topimage

2017-07

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンミーティング エピローグ - 2010.05.11 Tue

なんだか 会場に 忘れ物をしたような感じ。
後ろ髪を引かれるように 後にした 会場。
心を 整理しないと 思いが 彷徨ってしまいそう。

今回は ライオンズクラブ主催の ファンミーティング。
全体が アフリカの子供達への思いが前面にあふれていた。
そういうコンセプト
Shinyang ssiは 思慮深い人
だから主催者の方々を 大切に思われ 一歩ひかれたのかしら。
いつも歌われる「パワーレンジャー」も 場にそぐわないと 思われたのでしょうか。
このファンミを どんな風に 心に落ち着かせるか…
私は おおいに悩んだ。
今までの ファンミには Shinyang ssiは 新しいモノを 見せて下さった。
だから 今回も…と 期待は膨らんでいた。
毎回 スタートラインは 少しずつ 前へ前へと 移動してしまったのかも知れない。
私の中で 良くない慣例になっていたのかも…
ごめんなさい… と言います。
知らず知らずのうちに おねだりをするような心持ちになっていたようです。
今回のファンミは よりファンミらしい…と 言っておられた人もありました。
そうなのですか… 
Shinyang ssiは いかが 思われていらっしゃるでしょうか。

今回 来日されたShinyang ssiの写真を見た時
目を疑ってしまいました。
私が 思い描いていたShinyang ssiと 少し雰囲気を異にしていました。
じっくり 見入ってしまいました。
お疲れなのかも…
なんだか 元気が無いようにも 見えました。
いかがされたのでしょうか…
とても 忙しく アフリカと韓国を往復され そして ファンミの準備。
あまりにも 強行なスケジュールだったのでしょうか。
なによりも Shinyang ssiのお体が心配です。
その上 お父様の ご病気…
心労が 重なっていらっしゃるのでしょうね。
あと 2週間ののちの 全州のツアー。
きっと この準備にも 心を砕いて下さっているのでしょうね。
なんだか 申し訳なくなってしまいます。
私は Shinyang ssiに逢いたくて 彼の地を 訪れることを 楽しみにしていますが
その事が Shinyang ssiの 心の安寧を妨げるとしたら いたたまれない思いです。
Shinyang ssiが セッティングして下さるツアー。
よく見て よく聞いて 心に深く刻み 思い出深い旅行にしますね。
このようなプロジェクトを 催行して頂き 本当に ありがとうございます。

ファンミの翌日 Shinyang ssiは 森美術館を訪れたという。
私は その前日 その場所を 訪れていた。
同じ 風景を 見たという事実だけで うれしく思う。
ゆっくり 鑑賞出来たでしょうか。
見ることで 心穏やかになられたでしょうか。
心の滋養となることが 出来たなら いいのですが…
いかがだったでしょうか。

この先 お好きなことを お好きなだけ 出来る環境が 早く整いますように…
それが 私の Shinyang ssiへの 願いです。
どうか 叶いますように…

漫然とした私の心に 気づきの一投と
素敵なファンミーティングを
ありがとうございました。

応援グッズ 出番のなかった 応援グッズ

スポンサーサイト

ファンミーティング 第2部 - 2010.05.10 Mon

第二部が 始まる幕間に流れた映像の中に…
昨年韓国にて開催された「Shinyang ssiのBirthday Party111」で
皆で歌った「この空の下~あなたに逢いたくて」が 流れた。
覚えているモノですね…
あれからずいぶん過ぎたけれど たぁ~くさん 練習したので 口をついて出る歌詞。
また 皆さんと 歌いたいですね。

そして… 第二部の始まり…

ピアノ伴奏で始まった曲は 「사랑해도 될까요?」
とても 素敵
しっとりした雰囲気
すごく アダルトな感じ
いつも素敵だけれど 今夜は 特に イイ
惚れ惚れ… しびれました。
金縛りにあったかのように 身動きが出来ないほどでした。
今回の 伴奏者は Shinyang ssiの友人で わざわざの来日でした。
ありがとうございました。
とても よかったです。

次は… アンケートを話題にしながら Shinyang ssiと 時を過ごす。
1981903805_27791bd0_PARK_6.jpg

パク・シニャンさんを何で知りましたか?
  第1位…やっぱり「ドラマ」
  第2位…「知人の紹介」
   ここで Shinyang ssiが 「?」っていう顔。
   Shinyang ssiの知人ではなくて… 私たち個人の知人ですっ!(念のため)
   ちょっぴり 笑っちゃいました。

パク・シニャンさんにはまるきっかけとなった作品は?
  第1位…「パリの恋人」~そうですよね。
   ここで Shinyang ssiがエピソードを話されました。
   あの撮影の頃は 腰を痛めておられた事は 私たちは知っていましたが
   3ヶ月は 安静の状態だったそうです。
   だけれど 監督さんが 出てきなさい!と言うことで
   撮影していない待ちの状態の時は 松葉杖を使用していたんですってぇ…
   スタートの声と共に松葉杖を預け カットと共に それにすがる…
   その繰り返しで 撮られたドラマだったそうです。
   思い返してみれば 
    走る・階段を駆け上がる、下りる・泳ぐ・殴る・アイスホッケーをする・自転車に乗る…
    色々ありましたね。
   その一つ一つの動作は 大変だったのですね。
   今その事を知って なんて すごい俳優なのだろうと 今更ながら 驚嘆です。
   すっかり良くなるのに 5年の月日がかかったと 教えて下さいました。
   そういえば…「111」で Shinyang ssiのレントゲン写真を見せて下さいましたね。
   腰に 金属が 入っていましたね。
   あまり 無理を なさらないよう これからも お気を付け下さいね。

パク・シニャンさんのどこが好きですか?
  第1位…「誠実・考え方・真摯」(だったと思う)
   横にいたMCの女性が以前、歯科衛生士だったとかで 
   Shinyang ssiの歯並びと 色が とてもイイと 褒めちぎっていた。
   彼女が何かと Shinyang ssiを 褒めるので 照れて 「見ないで!」と紙で顔を隠していました。
   本当に 白い キレイな 歯ですよね。

パク・シニャンさんを動物に例えるなら?
   第1位…「ライオン」
    どうして?と Shinyang ssiは聞いていました。
    威風堂々の出で立ちでしょうね。
    ご自身は 「ピューマ」と おっしゃっていましたね
    そこで また MCの彼女が 
     「Shinyang ssiは 草食系男子か 肉食系男子か」と 質問しました。
    Shinyang ssiは その意味が分からず それは どういうことか?と 聞きました。
    意味を聞いて… 自分は肉食系男子だと おっしゃいました。
    そうでしょうね。
    何事も 自分で決め あえて辛いことでも突き進み 諦めず そして 成功を修める。
    男たるもの 主導的でないと…

パク・シニャンさんに今後演じてもらいたい役柄・作品は?
  第1位…「ラブコメディー・大人のラブストーリー」
   Shinyang ssiも お好きで 演じてみたいとおっしゃっていましたよ。
   「ノッティングヒルの恋人」お好きなようですよ。

楽しいひとときでした。
でも 第1位は だいたい想像が付くので 少数意見を 話題にして見ることも良かったかも知れませんね。
1981903805_4ae25e50_PARK_3.jpg

その後…
ロビーで書いた 質問を入れた箱から 二つの質問
「日本の歌で好きなモノは?」
  きっとおっしゃるだろうな…と思いました。
  「I LOVE YOU」
    後で歌って下さるとおっしゃいました。
    ずいぶん練習されたそうです。
    そのせいでしょうか?
   くちびるが腫れ まだ 治っておられないようでした。
    (実際は きっと 過労だと思いますが…)
「お風呂に入った時 最初にどこから洗いますか?
 また 何分くらいですか?」
  最初に洗うところは 頭… シャンプーをするようです。
  所要時間は 5分! 短い!
  シャワーだそうです。
  お風呂は ひとつきに 2回前後と おっしゃっていたと思います。
  MCが 今夜は ゆっくりお湯につかって…とおしゃったけれど さて どうだったでしょうか。
1981903805_f46c8b32_PARK_7.jpg

会場の挙手から
「5月8日は両親の日ですが 何かされますか?」
  Shinyang ssiは 少し 表情を変え 話し始められました。
  実は 御父様が ご病気だと…
  瞬間 会場が 息を飲んだ。
 今 闘病中で でも 必ず 起きあがってくれると信じている…とおっしゃられた。
 正直 お辛いことと 思います。
 そんな 心労も 体調を崩された要因かも知れませんね。

「ツイッターを 始められた経緯について」
 今 韓国で 流行っているとのことでした。
 スタッフの方と 共にされていると おっしゃっていましたね。
1981903805_fb9c9ec9_PARK_5.jpg

そんな なごやかな 時は流れ 
いよいよ Shinyang ssiが そうとう練習されたという
「I  LOVE YOU」を 歌って下さいます。
素晴らしい歌唱
なんと とても キレイな 日本語
どこにも 違和感がない 完璧な発音
聞き惚れ その歌声に酔い 語りかけるような言葉一つ一つに包まれ 
なんて 心地がいいのでしょう。
この瞬間が 過ぎることが 惜しくて 勿体なくて…
終わらないで~と 思うほどでした。
1981903805_fc77f21d_PARK_1.jpg

しかし その歌は終わり 
MCは このファンミも 終わりの時間と 言う…。
「えーっ! もう?」と 思ったのは 私だけではないはず。
その思いも込めて アンコールの手拍子

その思いに 答えてくれた Shinyang ssi。
「She」を歌って下さいました。
1981903805_90cba3d6_PARK_4.jpg

今回で3度目ですね。
何度聞いても 素敵です。
初めは 優しく 語りかけるように…
そして 少しずつ 感情が高まるように 歌い上げていく。
あぁ… もうダメ!
またもや 撃沈です

その興奮を 引きずるように 拍手の嵐…
でも もう 二度と 私たちの前には 姿を現して下さらなかった。

「ほんとうに 終わりなの? これで 終わりなの?」と 何度も思いました。
しかし もう 夢は見ることは出来ませんでした

Shinyang ssi…

ファンミーティング 第1部 - 2010.05.09 Sun

中野サンプラザ


時計が6時30分を指した。
暗転の中 ステージを歩く影
Shinyang ssiだ。
椅子に座り スポットがあたり 
Shinyang ssiの声が 響く。

第1部の始まり。

シエラレオネの映像が流れ Shinyang ssiのナレーションが始まる。
どんな映像があっただろうか…
 ほとんど 肉が付いていないやせ細った手足の子供。 
 手首を切り取られてしまった子供達
 茶色く濁った水を エンジンオイルが入っていた入れ物ですくう子供。
  子供達は なにをさておいても 水くみに行く…と 言っていた。
  説明はなかったけれど 飲用するのだろうか?
  飲まないかも知れないけれど 私たちの常識では 何にも使えないような茶色く濁った水。
  本当に 井戸があったら どれだけ いいだろうか… と 思った。
 「パク・シニャン教室」と書かれた看板を打ち付けるShinyang ssi。
 Shinyang ssi自ら組み立てた机に 赤いペンキを塗るShinyang ssi。
 両側にいた子供と 手を繋ぐShinyang ssi。
 …(たくさんあったのだけれど 思い出せません^^;)
1981903805_78ee5c07_PARK_2.jpg

韓国からの道のりはかなり遠かったようだ。
行きに2日間 
帰りに2日間
滞在は3日間
暑い上に 食べるものが合わず 大変だったようだ。
エピソードをいくつか教えてくれた。
 ・シエラレオネに入った時 車で移動するのに かなりの時間を要すると言われた。
  ヘリコプターもあるので それを利用しようとしたところ
  50%の確率で 落ちる!と言われたそうだ。
  なんと 恐ろしい…
 ・シエラレオネを 訪問するに当たって 各種の予防注射をしたそうだ。
  確か 10本近くだと言っていた。
  Shinyang ssiは 注射は痛いから 嫌いだ!と 言っていた。

今のシエラレオネに 必要なモノはと問われたShinyang ssi。
慎重に考え ゆっくり ひとつ ひとつ 区切って おっしゃった。
いの一番に 「水」
そして 「食料」 「教育」 「薬」
私たちの身の回りには 当たり前にあるものなのに…それが 不足しているという。
「井戸」を掘り 早く キレイな 水が飲むことが出来るようになるとイイのだけれど…
そうしたら 病気も減り 小さな子供達が 命を落とすことがないと思う。
私たちに 何が出来るのだろうか… と 考えさせられた。
私たちは 知っていたけれど 「関心」を持っていなかったかも知れない。
Shinyang ssiと触れあうことで 「マラウィ」「シエラレオネ」の 二カ国を知ることが出来た。
今回のことを 忘れないように 何か力になれることがあったら 積極的に働きかけていこうと 心新たに思った。

おやっと 思った瞬間があった。
今回のファンミに 主催者側が 何か 用意している企画があるのかと 思っていたけれど…といった内容のことをおっしゃった。
 (言い方は この通りではないけれど ニュアンスは同じだと思う。)
そのあと 言葉を濁して別な言い方をしていましたが…
今回のファンミは これまでのモノとは 少し…かなり 違うように思いました。
 
主催者がライオンズクラブであり 今までのShinyang ssiのファンミーティングとは一線を画していたようです。
礼節を重んじるShinyang ssiは お気をつかわれたのでしょう。
だから 雰囲気も 空気感も 違うものになったのでしょう。

その後 マラウィの子供達へファンからの文房具などが紹介された。

蝶タイがキツイので 着替えてきます…と言いながら 袖にはけていきました。

ファンミーティング プロローグ - 2010.05.09 Sun

'We Serve!!-Malawi Benefit 2010'(東京21世紀ライオンズクラブ主催)

10.5.6チケット

「中野サンプラザ」の前に立つ。
少し蒸していたけれど 風が心地良い。
階段を上り チケットを差し出す。
顔なじみの フラウのスタッフの皆さんが出迎えて下さる。
とうとう この場所に来たのだ。

懐かしい友の顔が見えた。
ひとしきり ご挨拶を済ませて ロビーを見渡す。

Shinyang ssiが訪れた 「シエラレオネ」での 写真のパネルが3枚。
撮影したかったけれど たくさんの人だかりと 光がきっと反射するだろうという懸念から 断念した。
どの写真のShinyang ssiも 素敵な笑顔を たたえていた。

その横に プレゼント受付カウンターがあった。
マラウィの子たちにと思い 持参したノートと鉛筆をプレゼントとして手渡した。
これが 相当の重量で キャリーケースを持ち上げるのも閉口した。
私個人は 何も出来ないけれど 小さな子供達が たくさん勉強をして 
立派な大人になり 自国をより住みやすい国になるよう努力して欲しいと 思ったのだ。

ひとつ 忘れ物をしてしまった。
Shinyang ssiへの メッセージカードを お渡しするのを忘れてしまった。
ここに 張っておきます。
ka-do

後ろを向いたら マラウィの子たちへ 募金を募っていた。
些少ではあるけれど 気持ちを箱へと入れさせて頂いた。
そして ポストカードをいただいた。
Shinyang ssiシエラレオネ1 「僕 パク・シニャン。名前は? なにして 遊ぼうか?」
ツンツンと 胸をつついて コミュニケーション中かしら?
はにかむ少年と 笑顔の素敵なShinyang ssi。
イイショットですね。
Shinyang ssiシエラレオネ2 少女を膝に乗せて…
Shinyang ssiの大きな手と 少女の小さな手。
ここに とても 温かいものを感じた。
少女は Shinyang ssiに 父親のような感情を抱いたのかも知れない。
この国に 安らぐ日が 早く訪れて欲しい。

さあ! 会場へと 歩を進めよう!

どんなファンミーティングになるのか 胸が高鳴る。
席に着き 開演の時間を待つ…

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

くろックCute DC01

Translation…번역

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

韓国ドラマ「彼らが生きる世界」 (16)
韓国ドラマ「緑の馬車」 (66)
韓国ドラマ「パリの恋人(Lovers in Paris)」 (71)
韓国ドラマ「愛しているなら」 (87)
韓国ドラマ「風の絵師」 (20)
韓国ドラマ「銭の戦争」 (90)
Shnyanag ssi 「写真集」 (58)
2009.11.1 Shinyanag ssi 誕生日 (8)
全州への旅 (25)
ファンミーティング (4)
あなたに思いを馳せて (5)
ささやき (9)
shinyang ssi (16)
shinyang ssiの 足跡 (6)
未分類 (9)
Twitter (0)
日々の小さな出来事 (0)
心に響いた言葉 (1)
サイン (0)
韓国ドラマ「イルジメ」 (20)
韓国のこと (0)
太陽を抱く月 (4)

リンク

プロフィール

dayan☆keiko

Author:dayan☆keiko

キラキラ星2

AnsDiet

小鳥たちが飛び回るブログパーツ(Twitter連携可)

小鳥たちが飛び回りつぶやきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。