flower border

안녕하셨습니까? お元気でしたか?

.忘れたくない思い出、書き留めておきたい事…書いていきます!

太陽を抱く月 第4話 「愛の行方」

花びらが降る隠月(ウノル)閣で、世子イ・フォンとホ・ヨヌは向かい合い見つめあっています。それをまた別の二人が見つめています。陽明君と涙しているユン・ボギョンです。世子イ・フォンはなぜ自分を避けるのか?とホ・ヨヌに問います。 世子がユン・ボギョンと会っていた理由が分かり、ほっとしたホ・ヨヌなのでした。ここで世子イ・フォンは自分の妃になるものが嫉妬深いのはよくない!とポロっと言っちゃいます。禁婚令(ク...

太陽を抱く月 第3話 「運命のいたずら」

国巫は大妃に呼ばれて宮殿に着いたとき、時を同じくしてホ・ヨヌとユン・ボギョンの輿も着きました。国巫チャン・ノギョンはホ・ヨヌを見ました。その時、かつての友人が言い残した言葉を思い出していました。「太陽に近づいたらその身をその身を滅ぼしてしまうけれど、太陽を見守らなければならない運命を背負った子を守って!」との死に際の言葉でした。そして、ホ・ヨヌとユン・ボギョンとを見て、「二つの月!」と胸で囁くチャ...

太陽を抱く月 第2話 「二つの月」

庭に座り込んでいたヨヌは物音を聞いて振り返ると塀の上に手紙があるのに気がつきました。ヤンミョン君からのものでした。「夜も遅いのに何を悩んでいる?その石に悩みをいってごらん。それは解憂石と言って悩みを解決してくれる石だ。きっと抱えている問題に答えをくれる石だから、もう安心して休むといい。旅のお土産だ。」と書かれていました。旅から戻ったヤンミョン君は、友人ホ・ヨムとキム・ジェウンと再会を喜んでいました...

太陽を抱く月 第1話 「恋のさざなみ」

昔、太陽と月が二つずつあった。そのせいで大変住みづらい環境だった。平穏な世にするためにその時の英雄がそれぞれの一つを射落とした…と話す大妃。成祖と異母弟ウィソン君とが今の状態を意味している言い方のようです。大妃は外戚勢力の首領ユン・デヒョンに成祖王の異母弟ウィソン君の始末を命じました。 ユン・デヒョンは以前はウィソン君に取り入っていたのだけれど、大妃が後ろ楯になってくれたので寝返ったのです。大妃はユ...