게 계속해서 생각해
가슴에 샘솟는 넘치는 생각을 써 가고 싶습니다.
앞으로도 사귀어 줄 수 있으면
이 위에도 없고 기쁜 것입니다.
잘 부탁하겠습니다.

このような 形で Blogを
書くようになって 10日が過ぎました。
始めるのには 勇気が要りました。
このような個人的なことを 書いても いいのだろうか…。
おそらく 賛否両論 あると思います。
充分に 承知しております。
一途に shinyang ssiに 思いを馳せて
思いつくままに 書き連ねました。
不快な点がありましたらお許しください。

この10日間で
のべ210人の皆様においで頂き
845回のアクセスを頂きました。
本当に ありがとうございました。

つたない 文章ですが
shinyang ssiを熱く思い続け
胸に湧く溢れる思いを綴っていきたいと思います。
今後も お付き合い頂けたら
この上もなく 嬉しいことです。
どうぞ よろしくお願い致します。